ミャンマーの観光情報

ミャンマーで買う

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ヤンゴンの街並みやバガンの仏教遺跡で知られるミャンマーは、実は多彩な見どころにあふれています。”建設当時”に2番目に高かったと言われた「ゴッティ鉄橋」は隠れたファンも多い、今注目の絶景ポイント。ミャンマーの田園風景を過ぎ、熱帯雨林を抜けると見えてくる鉄橋は、電車の微妙な振動もあいまって、スリル満点です。知る人ぞ知るゴッ...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    昨年の末に、ベトナムの不動産開発企業のHAGL Groupがミャンマー最大となる、ショッピングモールの「ミャンマープラザ」をオープンしました。同敷地内には、デラックスホテルのメリアホテルや、オフィスビル、レジデンスなどがオープン予定です。オープンしたての頃は、まだまだ空き店舗や内装工事中の店舗が多く、6割ほどの店舗しか...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    実はここミャンマー、ハンドメイドのとっても可愛らしい雑貨の宝庫なんです。ミャンマーの女性たちが日常的に使うものから、伝統的工芸品をアレンジした小物までリーズナブルでキュートな小物たちをご紹介いたします。

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ミャンマーの通貨はチャット(Kyat)です。現在、使っているのは、50、100、200、500、1,000、5,000、10,000チャットの7種類のお札になります。この中でも、500、1,000、5,000チャット札がよく活躍をしており、両替所で両替をした場合は、1,000、5,000、10,000チャット札などで返...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ミャンマーの民族衣装はロンジーと呼ばれている日本でいうロングスカートのようなはき物があります。見た目はただの布ですが、筒状になっていて簡単、気軽に履ける優れもの。スーパーや市場など多くのお店で安く購入することができるので、観光の際に着用をして、ミャンマー人気分を味わってみるのも良いですね。そこで今回は誰でも簡単にロンジ...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ミャンマー最大規模を誇るスーパーマーケットのCity Mart グループ、そのCity Martが最近、次々と店舗を増やしているのが、market place(マーケットプレイス)という輸入食品などを多く取り扱う高級志向のスーパーです。ダマゼリストリートやミャンマープラザの店舗は、いつも大勢の人々で賑わっています。そし...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ミャンマーに来て驚く事のひとつに、多くの人々が顔に白いペイントをしています。実はこれ「タナカ」と呼ばれるお化粧なんです。この「タナカ」は柑橘系の木の一種で、専用の硯で擦って出てきた粉を水に溶いたものを顔や腕などに塗ります。タナカで顔に絵を書いている子供たちもいて、とっても微笑ましいです。  

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ビザなし渡航が可能になり、手軽な旅行先として注目されているミャンマー。なかでもヤンゴンは見どころが多いだけでなく、バゴーやバガン、マンダレーなど各地の観光地の拠点となる都市で日本からの発着便があるので、多くの日本人ツーリストの大半はヤンゴンを通過します。存分に観光した後は、ヤンゴンでお土産探しに出かけてみませんか。おす...

  • JTBミャンマー支店
    野島 啓介

    旅行の楽しみと言えば、観光に食事、そして買い物ですよね!ヤンゴンでは、ボージョーアウンサンマーケットがお土産屋さんとして有名ですが、実は素敵な雑貨屋さんが他にもあるんです!雑貨好きな方、必見です!ご紹介をした雑貨屋さんを巡るオプショナルツアーもあるので、個人ではちょっと難しいな...という方も安心です。


  • JTB

    ミャンマー最大の都市「ヤンゴン」。旧首都であり以前は「ラングーン」という名前でした。1989年にヤンゴンに改名されこの名前は【戦いの終わり】を意味してます。まだまだ発展途上ではありますが、どんどん新しいホテルやショッピングセンター、コンドミニアムなどが建ち続けており建設ラッシュに沸いています。アジアならではの屋台や市場...

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ