アンコール遺跡群をバルーンから見る方法

JTBカンボジア支店
中尾京子

世界の至宝・アンコール遺跡群はカンボジアのジャングルと平原の中に点在しています。その堂々たる姿を空から見てみませんか?間近で下から見上げるアンコールワットも素晴らしいものですが、上空から望むとその壮大さを改めて感じることができるでしょう。
遺跡群だけではありません。プノンペンの街も一望できる気球での体験をJTB現地スタッフがご案内しましょう。

ジャングルの大平原の中の遺跡群

気球が上がるのは、アンコールワット入口から約800m西に位置する場所から。ヤシの森の間にアンコールワットの威容を見下ろし、プノンバケンや西バライなどの寺院も見ることができます。
晴れた日には陽光に輝くトンレサップ湖、そして遥か遠くのアンコールの山々まで望むこともできます。
遺跡群とは反対側に目を移せば、シェムリアップの街も見渡せます。この地が大平原であり、豊かな大地の恵みをうけ王朝が繁栄を極めたことが、実感できるかもしれません。

この気球で上空100mからアンコール遺跡を眺めます。

上空100mから360℃のパノラマを

今回ご紹介する気球は、熱気球とは少し違い、ヘリウムガスを使ったガス気球と呼ばれるタイプです。気球は地上とケーブルでつながれ、上空約120mまで上がります。360℃のパノラマをぐるりと見渡すことができます。
熱気球とは異なり遊覧・周遊することはありませんが不意の気流の変化などに巻き込まれることも少なく、より安心の乗船を体験できるのが魅力です。
乗客が乗るバスケットは真ん中が空いたドーナツ状。最大20人乗ることができます。

気球についての注意点

<風や気流で上がらないこともあります>

気流が最も安定するのは早朝です。午後になると風が強くなりやむを得ず運休することもあります。また気球の発着場に到着してから風が強まり、運休せざるを得ないこともありますのでご注意ください。

<12歳未満のお子さんは保護者の方と一緒にどうぞ>

年齢制限は特にありませんが、12歳未満のお子さんは、保護者の方と乗船してください。

<人気の高いプランですので、できれば事前に予約をお勧めします>

日本のツーリストはもちろん世界中のアンコールファンにも人気の気球ですので、ハイシーズンにはできれば事前に予約されることをおすすめします。

料金:日の出・日の入りの時間…大人1人25US$、6~12歳は15US$、6歳未満は無料
   日中…大人1人15US$、6~12歳は7US$、6歳未満は無料
時間:5:00~19:00
フライト時間:約10分
公式サイト(英語):Discover Angkor Wat from a Bird's-Eye view

英語での予約が煩わしい方や現地までの移動に不安を感じる方は、現地発のパッケージツアーもおすすめです。
JTBではホテルへの送迎がついて日本語ガイドが案内するお得で便利なプランをご用意しています。また遊覧後に、アンコールワットや周辺の遺跡をじっくり観光されてみては。知識と経験豊かなガイドがご案内するプランなどもありますので、そちらもぜひご参照ください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

中尾京子

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ