バリ島東部の小島、透明度抜群の海と自然が魅力のレンボンガン島

JTBバリ支店
宮腰めぐみ

透明度抜群のレンボンガン島周辺。遠浅の海はシュノーケリングに最適!

バリ島から南東へ12kmほど離れたところに浮かぶレンボンガン島。約8平方キロメートルの小さな島ですが、周囲を透明度抜群の海に囲まれ、海やビーチでのアクティビティが楽しめるだけでなく、島内にも手つかずの自然が溢れていることから、バリ島とは違った休日ロケーションとしての魅力を放っています。

バリ島から日帰りで遊びに来る人がほとんどですが、サンライズやサンセットの名所もあるので、次は島に滞在してゆっくり過ごしたいという観光客も増えているんですよ。小さいけれど自然あふれるレンボンガン島でアクティブに過ごし、日常を忘れてリフレッシュしてみませんか?レンボンガン島の魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

バリ島からスピードボートで約40分

レンボンガン島へのアクセスは船。バリ島のサヌールから高速ボートが出ています。所要時間は約40分と非常に便利!

バリ島とレンボンガン島の間のバドゥン海峡は潮の流れが速いのでボートはかなり揺れます。乗船時間は短いですが、ボートに乗っていても水しぶきで濡れてしまうので、出発する時は水着着用、足元はもちろんビーチサンダルで!帽子、サングラスと日焼け止めも必携です。心配な方は酔い止めを飲んでおくと安心ですよ。

レンボンガン島で最も人気のアクティビティ、シュノーケリング

色とりどりの魚たちに囲まれて時の立つのを忘れてしまいます。

バドゥン海峡を超えるとそこはパラダイス!船の上から中が見えるほどの透明度の高い海、ビーチの砂浜も白く輝いています。

レンボンガン島でも最もポピュラーなアクティビティはシュノーケリング。
マスクとフィンを付けて東南アジアNo.1とも言われるキレイな海にドボンとダイブ!するとそこには数えきれないほどの種類のサンゴや熱帯魚たち・・・色とりどりの夢のような世界をただよっていると時間がたつのもすっかり忘れてしまいますよ。

レンボンガン島の周りはバリ島随一のダイビングスポットでもあります。潮流が速く、潮に流されながら潜るドリフトダイビングができることでも有名。大物海遊魚に出会う可能性も高いんですよ。

レンボンガン島で最もメジャーなジュングッバトゥビーチには素敵なビーチクラブや高級ヴィラ、レストランがたくさんあり、海を眺めながら食事をしたり、プールで休憩したりとリフレッシュできますよ。水遊びの後はビールで乾杯!アクティブに楽しんだ後の一杯は最高です!

マングローブの森でエコツアー

ボートで森の中を散策。ガイド付きツアーならいろいろな生物たちの話も聞くことができます。

レンボンガン島のもうひとつの見どころは、島の東に広がるマングローブの森。マングローブは海の綺麗なところにしか自生しません。

そして、マングローブが群生する森の中は、めずらしい生き物の宝庫。森の中を手漕のボートで進みながら、ガイドがマングローブや島の自然のことなどを解説してくれるエコツアーが人気です。手漕ボートの代わりにスタンドアップパドルボートに乗ることもできます。まるでジャングルを探検しているようで、白い砂浜のビーチとは別世界。貴重な自然について学ぶこともできて、なんだか得した気分になれますよ。

ゆったりとレンボンガン島内観光もおすすめ

ツアーならランチ付き。遊んだあとにゆっくり食事ができます

レンボンガン島は島民のほとんどが漁業とテングサの収穫などで生計を立てていて、島の中はとっても素朴な雰囲気。時間があれば島内を散策してみてはいかがでしょうか?周囲が8kmほどしかないので、レンタルバイクやレンタル自転車で島内を回れます。ジュングッバトゥビーチとは一味ちがう落ち着いた雰囲気のドリームビーチ、波が岩に打ち付けるとものすごいしぶきが上がる「悪魔の涙」など、島内に点在する見どころも押さえられますよ。

バリ島からレンボンガン島までは日帰りツアーが数多く催行されています。日本語ガイドが付いていれば何かあった時に安心。ツアーにはランチも組み込まれているので、効率的に過ごしたい方にはおすすめですよ。

ターコイズブルーの海に囲まれたレンボンガン島。バリ島の喧騒を離れ、ゆったりとアクティブに大自然を満喫して羽を伸ばしてみませんか?

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

宮腰めぐみ

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ