地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ビーフだけじゃない!オーストラリアのシーフードの魅力

JTBオーストラリア
井上 悦子

オージービーフもいいけれど、是非試して頂きたいオーストラリアのシーフード。 シドニーにあるフィッシュマーケットには新鮮ないろいろな種類のシーフードが並び、毎日沢山の人で混みあっています。今回はオーストラリアに来たら是非食べて頂きたいシーフードをご紹介いたします。

1年中食べられるオーストラリアの牡蠣

オーストラリア人も生牡蠣が大好き!そして1年中食べる事ができます。沢山種類があるなかで代表されるのがシドニーロックオイスターとパシフィックオイスターです。 ロックオイスターは身が小ぶりでクリーミー。パシフィックオイスターはロックオイスターよりも大ぶりです。

食べ方はレモンと塩が一般的。レストランではポン酢を使ったソースやシェフ特製のソースで頂きます。日本では見た事のない食べ方が「オイスターキルパトリック」きざんだベーコンを乗せ、ウスターソースをかけてオーブンで焼いたもの。こちらもオーストラリアでは一般的なメニューです。

魚料理といえばバラマンディー、サーモン

シーフードレストランでグリルされた魚と言えば、バラマンディーとサーモンが定番です。日本では聞きなれないバラマンディーですが、スズキ目・アカメ科に属する魚の一種。成魚で大きいものは2メートルにもなるそうです。白身魚で肉厚ですが、ふんわり柔らかくくせがない味はとても食べやすく、グリル、スチーム、フライとどんな料理の仕方でもおいしく頂けます。

またオーストラリアのサーモンも定番。スモークサーモンや、グリルもよいですがお刺身のサーモンも脂がのっていて絶品です。

やっぱりロブスターは食べてみたい

シーフードと言えばやっぱり王様、ロブスターです。 ボイルされたロブスターは日本のイセエビよりも大きく、プリップリの身はとても甘い。どんな食べ方をしてもおいしいロブスターですが、一般的なのはお刺身よりもボイル。レモンやシーフードソースをつけて食べます。

その他の料理法として、半身のロブスターにベシャメルソースをかけてオーブンで焼く「ロブスターモーネイ」。ロブスターのグラタンのような味です。 シーフードレストランでのお勧めは「シーフードプラッター」これはボイルしたロブスター、蟹、海老、生牡蠣、魚や海老、イカの揚げ物が大きなお皿に豪快に盛られた料理。 いろいろなシーフードが一度に味わえ、また見た目も豪華で満足間違いなしです。

スキャンピーとマッドクラブ

日本ではあまり馴染みのないスキャンピー。手長海老の仲間です。オーストラリアではこのスキャンピーのお寿司が食べられます。味は大きな甘海老という所でしょうか。プリプリの身がとても甘く、病みつきになります。

そしてもうひとつ、マッドクラブ。文字の通り泥蟹。オーストラリアの北部のマングローブの水辺に生息しています。 泥蟹と言ってもその味は甘くてやわらかく、ボイルだけでもおいしいのですが、特に中華レストランでアジア風に調理されたマッドクラブは最高です。オーストラリアで是非食べて頂きたい料理の中のひとつです!

JTBでは、ご紹介したシーフードを食べることのできるレストランのセットクーポンをご用意しております。ぜひオーストラリア旅行の前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたレポーター

井上 悦子

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB