2018年9月から12月台湾の連休


David Shyu

2018年下半期の台湾の休日

9月に入ると台湾は、台湾三大節の中の「中秋節」3連休を迎えます。また、10月の「国慶日」、年末年始など、台湾の休日をJTB現地スタッフがご案内します。

? 9月24日 ? 中秋節(9月22日~24日 3連休)


9月24日 中秋節(3連休)
「春節、端午節、中秋節」が台湾三大節と呼ばれています。
その中の最後が中秋節となります。
昔は中秋節のときに、月見をしながら、月餅を食べていましたが、最近はバーベキューをその日に行うようになりました。
町中の隅々で、バーベキューの姿を見つけましょう!
また、今年は3連休となりますので、各観光地も現地の方が多いかもしれませんので、どうぞご注意ください。

?

10月10日   国慶日

10月10日 国慶日
中華民国の誕生日・国慶日は「双十節」とも呼ばれています。
漢数字の「十」が2つありますので、「双十」となり、「双十節」と愛称されています。
その日に、総統府前の広場では、閲兵式があって、学生たちのパフォーマンスもあります。
総統府周辺では交通規制がありますので、どうぞご注意ください。

12月31日   振替休日(12月29日~1月1日 4連休)

12月31日 年末年始(4連休)
今年、台湾の年末年始は4連休となります。
12月31日は台北101のカウントダウン花火大会がとても有名です。
また、台北市政府ビル前の「府前広場」では、カウントダウンパーティーを行い、台湾の有名な歌手が集まって、まるでコンサートとなります!
カウントダウンの雰囲気を体験したいなら、是非お越しになってください。
※信義区(台北市政府・台北101)周辺は午後より交通規制を行います。また、周辺のMRT駅も規制を行いますので、どうぞご注意ください。

関連記事

この記事を書いたレポーター

David Shyu

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ