台湾のMRT桃園空港線が開通!台北市まで35分でアクセス可能(2020年版)


David Shyu

※この記事は2020年3月現在の情報を元に加筆・修正を実施しました

MRT桃園空港線が2017年の春から運行開始しました。台北駅から空港まで、快速電車を利用すると、36分で到着できるようになり、旅行者にとっては非常に便利になりました。桃園国際空港は、台湾の空の玄関口であり、最大の国際空港であるにもかかわらず、今まで鉄道路線が乗り入れておらず、MRT空港線の完成をみんなが待っていました。

快速を利用すれば桃園空港から台北駅まで約35分。

快速列車と各駅停車がいずれも15分間隔で運行

台北市内と桃園国際空港を結ぶ交通システム、MRT桃園空港線が2017年3月に正式開通しました。この路線を運行する列車は、空港と市内を往復する人のための快速(直達車)と、台北市内への通勤客向けの各駅停車、計2種類あり、いずれも15分間隔で1本ずつ運行しています。快速列車の時速は最高100km。台北駅から桃園空港までの片道乗車料金は150元。

桃園国際空港といえば、台湾最大の国際空港。路線ネットワークも施設も充実しているのですが、鉄道が乗り入れていなかったため、リムジンバスやタクシーを利用して台北市内へ移動する必要がありました。桃園空港駅⇔台北駅のアクセスは、快速を利用すれば約36分、各駅停車では約50分。空港が今までよりずっと近くなりました。

快速列車の運行スケジュールは、以下の通り(2020年1月現在)

台北駅>>>桃園国際空港
始発6:00発(快速)/【空港ターミナル1】6:35着、【ターミナル2】6:39着
最終 23:37発(普通)/【空港ターミナル1】24:24着、【ターミナル2】24:26着
桃園国際空港>>>台北駅
始発 【ターミナル2】5:57発(快速)、【ターミナル1】5:59発(快速)、台北6:34着
最終 【ターミナル2】23:35発(普通)、【ターミナル1】23:37発、台北24:24着

空港を往復する電車にしては、若干、終電が早いようです。利用便のスケジュールがこの時間帯に合うかどうか、確認しておきましょう。

※スケジュールの最新情報は鉄道会社の公式サイトでご確認ください。

MRT桃園空港線は、実はまだ全路線が開通したわけではなく、桃園市側の終着駅は、最終的には中?駅まで伸びる予定です。

さらに桃園国際空港内には現在、第1、第2ターミナルの2つの駅がありますが、第3ターミナル駅が2025年に追加される計画もあります。最終的には、桃園市、新北市、台北市にまたがる全長53kmに、計23駅が設置される予定で、全路線のうち13kmが地下鉄、残りは高架線の上を走行します。

らくらく空港送迎専用車プランもあります!

JTBでは、ガイドなしとガイド付きの空港送迎専用車プランをご用意いたしました。
プライベート専用車で楽々、安心、お得!
立ち寄りや混乗は無いので、旅のプランに余裕が持ちたい方におすすめ♪

  • 送迎
    TWD3,000〜
    セダン:TWD3,000/一台(2名まで)
    ワゴン:TWD3,600/一台(6名まで)
    マイクロバス:TWD4,500/一台(13名まで)
    大型バス:TWD6,000/一台(40名まで)
    日本語ガイド付き桃園空港から台北市内ホテルの送迎専用車プランです。
    ※ガイド付空港送迎をお申し込みのお客様で引き続き観光を希望されるお客様は空港送迎+「ちょっと贅沢 ガイド付専用車プラン」も同時にお申込みいただけます。
  • 送迎
    TWD3,000〜
    セダン:TWD3,000/一台(2名まで)
    ワゴン:TWD3,600/一台(6名まで)
    マイクロバス:TWD4,500/一台(13名まで)
    大型バス:TWD6,000/一台(40名まで)
    日本語ガイド付き台北市内ホテルから桃園空港の送迎専用車プランです。
    ※ガイド付空港送迎をお申し込みのお客様で空港へ行く前に観光を希望されるお客様は空港送迎+「ちょっと贅沢 ガイド付専用車プラン」も同時にお申込みいただけます。

この記事を書いたレポーター

David Shyu

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ