地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

台湾・台北の最強パワースポットおすすめ3選

JTB台湾
王 盈潔

老若男女を問わず信仰心の篤い人々が多い台湾では、寺院や廟などパワースポットが本当にたくさんあり、人々はこまめにお参りしています。

その中でも、御利益があると言われ、パワースポットとして特に人気が高い台北の3つを、ご紹介しましょう。旅行者には「どうすればいいの?」と迷いがちな参拝方法もご案内します!

台湾きってのパワースポット・龍山寺

台湾一のパワースポットとして多くの人が訪れる龍山寺

平日朝でも大勢の参拝者で賑わっている、台北きっての、いや台湾随一のパワースポットが龍山寺(ロンシャンスー)。ご本尊は観世音菩薩ですが、それ以外に20以上もの神様が祀られています。

若い人たちに人気が高いのは、安産の神様「註生娘娘」、そして縁結びの神様「月下老人」です。このお寺、1738年の創建と台湾最古で、台北市内で最も格式の高いお寺として知られています。第2次世界大戦時には米軍の空爆を受け、観世音菩薩が納められている正殿も崩壊したのですが、この菩薩は焼失を免れたとか。MRT龍山寺駅から徒歩3分。

<お参り方法>

  1. 入口脇の売店で、線香7本とロウソク2本を購入
  2. 薬師如来、釈迦如来、阿弥陀仏の「三宝仏」を祀る前殿の前にある2つの燭台で、ロウソクを点火して2本ともお供えします。そして7本の線香にも火を灯して、前殿の三宝仏にそれぞれ三拝します。三拝とは、線香を両手で持って顔の高さにまで掲げ、3回礼拝することです。
  3. 寺院内には、祀られている神様の前に、計7つの香炉が置かれています。それぞれ神様の前で三拝したら線香を1本ずつお供えしていきます。神様には、学業の神様や運命全体をつかさどる神様、美をつかさどる神様などさまざまです。神様にお願いする時には、自分の名前、生年月日、住所を伝えてから祈願するのがポイントです(日本語でお願いして大丈夫だそうです!)

縁結びと言えばココ!霞海城隍廟

迪化街にあり、城隍(天災を鎮める、土地の守り神)が祀られている霞海城隍廟(シアハイチョンホアンミャオ)。

こちらにも様々な神様が納められていますが、中でも「御利益がある!」と台北の女子たちに圧倒的に支持されているのが、月下老人。恋の成就を願い、若い女性からその両親の世代まで引きも切らずお参りし、良縁を祈願します。恋愛に利くと評判の、縁結びの赤い糸を買って帰ることができます。アクセスはMRT雙連駅より徒歩20分。或いはMRT北門駅より徒歩15分。

<お参り方法>

  1. 廟の前で、廟参拝用のお供えセット(50元、線香やお供え用の砂糖などが入っています)、恋愛のお守りを希望される方は、恋愛お守りセット(260元、お守りや赤い糸などが入っています)を購入。
  2. お供えセットから線香を抜き取って点火し、廟の外の香炉の前でお祈り。お線香を両手で持って顔の高さに掲げ、名前、年齢、住所、参拝の目的を唱えます。
  3. 線香は持ったまま、廟内に入り、神様それぞれに三拝します。
    その中で特にメインの祭壇の前列左側の月下老人に自分の名前、年齢、住所そして理想のタイプを具体的に告げば、月下老人が効率よく理想の相手・良縁を授けると言われています。ご参考までに。
  4. 廟の外に出て、香炉に線香を立てます。
  5. 恋愛セットのなかにある、子孫繁栄を刻んだコインと赤い糸とをお守り袋に入れ、香炉の上で時計回りに3回りさせ、持ち帰ります。肌身離さず持っていると、良縁に恵まれるとか。
  6. 良縁を広げると言われる「平安茶」と「喜餅」と呼ばれる飴をいただきます。

男女でお参りする姿も多くみられます

月下老人像

商売繁盛を願うなら行天宮

高層ビルが林立するオフィス街にある行天宮(シンティエンコン)。商売繁盛の神様「関羽」が祀られています。関羽は「三国志演義」の武将の一人で、そろばんを発明した人、とも言われています。こちらの寺院には商売繁盛を願う人々が後を絶ちません。MRT行天宮駅から徒歩5分。

※行天宮は、2014年の8月下旬より、環境保護のためお線香を焚いての参拝やお供え物はできなくなってますのでご注意ください。参拝はこれまでどおりできます。

行天宮に行くと、青い法衣を着た女性が、お線香を持って、参拝客や参拝客が持参した衣服などにお線香の煙をかけているのを目にすることでしょう。これは「収驚(シュウ ギャン)」というお払いの一種。台湾各地に收驚ができるスポットはありますが、行天宮はそのメッカです。

台湾の人々は、人間には「三魂七魄(サン フン チ ポ)」が宿っていると信じています。三魂とは天魂(死後、天に向かう)、地魂(死後、地に向かう)、人魂(死後、墓場に残る)からなる「精神を支える気」、そして七魄は、喜び、怒り、哀しみ、懼れ、愛、悪しみ、欲望のことで「肉体を支える気」です。これは道教の考え方です。

台湾では、例えば日常で何か強いショックを受けて体調を崩してしまうようなときは、この「三魂七魄」が乱れたり、抜け出したりすることが原因と考えます。收驚は、その乱れてしまった魂を元に戻すための大切な儀式。なんだか最近体調がすぐれないなとか、ぼーっとしてしまうなんていう方は、「收驚」を試してみるのはいかがでしょう。

 

これらのパワースポットは、個人で自由に回るのも楽しいものですが、参拝方法や御利益などの説明を聞きながら回れる現地発ツアーも、効率がよく便利です。

JTBでも台北101など主要観光スポットに加えて龍山寺の参拝も入ったお得なツアーや、霞海城隍廟の月下老人をお参りした後に願いを込めたランタン揚げで知られる「十分」を訪れ、お客様にランタンをあげていただく盛りだくさんなツアーなどをご用意しています。旅のご参考までにどうぞ!

  • オプショナルツアー(現地発着)
    TWD1,700~ ※目安=約7,157円~
    台北最強の「縁結びの神様」といわれ、参拝に訪れる人が後を断たない霞海城隍廟の月下老人から、赤い糸とお守りをいただきましょう。恋愛運だけでなく、家内安全や夫婦円満の神様もいらっしゃるので、カップルやご夫婦にもお勧めです。その後は平渓へ専用車で向かい、レトロな雰囲気たっぷりの十ふん駅線路沿いで平渓名物天燈上げ。 願い事を書いて、大空へ打ち上げる人がみんな笑顔になる、台湾式開運ツアーです。
  • オプショナルツアー(現地発着)
    TWD2,400~ ※目安=約10,104円~
    「台北に来たら何をしておくべき?」その答えをぎゅっと詰め込みました! 見所を日本語ガイドが専用車でご案内。鼎泰豊での小籠包ランチもついて、大満足の基本観光ツアーです。リピーターの方も、「基本のおさらい」にご利用下さい。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

王 盈潔

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB