フィリピン セブ アイランドピクニックで行く近隣の島々

JTBセブシティ営業所
沼田 彩香

フィリピン セブ アイランドピクニックで行く近隣の島々

青い空に白い砂浜が魅力的な、トロピカルアイランドのセブ島を訪れたなら是非!体験して頂きたいのが、セブの近隣にある小さな島へのアイランドホッピングです。自然保護区や珊瑚海洋保護区のあるセブ周辺の島々ならではのとっておきの南国リゾートの楽しみがあります!アイランドホッピングで訪れることのできる島々をご紹介します。

ナルスアン島



ナルスアン島は、出発地のマクタン島から約45~~60分で行ける、アイランドピクニックで人気の完全な無人島です。島の入り口には長い桟橋があるのがこの島の特徴です。写真に収めれば綺麗な青い海と空をバックに素敵な思い出の1枚が取れるでしょう。遠浅の透明度の高いエメラルドグリーンの海を眺めながら長い桟橋を渡った先には、緑が広がる小さな南国の楽園が現れます。また、ナルスアン島はセブ島周辺の離島では最も設備の整っているリゾートアイランドです。島周辺は珊瑚海洋保護区に指定されているため、シュノーケリングスポットとしても最高のロケーションです。海の環境が大切に守られていることもあり、鮮やかな珊瑚礁の群衆や驚くほどたくさんの魚が見ることができます。

パンダノン島

パンダノン島は、出発地のマクタン島から最も離れており、約60分で行ける島です。大自然が人の手に壊されておらず、水色に透き通る海と真っ白な砂浜が広がるのんびりとした小さな島です。どこを見ても白い砂浜と青い海が横長に広がっていることから「天国に一番近い島」と表現されることもあります。撮影スポットとしてこの島で人気なのが、白い大きな柱が立ち並ぶ建造物で、その形状から「パンダノン宮殿」と呼ばれている場所です。ここで旅行の記念に写真撮影をしたり、木陰で昼寝をしたりそれぞれの楽しみ方ができます。パンダノン島では普段はなかなか味わうことのできないリゾート感や、透明度の高い透き通った海、手つかずの大自然を堪能することができます。

ヒルトゥガン島

ヒルトゥガン島は、出発地のマクタン島から約20~30分で行けるアクセスの良い島です。人口は1000~2000人ほどの小さな島です。ヒルトゥガン島は海洋保護区に指定されていることもあり、海の透明度が高く多くの魚が生息しています。その魚の数と種類はセブ島随一と言われています。多種多様の魚を見れることから、ダイビングやシュノーケリングをする場所として世界的にも人気のスポットです。内海のため大きな波も少なく、海になれていない方やシュノーケリング初心者の方でも、たくさんのカラフルな熱帯魚と一緒に泳ぐことができます。サンサンと照る太陽を感じながら美しい海を楽しめるでしょう。

オランゴ島

オランゴ島は、出発地のマクタン島から最も近い島で約20分ほどで行くことができ、自然保護区となっているので、珊瑚礁が美しくゆったりとした島です。島の東部はラムアール条約に指定されたマングローブ湿地が広がっており、普段の生活ではなかなか見れない大自然の光景を見ることができます。また、渡り鳥の越冬地となっており、たくさんの野鳥を見れることからバードウォッチングのスポットとしても有名です。この小さな島では貝細工の加工が盛んで、海外に輸出もしているそうです。綺麗なブルーの海に、大自然を感じるマングローブのあるオランゴ島ではゆったりとしたリゾート気分を楽しむことができます。

関連記事

この記事を書いたレポーター

沼田 彩香

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ