インドネシアのバリ島で象乗り体験!人気のエレファント・ライド

JTBインドネシア
Igarashi Naomi

象乗りというとアジアではタイのイメージがありますが、インドネシアにはスマトラ象という固有種が生息し、絶滅危惧種に指定されています。バリではスマトラ象の保護を目的にした象のテーマパークもあり、その収益金の一部を保護活動に使用しています。ゆったりと動く象の背中からバリの自然を堪能することができる象乗り体験。今回はそんな象乗りを楽しめる場所をご紹介します。

ゆったりとした動きで快適なお散歩が楽しめます

エレファント・サファリ・パーク(Elephant Safari Park)

エレファント・サファリ・パークはバリ島で最も歴史のある象のテーマパーク。スマトラ象の保護のために設立されました。ウブドの北、タロ村に位置し、ウブドエリアから車で30分、クタ・ヌサドゥアエリアからは1時間半から2時間ほどかかります。

同パークのパッケージには、30分のエレファント・ライドのほか、象との記念撮影、象への餌やり、エレファントショーの鑑賞、象の池を臨むレストランでのビュッフェランチ、象の博物館の見学など、スマトラ象とじっくり触れ合える内容となっています。キンタマーニ高原にも近いので、エレファント・ライドとキンタマーニ高原、ウブドエリアの観光を組み合わせることもできます。

住所:Taro Village, Tegallalang, Ubud Bali 80561, Indonesia
電話番号:62 361 898 8888

ジャングルの中も象と一緒に快適に進んでいきます

エレファント・キャンプ(Bali Elephant Camp)

エレファント・キャンプはアユン川の西岸、チャランサリ村にあり、ウブドエリアから車で45分、クタ、ヌサドゥアエリアからは1時間から1時間半ほどです。同キャンプのエレファント・ライドの時間は30分。アユン川渓谷を見下ろすアップダウンの効いたコースで、天気が良ければアグン山を見ることができ、景観のすばらしさでは随一です。ジャングルでは様々な熱帯の鳥たちに遭遇することも。売り上げの一部はスマトラ象の保護基金に充てられています。

ライドの後は前菜、メイン、デザートの3コースランチに舌鼓。敷地内はアユンリバーラフティングのスタートポイントやチョコレート工場もあるので、エレファント・ライドと組み合わせてラフティングや工場見学を楽しむのもいいですね。

住所:True Bali Experience (Safari Park)
Jl. Tukad Ayung XI, Kabupaten Badung, Bali 80353 Indonesia
True Bali Experience (Office)
Jl. Diponegoro 150 B-12 Denpasar
電話番号:62 361 239 440

バリ・サファリ&マリンパーク(Bali Safari & Marin Park)


バリ・サファリ&マリンパークは空港から車で1時間ほどのギャニャール地区にあるバリで唯一のサファリパークです。東京ドーム10個分ほどの広大な敷地内に70種類もの動物たちが生息しており、メインのアトラクションはなんといってもトラムに乗ってのサファリツアー。

エレファント・ライドは、サファリツアーを含む様々なアトラクションがセットされたパッケージに含まれていて、10分間のエレファント・ライドはレオパードパッケージ、30分間のライドはリノパッケージです。パッケージには動物との触れ合いや淡水水族館の見学、食事やお土産などがセットになっています。リノパッケージは、ライオンが見られる「サヴォ・ライオン・レストラン」でランチを楽しめます。

住所:Jalan Bypass Prof. Dr. Ida Bagus Mantra Km. 19,8 Kec. Gianyar, Bali 80551, Indonesia
電話番号:62 361 950 000

バリズー(Bali Zoo)

バリズーはサヌールとウブドの中間地点に位置し、ウブドエリアからは車で15分、サヌールからは25分のところにあります。バリズーでのエレファント・ライドは、30分コースと15分コースがあり、いずれもミニアポリス・ウォータープレイ、ビュッフェランチ、象への餌やり体験、動物との記念撮影、バードショーがセットになっています。

動物たちとの距離が近いのが動物園ならではの特徴です。エレファント・ライドのみ30分楽しめるコースもあります。象の散歩用にジャングルの中に作られた道を歩き、水浴び用の池に入ってゆったりと過ごす象との触れ合いを楽しみましょう。

住所:Jl. Raya Singapadu, Sukawati,Bali 80582, Indonesia
電話番号:62 361 294 357

池の中へ進んでいくのも象の背中なら安心

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Igarashi Naomi

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ