メルボルン国際空港から市内ホテルへのアクセス方法(2020年版)

JTBオーストラリア
Y.D

※この記事は2020年03月現在の情報を元に加筆・修正を実施しました

オーストラリア第2の都市、メルボルン。ヨーロッパの香りが漂うメルボルン市内はレトロなトラム(市電)が行き交い、おいしいレストランやカフェも多くそぞろ歩きが楽しい街です。メルボルン国際空港から市内までは約20km。交通手段はタクシーかシャトルバスもしくは事前予約の送迎サービスです。くわしいアクセス方法をご紹介しましょう。

メルボルンの象徴、フリンダース駅

(1)空港シャトルバス

一般的にメルボルン空港と呼ばれているのはメルボルンタラマリン空港で、ほとんどの国内線と国際線は、タラマリン空港を利用しています。ここではメルボルン国際空港(タラマリン空港)から市内へのアクセス方法をご案内します。

メルボルン国際空港(タラマリン空港)から市内へは、スカイバス(Skybus)というシャトルバスが運行しています。赤い車体の大型バスで、市内中心部のサザンクロス駅地下のバスターミナルが終点となります。

所要時間:サザンクロス駅まで約20分(道が混んでいると30分かかる場合もあります)
料金:大人片道19.75オーストラリアドル(豪ドル)/ 往復 37.50オーストラリアドル(豪ドル)
(2020年03月現在)

ターミナル1と3にあるスカイバスのカウンターでチケットを買うことができます。このバスは24時間運行しており、午前6時から深夜0時までは10分おき、深夜0時から午前1時までは15分おき、午前1時から5時までは30分おき、午前5時から午前6時までは15分おきに運行しています。市内のホテルに行くには、サザンクロス駅のバスターミナルで「スカイバス・ホテル・トランスファー・サービス」と呼ばれるスカイバスのミニバスに乗り換える必要があります。追加料金はかかりませんが、大きな荷物があると乗り降りがちょっと面倒かもしれませんね。主要なホテルを網羅していますが、場所によっては、バスを降りたところから少し歩くこともあります。

また、スカイバスのチケットはキオスクなどで買うことも可能ですが、事前にオンライン予約しておくと少しお得になります。

(2)タクシー


もう一つのアクセス方法がタクシーです。到着ロビーを出ると「Taxi Rank」と書かれた看板があり、車が待っています。タクシーはメーター制です。3人以上なら、1人あたりの料金がスカイバスとあまり変わらないので、乗り換えせずに直接ホテルまで行けるタクシーの方がおすすめです。チップは5~10%が目安。荷物が大きいときは少し多めにあげるとよいでしょう。
また、空港のTaxi Rankから乗る場合は空港利用料4.50豪ドルが別途加算されますのでご注意下さい。

所要時間:約20分(道が混んでいると30分かかる場合もあります)
料金:55~70豪ドル程度 (2020年03月現在)


現地発着のツアーなども上手に活用して素敵なメルボルンの旅をお楽しみください!

活気溢れるビクトリアマーケットは美味しい食材の宝庫

オーストラリア国内でも有数の景観を誇る「グレートオーシャンロード」

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Y.D

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ