シンガポールの観光情報

シンガポール中心部 現地レポート

シンガポール中心部在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

シンガポールの祝日 <2024年/2025年版>

シンガポールでは年間の祝日が何日あると思いますか?それは11日間(※2024年/2025年)です。日本の祝日に比べると、少ない印象があるかもしれません。シンガポールの祝日は、この国が多民族、多宗教の国であることを思い出させてくれ、町が華やかな雰囲気に包まれます。今回は、シンガポールの祝日についてご紹介します。

2024-05-13

特集

シンガポール旅行に役立つ特集や、現地の体験レポートはここからチェック!現地ツウがナビゲートします。

シンガポール シンガポール中心部 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 泊まる
  • 癒される
  • 体験する
  • シンガポール随一のナイトスポットといえば、クラークキーです。蛇行して流れるシンガポールリバー沿のかつての倉庫街が、今ではすっかりトレンディな人気スポットに。熱帯地域のまったりとした空気を感じつつ、川沿いで食べる美味なる料理。そして、キラキラと輝くイルミネーション。食事の後は、リバーボートでシンガポール川からマリーナベイ...

  • 年中暑いシンガポールでは、カレンダーを見ても、公園や町を歩いていても、「あー、もう夏だ!」とか、「もう秋ですね」なんていう季節の移り変わりを感じることも、友人との会話もありません。でも、お祭りやイベントに参加することで、月日の移り変わりを感じます。今回は、日本でいう秋(9~11月)にシンガポールで開催予定の主な宗教色豊...

  • シンガポールではミシュラン星獲得レストランのお料理がとても手軽なお値段で気軽にいただけるのがなんといっても魅力♪シンガポールでお得に楽しめるミシュランスポットをご紹介します!1889年にミシュランタイヤの会社を起こしたミシュラン兄弟が発行した、赤いガイドブック。その赤いガイドブックが現在広く知られている『ミシュランガイ...

  • シンガポール随一のナイトスポットといえば、クラークキーです。蛇行して流れるシンガポールリバー沿のかつての倉庫街が、今ではすっかりトレンディな人気スポットに。熱帯地域のまったりとした空気を感じつつ、川沿いで食べる美味なる料理。そして、キラキラと輝くイルミネーション。食事の後は、リバーボートでシンガポール川からマリーナベイ...

  • 年中暑いシンガポールでは、カレンダーを見ても、公園や町を歩いていても、「あー、もう夏だ!」とか、「もう秋ですね」なんていう季節の移り変わりを感じることも、友人との会話もありません。でも、お祭りやイベントに参加することで、月日の移り変わりを感じます。今回は、日本でいう秋(9~11月)にシンガポールで開催予定の主な宗教色豊...

  • 最先端の国「シンガポール」。昼間は高層ビルや観覧車など、近未来的な世界を楽しめますが、夜になるとシンガポールの街全体がライトアップされ、幻想的な雰囲気へ。ここでは、シンガポールに訪れたら絶対に見てほしい夜景スポットを現地スタッフがご紹介します。

  • 年中暑いシンガポールでは、カレンダーを見ても、公園や町を歩いていても、「あー、もう夏だ!」とか、「もう秋ですね」なんていう季節の移り変わりを感じることも、友人との会話もありません。でも、お祭りやイベントに参加することで、月日の移り変わりを感じます。今回は、日本でいう秋(9~11月)にシンガポールで開催予定の主な宗教色豊...

  • シンガポールではミシュラン星獲得レストランのお料理がとても手軽なお値段で気軽にいただけるのがなんといっても魅力♪シンガポールでお得に楽しめるミシュランスポットをご紹介します!1889年にミシュランタイヤの会社を起こしたミシュラン兄弟が発行した、赤いガイドブック。その赤いガイドブックが現在広く知られている『ミシュランガイ...

  • 多国籍であるシンガポールならではの食文化の代表ともなっている“プラナカン料理”ですが、今回はローカルの間でも人気を誇る美味しいお店をご紹介します。1995年創業のプラナカン料理の老舗店“ The Blue Ginger (ブルージンジャー)”。ビジネス街からも程近く、数々のレストランが建ち並ぶ“Tanjong Paga...

  • 『ニョニャクエ』はプラナカンの代表的なお菓子。その意味は“プラナカン女性のお菓子”というシンプルなもの(プラナカンの女性=「ニョニャ」、お菓子=「クエ」)。パンダンリーフやブンガ・テランの花(Blue Pea Flower)やローズシロップなどの自然植物を用いて、緑・青・赤など鮮やかな色のお菓子に仕上げてあってとても華...

  • 観光地として大人から子供まで人気のシンガポールですが、「女子旅デスティネーション」としても見逃せません。美味しいものを食べて、ショッピングして、スパでリラックス、観光もして、夜はナイトクラブへ。英国文化と中国文化、さらにはインドやマレー系といった多文化都市国家で過ごす充実の一時を楽しく満喫しませんか。多様な魅力のシンガ...

  • 旅先でのお土産選びは、時に大変と思えることもありますが、やはり楽しいものです。家族へ、同僚へ、友人へ、そして自分へのお土産も!数あるお土産グッズや食品の中から、「これなら間違いない!」と思えるシンガポール土産TOP5を現地スタッフが紹介します。

  • 今やシンガポールでぜひとも訪れたいスポットとなった一大エンターテイメント観光施設「マリーナベイ・サンズ」。その一角をなし、建物の常識を覆す(!?)ほどのインパクトで圧倒するマリーナベイ・サンズホテル。「屋上展望デッキの絶景プールからシンガポールの摩天楼を見下ろしたい!」と思っているひとも多いのではないでしょうか。カジノ...

  • 東京23区と同じくらいの国土シンガポールには、星の数ほどホテルが点在しています。世界的に展開するホテルチェーンから、ブティックホテル、リーズナブルな価格帯のホテル、コスパに優れたデラックスホテル、シンガポールの代名詞とも言えるラッフルズホテルや歴史的な建造物を改装したホテルも。これらの中から5選を紹介するのは、ある意味...

  • 東京23区の広さに収まってしまいそうな小さな島国、シンガポール。国土が狭いこともあり、住宅事情の厳しさも並大抵ではありません。近年、不動産価格は高騰し続けて、20億円、30億円のバンガロー(一軒家)も珍しくないそうです。以前、オーチャードロードにも程近いナッシムロードにある高級バンガロー(約2万平方メートル)が約250...

  • 観光地として大人から子供まで人気のシンガポールですが、「女子旅デスティネーション」としても見逃せません。美味しいものを食べて、ショッピングして、スパでリラックス、観光もして、夜はナイトクラブへ。英国文化と中国文化、さらにはインドやマレー系といった多文化都市国家で過ごす充実の一時を楽しく満喫しませんか。多様な魅力のシンガ...

  • 女子旅で週末シンガポール! ならば、高級スパでリラックスする贅沢な時間は外せません。スパ先進国とも言われるシンガポール。有名ホテル内の高級スパから、リフレクソロジーまで、さまざまなタイプの“リラックス”が楽しめます。「心身ともにストレスから開放されたら、また明日からバリバリ働ける!」ということで、数あるホテルスパのなか...

  • 『シンガポール』といえば、近代的な高層ビルが立ち並ぶ摩天楼のイメージが強いですが、多民族国家ならではの多彩な文化や歴史を感じられる観光スポットも数多くあります。今回は、そんなシンガポールの観光名所を6つ厳選してご紹介します。また、シンガポール観光に必要不可欠とも言える MRT(地下鉄)の使い方についても解説します。シン...

  • シンガポール随一のナイトスポットといえば、クラークキーです。蛇行して流れるシンガポールリバー沿のかつての倉庫街が、今ではすっかりトレンディな人気スポットに。熱帯地域のまったりとした空気を感じつつ、川沿いで食べる美味なる料理。そして、キラキラと輝くイルミネーション。食事の後は、リバーボートでシンガポール川からマリーナベイ...

  • シンガポールでシティリゾートを満喫しつつ、ビーチリゾートも楽しみたい! そんなちょっと欲ばり派にオススメが、インドネシア領ビンタン島です。シンガポールからは高速フェリーで約50分でアクセスできるビンタン島。シンガポールから日帰りでも十分に楽しめるビンタン島の魅力、ご紹介します。

  • 最先端の国「シンガポール」。昼間は高層ビルや観覧車など、近未来的な世界を楽しめますが、夜になるとシンガポールの街全体がライトアップされ、幻想的な雰囲気へ。ここでは、シンガポールに訪れたら絶対に見てほしい夜景スポットを現地スタッフがご紹介します。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ