知っておくと便利!フィリピン旅で役立つタガログ語

JTBマニラ支店
Yuki Sato

ちょっとした一言をタガログ語で伝えてみましょう!

フィリピンはかつてアメリカの統治下にあったため、英語が共通語の一つとして広く使われています。
旅行で接することが多いホテルやレストラン、交通機関などではたいてい通じるので、英語でのやりとりさえできれば十分です。
けれどもフィリピンの人たちは日常的にはタガログ語で会話をしています。
ちょっとした一言でもタガログ語で答えると、ローカルの人々との距離がぐっと縮まること間違いなし!
JTB現地スタッフがおすすめの一言をご紹介しましょう。

タガログ語はマニラを中心に使われる言葉

フィリピンは7107もの島からなる島の国。
それぞれの島に独自の言語があるといわれるほど方言が多様です。
公用語となっているタガログ語も、もともとは首都マニラのあるルソン島中央部の言葉でしたが、メディアなどの発達により、フィリピン全土で使われるようになったそうです。
タガログ語はアルファベットを使って表記しますが、英語のそれとは読みが異なります。

A=アー B=バー K=カー D=ダー E=エー
という具合です。

また、L=ラーとR=ラーでは発音が少し違います。
Lは舌を上あごに付けて発音しますが、Rは日本語の「ら」と同じような発音で大丈夫です。

こんにちは、ありがとうなどの挨拶は、丁寧に言いたいときや目上の人には、語尾に「PO ポー」を付けるといいですよ。

いかがですか?
ちょっとした一言でもタガログ語を話すと、ローカルの人たちはとても喜んでくれます。
フィリピンでの休日がいっそう充実したものになりますよ!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Yuki Sato

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ