ニュージーランドの伝統菓子パブロバってどんなスイーツ?

JTBニュージーランド
メェ子

「パブロバ」をご存じですか?ニュージーランド“発祥”のメレンゲを使った伝統的な焼き菓子です。友人のオーストラリア人は「パブロバはオーストラリア発祥だよ!」と言い、実のところ、ニュージーランドとオーストラリアの両国が、パブロバ発祥地として主張し、いまだにどちらの国が発祥か決着していないようです。とは言え、ニュージーランドで古くから、子供から大人までみんなに愛されてきた伝統の焼き菓子であることに間違いありません。今回は、パブロバについてJTB現地スタッフがご紹介します。

甘いケーキとキウイの酸味がよく合います。

パブロバってどんなスイーツ?


パブロバは、卵白に砂糖やコーンスターチ、酢などを入れてしっかりと泡立てたメレンゲをオーブンでふんわりと焼き、生クリームとイチゴやキウイなどの季節の果物をトッピングした伝統菓子です。メレンゲを焼いた部分はとても甘いのですが、案外あっさりした生クリームと酸味のあるフルーツが口の中でうまく調和して、個人的には「うーん、甘い!」と思うものの、また食べたくなる。そんな、クセになる伝統のケーキなのです!

特別な日のデザート


パブロバは、英語で「Pavlova」と書きますが、現地の人たちは略して「パブ(Pav)」と言っています。甘いものが大好きなニュージーランド人でパブロバが苦手という人に出会ったことはありません。子供から大人までもが大好きなデザートです。クリスマスに家族が集まった時、お祝いの席で、仲間が集まる特別な日に楽しむお菓子。季節によってトッピングするフルーツが異なり、作る人によって生クリームの量やその使い方も違います。おばあちゃんからお母さんへ、そして娘へ、あるいは義理の娘へと代々受け継ぐその家の味があるのだそう。だから、友人や知人宅でいただくパブロバは、味もプレゼンテーション(見た目)も異なり、とても楽しみなデザートタイムでもあります。

家庭で作る焼き菓子ですが、カフェやスーパーマーケットでもパブロバを見かけますので、ニュージーランド旅行中にチャンスがあれば、ぜひとも賞味したいもの。カフェやレストランなどのメニューにあるパブロバには、たとえば、アイスクリームをはさんでいたり、中からもフルーツがでてきたりと、アレンジがきいていて、上品な味わい。日本のショートケーキに比べると、そのサイズは大き目。ボリューム感たっぷりなので、パブロバを1つ注文して友人らと分けて食べる人も少なくありません。また、好みにもよりますが、コーヒーといっしょに食べるのがおすすめ。

いかがでしょう。ニュージーランドを観光するなら、現地の人が大好きなパブをぜひ1度は賞味してみてください。JTBではオークランドをはじめ主要都市発着のオプショナルツアーを各種取り揃えています。ご参考まで。

この記事でご紹介したスポット

関連記事

  • オプショナルツアー(現地発着)
    JPY4,195〜
    地元のベテランガイドがピックアップした、おすすめの観光地や、ウェリントンの街並みと美しい港町の海岸線をご覧頂きます。初めてウェリントンを訪れる方は、1日でまるっと、はずせない観光地を巡ることが出来ます。Beehive(蜂の巣)とよばれる国会議事堂や、歴史のある、とても可愛らしいセントポール大聖堂、ウェリントン植物園、そして、壮大な景色がご覧頂けるビクトリア山 山頂などの最高のアトラクションを体験してください。ツアーには、日本語アナウンスの流れるヘッドセットがついています!
  • オプショナルツアー(現地発着)
    JPY24,530〜
    北島の2大観光地ワイトモとロトルアを1日で周る人気ツアー。世界的に有名なワイトモ鍾乳洞では3000万年以上かけて造られた鍾乳洞の神秘的な造形と、世界第8番目の不思議と言われる、青白い光を放つ土ボタルをご覧ください。ルトロアのアグロドームでは、羊の毛刈りショーや牧羊犬のショー、羊やアルパカに餌付けが出来るファームツアー等をお楽しみください。テプイアでは様々なダンスや歌が楽しめるマオリのコンサート、及び、時折20メートル以上も噴き上げる間欠泉をご覧ください。こちらはお一人様からご参加頂けます。また、日本語ガイドの有無、到着場所をロトルアへといった豊富なプランを取り揃えております。

この記事を書いたレポーター

メェ子

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ