ニュージーランド発の美味しいお菓子を知ろう

JTBニュージーランド
メェ子

まずは東京・原宿に出店して以来、日本でもその知名度が高まりつつある「クッキータイム」をご紹介。1983年にニュージーランドで創業した、比較的新しいクッキーメーカーですが、発売後あっという間にニュージーランドで人気を博し、個包装クッキーのニュージーランド国内シェア約70%を占める、今や国を代表するトップブランドになりました。

大人気のオーガニック・クッキー「クッキータイム」

2013年12月に日本初上陸となった原宿のクッキー専門店「クッキータイム」では、オーガニックにこだわり、人工甘味料や添加物を一切加えず、ニュージーランド産のバターをぜいたくに使用しています。しっとりしたクッキーですが、食べるとサックリ感もあります。ごろっとしたチョコレートチップ入の「チョコレート・チャンククッキー」や、ホワイトチョコチップとクランベリーの実が入った「クランベリーホワイトチョコレート」は、クッキータイムの定番です。

ちなみに、原宿店では焼きたてのクッキーのほか、チョコレート・チャンククッキーでアイスクリームを挟んだプレミアムアイスサンド、コーヒーやミルクなどのドリンク類、さらにクッキータイムのイメージキャラクター「クッキーマンチャー」のキャラクターグッズも販売しています。

スーパーで買えるニュージーランド定番のお菓子はお土産にも最適

クッキータイム以外にも、ニュージーランドの定番お菓子といえば、パスカル・パイナップル・ランプ(Pascall Pineapple Lumps)。グミのような歯ごたえのある、ちょっと固めのマシュマロのような、パイナップル風味のフルーツ菓子をチョコレートでコーティングしたもの。実際にパイナップルの果汁入りで、シンプルだけど、一度食べると、ついついもう1つ、もう1つと食べたくなる味。夏は、冷凍庫で凍らせて食べると、さらに美味しい!

キーウィも大好きパイナップル・ランプは、バラマキお土産としても大人気!

またニュージーランドのビスケット会社グリフィンズの、まっピンクのクッキー「クッキー・ベア・ハンドレッズ&サウザンズ(Cookie Bear Hundreds and Thousands)」。
軽いサクっとしたクッキーは、ド派手なピンク色のイチゴ風味のアイシングでコーティングされて、その上に振りかけられた天然色素の無数のスプリンクルがとてもかわいい。キウイも大好きなクッキー!

一方、ニュージーランドのチョコレートといえば、ウィッタカーズ(Whittaker’s)。甘さの度合いや味もさまざまな板チョコには、「カカオ72%」などのビターなものや、ピーナッツやキウイフルーツ入りのものも。
なかでも、ニュージーランドらしいのが、ホーキーポーキー(Hokey Pokey)。これは板チョコのなかに甘い飴が散りばめられています。

キウイのふん??

かわいい!イチゴ風味のハンドレッズ&サウザンズ(100s and 1000s)。

ウケを狙ったバラマキ用お土産におすすめしたいのが、キウイのふん(=Kiwi poo、キウイ・プー)」です。実は、これレーズンチョコ。「ポッサムのふん」など、この手のチョコっていろいろありますが、やっぱりニュージーランドに 来たからには、国鳥キウイのものをチョイスしてお土産にいかがですか?

このほかにも、ニュージーランドでよく見かけるチョコレート が、キャドバリーの板チョコ「デイリーミルクチョコ(Dairy Milk)」。キャドバリーはもともとイギリスの会社ですが、ニュージーランドにも工場があります。アーノッツの「ティムタム(Tim Tam)」もスーパーでよく見かけるチョコレート。オーストラリアのチョコですが、バラマキ系のお土産として人気です。

思わず笑っちゃいます。キウイのふんチョコです。

キャドバリーの板チョコ。種類も豊富です。

ティムタムはニュージーランドでも人気です。

関連記事

  • オプショナルツアー(現地発着)
    JPY15,642〜
    オーガニック食品販売店を巡り、カフェでオーガニックチーズケーキとコーヒーをご堪能。ショップではナッツ系、はちみつ、石鹸、スナックやチョコレートなどこだわりのお土産も見つかります!

この記事を書いたレポーター

メェ子

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ