ニュージーランドのミルフォードサウンドとトラックの観光ツアー

JTBニュージーランド
高木 信勝

ずばりおすすめのオプショナルツアー2つをJTB現地スタッフがご紹介します。氷河によって削られた神秘と雄大な自然の造形美フィヨルドのあるミルフォード・サウンドを楽しむ「ミルフォードサウンド観光 バス&クルーズ&ウォーキング」と「ミルフォードトラック半日ガイドウォーク」です。ミルフォードサウンドは世界遺産にも登録され、ニュージーランドが誇る大自然がそのまま残された魅力溢れる景勝地。

自然美を楽しむウォーキング

テアナウってどんなところ?



南島の南西部にニュージーランドで2番目に大きな湖テアナウ湖があります。クイーンズタウンからは南西へ車で約2時間30分。テアナウはフィヨルドランド国立公園への玄関口としても多くの人々が訪れます。そして、テアナウといえば、ニュージーランド固有の虫、土ボタルで有名。ホタルが発する青白い光で洞窟は神秘的な空間となります。

フィヨルドランドは1990年にテ・ワヒポウナムとして世界遺産に登録されました。そしてフィヨルドランド国立公園の一部がミルフォード・サウンドです。

テアナウ発着「ミルフォード・サウンド観光 バス&クルーズ&ウォーキング」



おすすめオプショナルツアーの1つ目は、フレンドリーな地元ガイドが案内する少人数で巡るミルフォード・サウンド観光です。ミルフォード・サウンドには氷河が作りだしたフィヨルド、切り立った山と深い海、最大落差1000mにもなるという滝が流れるドラマティックな風景が広がります。訪れた人々は、クルーズやカヤック、ダイビング、遊覧飛行など、様々なスタイルで大自然を満喫しています。

このミルフォード・サウンドをバスとクルーズとウォーキングで楽しむツアー。朝7時45分頃にテアナウ市内の滞在ホテルからスタートです。観光バスでミルフォード・サウンドを目指し、約2時間30分ほどのドライブ。この間、車窓を流れる絶景に圧倒されるはず。美しくも豊かな、そして個性ある風景に心が躍ります。

現地に到着すると、まずはネイチャークルーズ。野生動物を横目でみつつ、豪快に流れる滝や静かな湖面、鋭く切り立つ崖を見ながらフィヨルドを楽しみます。ピクニックランチ後は、ホリフォード渓谷を歩きます。ホリフォード渓谷はフィヨルドランドを訪れたら絶対に外せないところ!渓谷内にあるトレイル(ショートコース)をガイド(英語対応)とともにウォーキング。ガイドなしで自由にハイキングしたいという人は、ルートバーントラックからキーサミットへと自由に歩いてもいいかも。

その後、再びバスに乗ってテアナウへ。ホテルには17時30分頃戻ります。ツアーには、ピクニックランチやアフタヌーンティ、クルーズ料金、ホテルまでの送迎も含まれています。

地元ガイドといっしょに歩く

絵になる風景ばかり

テアナウ発着「ミルフォードトラック半日ガイド付きウォーク!」

ハイキングやトレッキングが好きな人に特ににおすすめしたいのが、こちらのオプショナルツアーです。ミルフォード・サウンドの一部でもあるミルフォードトラックを半日で歩くコース。テアナウ湖の北端からスタートするミルフォードトラックは全長約53kmにもおよび、4~5日間かけて途中宿泊しつつトレッキングする人も少なくありません。

ニュージーランドの自然、山登りやウォーキングについて多くのエッセーを残している詩人ブランシュ・ボーガンは100年以上前に、エッセーの中でミルフォードトラックは「世界一の遊歩道」と評しました。野趣あふれる手付かずの自然、切り立つ山々と吸い込まれそうな神秘の湖、勢いよく落ちる滝、渓谷と自然美が広がります。

ツアーでは、7時頃にテアナウのホテルから出発し、ミルフォードサウンドへ。ここからボートでサンドフライポイントへと渡ります。そこからアーサー川の流れに沿って進み、降雨林の中にあるジャイアント・ゲート滝まで歩きます。吊り橋からの息をのむほどの眺めにうっとり。自然の色彩が目に優しく、静かな空気と太陽の光を浴びつつ約4時間かけて11kmほどを歩きます。高低差は50mほど。

ハイキングの途中、専門のガイドさんが固有種の野鳥や植物の説明をしてくれるだけでなく、この辺りの歴史なども随所に交えてガイディングしてくれます。質問にも答えてくれるので、気になることがあれば聞いてみましょう。

大自然を感じながらのハイキング

ボートでサンドフライポイントへ

心も身体もリフレッシュ

いかがでしょう。JTBではテアナウやクイーンズタウン発着の現地ツアーを各種取り揃えています。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

高木 信勝

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ