世界遺産ミルフォードサウンドで過ごす贅沢な時間[2023年5月更新]

JTBニュージーランド
メェ子

南島南西部に位置するミルフォードサウンドは、ニュージーランドを旅するなら必ず押さえておきたい人気観光スポットのひとつです。

太古の時代、自然の営みから生まれたフィヨルドの独特な地形や造形美は、どこまでも荘厳で神秘的。晴れている日の美しさはもちろんですが、曇りや雨の日のミステリアスな風景もまた、おすすめです。

晴れた日のミルフォードサウンドは格別の美しさ

ミルフォードサウンドってどんなところ?

ミルフォードサウンドってどんなところ?という方のために、その成り立ちを説明しておきましょう。

ニュージーラン ドの南島にはサザンアルプスと呼ばれる山脈が南北50km以上に渡って伸びています。そして南島南部は海岸線と山脈の距離が非常に近く、海から吹いてきた 風がサザンアルプスにあたって多くの雨や雪を降らせます。(ちなみにフィヨルドランド国立公園の年間降水量は約7m!あります)

山の上では雪や氷が降り積もり、押し固められ、氷河となって山肌を伝って地上へと流れていきます。太古の時代、そうして生まれた巨大な氷河が山から地表にたどりつき、地面を削りながら進んだ跡に海水が流れ込んだものがフィヨルドです。

フィヨルドの特徴は、細長い入江の両岸に山々がそそり立っている独特の風景ですが、地図で確認すると、その入江の形は水がゆっくりと流れた跡のようにも見えてくるから不思議です。

ミルフォードサウンドへと向かう道中は絶景の連続!

ミルフォードサウンドは、南島南西部に位置するフィヨルドランド国立公園の中にあります。フィヨルドランド国立公園は新潟県とほぼ同じ面積を持つ広大な国立公園で、隣りあう3つの国立公園とともに世界自然遺産に登録されています。

山、森、川、谷、海、草原と様々な地形が織りなす絶景は、まさに手つかずの美しさ。多くのテレビCMや映画のロケ地になっていることもうなずけます。

旅の基点となるクイーンズタウンからミルフォードサウンドまでは、バスで片道約6時間の道のりですが、中継地点のテアナウまでは牧歌的な風景が楽しめますし、テアナウを過ぎてからは世界遺産ならではの絶景が次々と現れますので、飽きることがありません。

湖 面に周囲の風景を映し出すミラーレイクや渓谷の中にある奇岩キャズムでは遊歩道が設置されていますので、マイナスイオンたっぷりの森の空気を感じながら散 策が楽しめますよ。

ミルフォードサウンドへ向かう道中にあるミラーレイク

天井がガラスになっていて、周囲の絶景を楽しめます

バスに乗っているとなかなか周囲の景色が見えない、という問題がない、グラスルーフトップバスで、ミルフォードサウンドのクルーズへ向かいます。壮大な自然に囲まれたこの地に適した観光バスですよね!高くそびえたつ山々もこのバスに乗れば、皆様の目線の高さだけでなく、上空の景色もご覧いただくことができます。

RealNZ社のグラスループトップバスでミルフォードサウンドへ向かいます

定番デイクルーズのほかオーバーナイトクルーズも

年間を通して、国内外から訪れる観光客の絶えないミルフォードサウンドではデイクルーズや船に宿泊するオーバーナイトクルーズを楽しむことができます。

デイクルーズで利用される船がこちら!大型で安定感があります。

オーバーナイトクルーズで利用されるミルフォード・マリナー号

バスがミルフォードサウンドの港に着いたら、お待ちかねのクルーズです。

旅人を出迎えるようにそびえ立っているのが、三角形の美しい山マイターピーク。海から立つ山としては、世界最高の1692mを誇ります。

クルーズでは、フィヨルドを囲むように立つ山々や奇岩についてのガイドを聞きながら、約15kmの入江を往復します。両岸の山々は約1200mの高さがあるため、まるで壁のよう。雨が上がった後などは、その山肌から白糸のように流れ落ちるたくさんの滝が眺められ、壮観です。

また海に直接落ちるスターリング滝の近くでは、船が滝のそばまで接近する演出もありますので、ぜひ雨具を着込んで滝の勢いを体感しましょう。

さらにミルフォードサウンドでは、野生動物ウォッチングも楽しみのひとつです。

滑るように泳いでいくダスキードルフィンの群れや、眉毛のような黄色い羽を持つフィヨルドランド・クレスティッド・ペンギン、岩の上でのんびりと昼寝を決め込むニュージーランド・ファーシール(オットセイ)など、たくましくも愛らしいミルフォードの住人たちの姿は、その自然の豊かさを教えてくれます。

デイクルーズの所要時間は1時間40分ほどですが、もっとミルフォードサウンドの風景を満喫したい人には、船上で1泊するオーバーナイトクルーズがおすすめです。

クルーズ参加者にはシーカヤックや周辺の散策などのアクティビティも用意されていますし、夕暮れや星空、鳥の合唱とともに迎える朝焼けなど、1泊するからこそ眺められる風景もたくさんあります。

地形や気候の偶然が重なって生まれたミルフォードサウンドは、まさに地球が生み出したアートと言うべき神秘的な美しさ。悠久の時の流れを感じながら、ぜひ、その絶景に浸ってみてください。

  • オプショナルツアー(現地発着)
    JPY25,349〜
    クイーンズタウン発着ランチなしの大人1名様あたりのご料金です。
    ※価格は予告なく変更になることがございます。
    クイーンズタウンを出て約2時間のテアナウから南下しマナポウリ湖へ。マナポウリ湖をクルーズで渡り、またバスに乗り換えてウイルモット峠を越えると、そこはダウトフルサウンド。キャプテンクックも進入に躊躇したといわれるこの入り江を約3時間のクルーズ。他所では体験する事の出来ない静寂の世界です。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

メェ子

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ