南島のテカポとクイーンズタウンでニュージーランドで満天の星空を鑑賞しよう!

JTBニュージーランド
高木 信勝

マゼラン星雲、天の川、そして南十字星・・・。
満天の星空観賞は、ニュージーランド観光の大きな魅力のひとつ。
ニュージーランドは各地で空を見上げれば、美しい星空が見られます。
特に雲がなく、月明かりの少ない新月の夜は絶好の星空観察日。
JTB現地スタッフが、南島のテカポとクイーンズタウンの星空観察ポイントをご紹介します。

マウント・ジョン展望台、ニュージーランド星空観察の代名詞(!?)ともいえそう

日本語解説付きの星空観察ツアー参加でもっと深く感動しよう!

日本とは異なる星座を見ることができるニュージーランド。
南半球だけで見られる南十字星、地球に一番近い銀河、大小マゼラン星雲をはじめ、季節によって異なる星座の数々が、澄んだ空気の南天に輝きます。
夜、空を見上げれば、輝く星をみることができますが、せっかくなので専門家の説明を聞きながら、町の中心部から離れた天文台でも星空観察がおすすめ。
星空ツアーに参加すると、レーザーポインターで星座や星、星雲を日本語で分かりやすく説明してくれるので、「満天の美しい星空」という感動だけではなく、星空をより深く楽しめます。
季節によって異なる星座ですが、例えば、4月頃に出てくるさそり座を見ると、本当にサソリの形をしているのが妙に納得できて壮大な天体ショーに心を奪われます。

クイーンズタウンの天文台で見た星空

世界有数の星空観察スポット、テカポでマゼラン星雲を見る!

南島テカポ湖畔の町テカポは、世界でも数少ない星空保護区(International Dark Sky Reserve)に認定された地域で、「世界一の星空を世界遺産に登録したい!」という動きもあるほど。
晴天率が高いので圧巻の満天星を見られる確率が高く、天然のプラネタリウムが満喫できます。
テカポには世界最南端の展望台が、マウント・ジョン山頂に設置されています。
降るほどの南天に輝く星を楽しみつつ、肉眼では見られない星は大型望遠鏡で観察しましょう。
流れ星はもちろん、幸運ならオーロラに遭遇することも!!
一方、小さな子供連れなどで夜遅くに長時間の星空観察に不安があるという人に人におすすめなのが、コーワンズ天文台での星空観察です。
約1時間15分と、ツアー時間が短め。
マウント・ジョン天文台よりも低い標高に位置する天文台ですが、マウント・ジョン展望台と同等の機材を使っているので、存分に星空観察が楽しめます。
子供連れのご家族におすすめです。

輝くオーロラと満天の星空

クイーンズタウンで気軽に天文観察!

年間を通して多くの観光客が訪れるワカティプ湖畔の町クイーンズタウン。
街中やホテルからでは街灯やライトが邪魔して満天の輝きを見るのなかなか難しそう。
そこで、大型望遠鏡が設置された私設天文台、その名もスコッチ・オン・ザ・ロック天文台へ。
星空はまるで天然のプラネタリウム。
2年程前にJTB現地スタッフがクイーンズタウンの私設天文台へ行った時には、数えきれないほどの流れ星と満天の星を存分に堪能。
そればかりか、なんとラッキーなことに巨大なオーロラも見たと大興奮! オーロラを見るチャンスもありそうです。


いかがでしょう。
日本語解説付きで天文台からじっくりと星空観察するなら、ぜひJTBの現地発着ツアーをご利用ください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

高木 信勝

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ