ニュージーランドの世界遺産と大自然、星空を楽しむ欲張りプラン

JTBニュージーランド
高木 信勝

「山ガール」なんて言葉が日本で登場して久しいですが、相変わらずのハイキング&トレッキングブーム。登山を楽しむ女子はまだまだ増え続けているようです。世界的に知られた美しく雄大な秀峰がいくつも聳えるニュージーランド。この国ではハイキングやトレッキングは人気のアクティビティです。ハイキングコースとして大人気のアオラキ/マウント・クック国立公園(世界遺産)と、満天の星空の町として有名なテカポを訪れる見所満載の南島王道コース(2泊3日)をJTB現地スタッフがご紹介します。

ピーターズルックアウト。

日本語ガイドで旅する国立公園、アクティビティの時間も十分に



2泊3日の旅の始まりは、クイーンズタウン(クライストチャーチ発もあり!)です。市街地の主要ホテルからグレートサイツの観光バスに乗り込んだら、一路、1日目の宿泊地アオラキ/マウント・クック国立公園を目指します。車内では、ガイドさんが日本語で、観光地や見どころはもちろん、エピソードや逸話なども紹介してくれます。途中、クロムウェルというフルーツで有名な町を通過する際、フルーツパーク「ミセス・ジョンズ」に立ち寄ります。お土産を買う人も多く、滞在中のおやつに果物を購入する人も。その後、オマラマの牧場で休憩したり、写真スポットのピーターズ・ルックアウトで撮影タイムがあったり。お昼頃、マウント・クックに到着。ここから2日目のお昼頃までは自由時間です。ハイキングなどのアクティビティや、国立公園内にあるリゾートホテル滞在を存分に満喫! 夜は、星空を見上げることも忘れずに。周囲には建物が少ないので、天気が良ければ星空観察がばっちりと楽しめます。

テカポでは星空観察はマストです!



2日目の午後、テカポへ向けて出発です。この日も、写真スポットでの停車やトイレ休憩をとりつつ目的地を目指します。プカキ湖とその奥にマウント・クックを望むといった絶景ポイントでばっちり写真撮影。2時間ほどでテカポに到着しました。着後は自由時間。テカポ湖周辺を散策したり、町へと出かけたり、ハイキングや乗馬も楽しめます。世界一美しいなどとも言われるテカポの星空観察ツアーは外せません。3日目、15時頃にテカポを出発し、途中休憩をはさんで、夜、クライストチャーチ空港に到着です。クライストチャーチに滞在する場合は、ホテルまで送り届けてくれます。

テカポ湖畔にある善き羊飼いの教会。

絵のように美しいテカポ湖畔。

国立公園内&ヴィラ風のリゾートに2泊

気になる宿泊施設ですが、2泊ともに納得のリゾートホテル! 1泊目は世界遺産にも登録されるアオラキ/マウント・クック国立公園内にある唯一のリゾートホテル「ザ・ハーミテージ・ホテル」に宿泊します。客室数162室。マウント・クックビューの客室からはクック山の壮大な風景を一望に。併設するアルパインレストランは、どのテーブルに座っても万年雪を頂く山々を眺めながら食事が楽しめます。パッケージプランには種類も豊富なビュッフェスタイルの朝食と夕食が含まれます。

2泊目は、ターコイズブルーに見えるテカポ湖の近くにあるヴィラ風ホテル「ペッパーズ・ブルーウォーターリゾート」です。テカポ湖とサザンアルプスの山々を望むおしゃれなホテル。客室は水色とビビットなレッドカラー使いがとてもおしゃれで居心地の良さを演出しています。同リゾートはテカポ湖の側という立地も手伝い、ウェディングで利用する地元の人も少なくありません。食事が美味しいと評判のレストランRakinuiでのビュッフェスタイルの朝食と、夕食(2コース)がパッケージに含まれます。もちろん、夜は満天の星空をお楽しみください。

マウント・クックビューの客室(ザ・ハーミテージ・ホテル)。

絶景を眺めながらの食事は、国立公園内にあるリゾート宿泊者の特権かもしれません(ザ・ハーミテージ・ホテル)。

ペッパーズ・ブルーウォーターリゾート外観。

客室はとても落ち着く空間で、バルコニーからの眺めもすてきです(ペッパーズ・ブルーウォーターリゾート)。

世界遺産のアオラキ/マウント・クック国立公園と星空の町テカポを組み合わせた2泊3日の王道コース。ニュージーランドらしい大自然を満喫しつつ、人気のリゾートホテル宿泊と食事(朝食&夕食)を組み込んだ人気の高いプランは、料金設定も良心的です。クイーンズタウンとクライストチャーチに数泊ずつ滞在して、途中、ここで紹介した現地発着パッケージプランを組み込むなんていうニュージーランド旅行もいいかもしれません。JTBでも現地発着パッケージプランを提供しています。

さすが人気のレストランです。洗練されたプレゼンテーションもすてきな1品(ペッパーズ・ブルーウォーターリゾート)。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

高木 信勝

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ