絶景に感動する旅 カナダ

世界で2番目に面積の広いカナダは、大パノラマが広がる大自然の宝庫。
カナディアンロッキーやナイアガラの滝、オーロラはもちろん、フランス文化が根付いた世界遺産都市ケベック、小説『赤毛のアン』の舞台となっている美しいプリンスエドワード島など、季節を変えて楽しめる魅力的な観光地が盛り沢山です。

イメージ イメージ イメージ

冬から目覚める色彩の季節 春のカナダへ

バンクーバー/バンデューセン植物園

22ヘクタールの広大な敷地に、世界6大陸から集めた約7,500種類の植物が植えられていて、中でも有名なのはキバナフジ(ラバーナム)のアーチです。見頃の時期には、まるで金色のカーテンの下を歩いているかのような、素晴らしい姿を楽しむことができます。(キバナフジの見頃:例年5月中旬~6月上旬)

イメージ

モレーン湖

カナダを代表する風景とも言えるモレーン湖は、旧カナダ20ドル紙幣の図案にもなったことがあるカナダ有数の景勝地。湖の周囲にはテン・ピークスと呼ばれる10の山々がそびえ、雪山とターコイズブルーの湖のコントラストが非常に美しいです。湖の入り口にある小さな山から見下ろすようにご覧いただけます。(例年、5月中旬頃までは積雪があります。)

イメージ

ナイアガラの滝

世界三大瀑布のひとつであるナイアガラの滝。この時期におすすめしたいのが、カナダ滝を真横から見ることができる展望台です。悠然と流れてきた青い川の水が、轟音と共に滝となり一気に落ちていく姿はまさに圧巻!風向きによっては滝のしぶきが雨のように降ってくるので、クルージングしなくてもその迫力を間近で体験することができます。

イメージ

  • イメージバンクーバー/バンデューセン植物園
  • イメージモレーン湖
  • イメージナイアガラの滝

大自然を全身で体感 夏のカナダへ

レイクルイーズ

「ロッキーの4つの宝石湖」のひとつとして特に人気が高いレイクルイーズ(ルイーズ湖)。約3,464mのビクトリア山を背景に美しい湖面が広がる神秘的な湖で、その名前の由来はそれぞれイギリスのビクトリア女王とその娘ルイーズ王女に由来しており、まるで母親が娘を見守っているかのような穏やかな風景が印象的です。

イメージ

ナイアガラの滝

2013年10月まで「霧の乙女号」の名で親しまれてきたクルーズ船が、2014年からリニューアル。乗船時間は約30分で、滝壺まで大接近します。船は二階建てで、滝が良く見える二階の前方の乗れば、ずぶぬれになってその迫力を楽しむことができます。

イメージ

バンクーバー

カナダの西の玄関口として親しまれているバンクーバーは、カナダで3番目に大きな都市でありながら、近代的なビルの合間に緑あふれる公園が広がっており、まさに大自然のふところにある大都市と言えます。この自然をより身近に感じられる街は「世界で最も住みやすい都市」(※英誌エコノミストの調査部門EIU調べ)で毎年上位にランクインしていることでも有名です。

イメージ

オーロラ/イエローナイフ

オーロラは冬にしか見られないと思っていませんか?実は、夏のカナダで美しいオーロラ観賞が楽しめるのです。夏のオーロラの醍醐味と言えば、運が良ければ湖面に映り込んだ“逆さオーロラ”を見ることができること。夏と言えど深夜は結構冷え込みますが、真冬に比べると比較的軽装で観賞することができるのも夏のオーロラのメリットです。

イメージ

プリンスエドワード島

世界中で愛される名作『赤毛のアン』の舞台となったプリンスエドワード島。実際に作者モンゴメリの従兄弟の家だったグリーンゲイブルズハウスや、恋人の小径、お化けの森など、アンの愛した世界が広がっています。情緒あふれる可愛らしい街並みとのどかな自然の風景を体感してみませんか?

イメージ

  • イメージレイクルイーズ
  • イメージナイアガラの滝
  • イメージバンクーバー
  • イメージオーロラ/イエローナイフ
  • イメージプリンスエドワード島

秋色に染まる大自然 秋のカナダへ

ローレンシャン高原

メープル街道随一の美しさとも称される、紅葉の名所・ローレンシャン高原。ローレンシャン高原の奥にある、小さな集落を模したような街がトレンブランビレッジで、秋には東部の紅葉のメインともなるリゾート地です。色鮮やかな屋根のレストランや土産店が立ち並び、紅葉を楽しみながら散策するのもおすすめです。

イメージ

世界遺産ケベック

まるでヨーロッパのような情緒ある街並みが広がるケベックシティは、豊かな歴史と文化に育まれたケベック州の州都です。19世紀に造られた城壁の内側にある旧市街は世界遺産に登録されています。

イメージ

アルゴンキン州立公園

燃えるような紅葉が広がるメープルの森、アルゴンキン州立公園。1983年制定のオンタリオ州最古の州立公園で、カナダではローレンシャン高原より有名な紅葉スポットとして知られています。公園内には2,400以上の池があり1,200kmにも及ぶ川が流れており、動植物も1,000種以上が生息しているため自然観察の場としても重要な存在です。

イメージ

世界遺産カナディアンロッキー

カナダ西部・アルバータ州とブリティシュコロンビア州にまたがって広がる広大な世界遺産カナディアンロッキーは夏の時期の観光も大変有名ですが、秋になるとアスペンやポプラ、シラカバなどが一斉に黄色く色づき、荘厳な雪山とミルキーブルーの氷河湖と相まって素晴らしい絶景を見せてくれます。

イメージ

ナイアガラの滝

紅葉の名所としても有名なナイアガラの滝。メープル街道の終点であり、秋の紅葉も見逃せません。ローレンシャンなどのダイナミックな紅葉とは異なり、ナイアガラでは穏やかでしっとりとした紅葉を楽しめます。メープル街道の中でも一番南に位置しているので、紅葉の見頃も他の都市に比べると遅いです。

イメージ

バンクーバー

カナダの紅葉は、カナダ東部のメープル街道が有名ですが、西部のバンクーバーでも色鮮やかな紅葉を満喫することができます。市内では10月中旬頃からが紅葉シーズン。スタンレーパークやシーウォール、ダウンタウン内などいたる所で観賞できるので、街歩きやお買いものをしながら紅葉を楽しめます。

イメージ

プリンスエドワード島

プリンスエドワード島の紅葉は、9月下旬から10月中旬にかけて見ることができます。グリーンゲイブルズから見たお化けの森も、恋人の小径も木々が黄色や赤、オレンジに染まり、花々が咲き乱れる春~夏とは違った世界を楽しむことができます。季節を変えて訪れるリピーターも増えています。

イメージ

  • イメージローレンシャン高原
  • イメージ世界遺産ケベック
  • イメージアルゴンキン州立公園
  • イメージ世界遺産カナディアンロッキー
  • イメージナイアガラの滝
  • イメージバンクーバー
  • イメージプリンスエドワード島

メープル街道MAPMAPLE ROAD MAP

メープル街道は、ナイアガラからオンタリオ湖岸、セントローレンス川に沿ってケベックシティまでの約800kmを総称した観光ロードです。
紅葉が美しいだけでなく、街道沿いにはカナダ建国の歴史的な史跡が多くあることから「歴史街道」とも呼ばれています。
メープル街道沿いの各紅葉名所は、場所により紅葉のベストシーズンが異なります。

地図

ベストシーズン表BEST SEASON

9月10月
中旬下旬上旬中旬下旬
ローレンシャン高原・北部(モン・トランブラン周辺)  
ローレンシャン高原・南部(サンソベール周辺)  
ケベック
アルゴンキン州立公園  
9月10月
中旬下旬上旬中旬下旬
モントリオール  
イースタンタウンシップス  
ナイアガラフォールズ
カナディアンロッキー(黄葉)  

知られざる絶景が待つ 冬のカナダへ

白銀の世界遺産 カナディアンロッキー

夏のイメージが強いカナディアンロッキーですが、その冬の美しさはまだあまり知られていません。澄み切った空気の中、3,000m級の雄大な山々を覆う純白のの雪や氷河。他の季節に訪れたことがある人でも一度冬の絶景を見たら、虜になること間違いなしです!夏は常に混み合いますが、冬はゆったり静かに、そして夏よりもお得なお値段で名門ホテルに滞在できる、知る人ぞ知るもう一つのベストシーズンです。

イメージ

夜空を彩るオーロラと星々

カナダの冬の絶景と言えばオーロラを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?オーロラベルト直下に位置するイエローナイフやホワイトホースも運が良ければオーロラに出会えるかもしれません。また、オーロラに加え、空気が綺麗なカナディアンロッキーは星空の美しさでも有名です。冬はさらに空気が澄み、大自然の中で見る天然のプラネタリウムはまさに息をのむ美しさです。

イメージ

雪と氷に覆われたナイアガラの滝

冬は旅行者も比較的少なくなり落ち着いた雰囲気が漂うため、じっくりと滝を眺めるには絶好のシーズンと言えます。滝のしぶきが周囲の木々に付着し、凍り付いてできた樹氷は氷の彫刻と化し、それが日の光を浴びてクリスタルのように輝くのです。定番のイルミネーションはカナダ滝・アメリカ滝だけでなく、周りの公園や施設などでも行われていて、ナイアガラのエリア全体がカラフルなライトで色どられます。

イメージ

  • イメージ白銀の世界遺産 カナディアンロッキー
  • イメージ夜空を彩るオーロラと星々
  • イメージ雪と氷に覆われたナイアガラの滝

寒いだけじゃない!あったかい、冬カナダ

世界屈指のオーロラ観賞率を誇るカナダのオーロラ

カナダオーロラの観賞率

年間で240日発生!3泊4日なら約95%の確率で見られる! カナダのオーロラは年間で240日ほど現れ、北欧よりもカナダの方が 観賞率が高いと言われています。滞在日・観測回数が多いほどチャンスが上がっていくため、およそ3泊4日すれば90~95%の確率で観測できるとも言われています。

カナダオーロラのベストシーズン

ベストシーズンは11月~3月! オーロラのベストシーズンは11月~3月と言われています。これは快晴率、日照時間と深く 関係していて、オーロラをベストな状態で観賞するには、①雲がなく天気が良いこと、②空が暗いこと、③太陽活動が活発であることの3条件が揃わなければなりません。この3条件が比較的揃いやすい時期が11月~3月なのです。

気温と服装

冬の気候はマイナス20℃近くにまで下がる極寒の地ですが、防寒着の貸出(旅物語のツアーでは無料)も行っていて、荷物も軽減できるためおすすめです。屋内も暖かいので状況に応じて着脱しやすい「重ね着」が基本で、フリースや肌着などを重ね着して、衣類と衣類との間に空気の層を作り断熱効果を高めるのが良いです。その上に防水性のあるスキーウェアのようなジャケットを着るのが良いでしょう。

各都市の平均気温表11月12月1月2月3月
イエローナイフ-13℃-21.5℃-25.5℃-22℃-16℃
ホワイトホース-9℃-15.5℃-11.5℃-9.5℃-6℃
東京12.5℃7℃6.5℃7.5℃10.5℃

イメージ

カナダのオーロラが観賞できる都市

ホワイトホース

アメリカのアラスカ州境に接するユーコン準州の州都。雄大で手つかずの大自然と、オーロラベルトの真下の位置し、絶好のオーロラ観測スポットとして注目されています。旅物語のおすすめエリアです。

イメージ

イメージ

イメージ

イエローナイフ

オーロラベルトのほぼ真下に位置しており、年間を通じてオーロラの出現率が高いことで有名です。カナダの極北地域の冬期は非常に高い晴天率を誇り、オーロラ観賞の天敵である雲が比較的少ないです。その為オーロラ観賞率は極めて高い水準となっています。

イメージ

イメージ

イメージ

カナダのコース一覧COURSE LIST

※観光する場所・都市はコースによって異なります。詳しくは各コース詳細ページをご確認ください。

最終更新日:2020年5月26日

コース一覧を見る