ラグビーの聖地!オークランド郊外「イーデンパーク」

JTBニュージーランド
高木 信勝

緑の芝生が見事なフィールド。試合中の歓声が聞こえてきそうです

ラグビーW杯2019日本大会まであと1年あまり! ラグビーといえば、またニュージーランドといえば、オールブラックス!
前回W杯イングランド大会で優勝したのもオールブラックスでした。
そんなオールブラックスのホームグランドというイーデンパーク(Eden Park)についてJTB現地スタッフがご紹介します。

ラグビーファンの聖地イーデンパーク

イーデンパークのスタジアム入口。いくつもゲートがあります

イーデンパークは、ニュージーランド最大規模のスタジアムで、1900年代にオープンした歴史ある競技場で、1925年からはオークランド・ラグビー協会の本拠地。ラグビーのほか、クリケットやサッカーの競技場としても利用され、収容人数は最大50,000人。
オークランド市街地からは、車で約15分。
列車はウェスタンライン(ブリトマート駅からキングスランド駅)に乗って所要約20分、キングスランド駅からは徒歩5分程でスタジアムに到着します。
そんなイーデンパークが、なぜオールブラックスファン、そしてラグビーファンにとって神聖な場所かというと、ニュージーランド代表のオールブラックスは、過去8回行われたラグビーW杯で最多の3回の優勝を果たし、そのうち第1回(1987年ニュージーランド・オーストラリア大会)と第7回(2011年ニュージーランド大会)の決勝戦はここイーデンパークで戦い、栄光を勝ち取りました。
加えて、オールブラックスのラグビー国際試合はこのスタジアムで開かれているというのも大きいのかもしれません。
まさにオールブラックス&ラグビーファンにとっての聖地なのです。

バックステージツアーで、オールブラックスの熱気を感じる

イーデンパークで、オールブラックスの試合に限らず、ラグビーの試合を観戦できれば、それは最高の体験ですが、試合がない日(※)も十分にオールブラックスやラグビーの熱気を感じることはできます。
それが、イーデンパークのスタジアムを見学するバックステージツアーです。
専門スタッフの案内でイーデンパークの歴史や最新設備について知り、何よりも一般的に入ることが出来ない場所にも入れて、例えば、選手らが利用するロッカールームやシャワー室、選手がフィールドへと向かう際に通る通路(トンネル)、コーチ陣がその戦況などを見つ指示するコーチングシート、1室数百万円もするという企業向けの年間契約の観戦室などにも立ち寄り、W杯の優勝トロフィー(レプリカ)をはじめ、ジャージーや記念碑などの展示室も見学します。
さらに、バックステージツアー参加の記念品のほか、イーデンパークのショップでの買い物が20%割引きになるおトクも。
約90分のバックステージツアーは、基本的に試合のない日(※)の月~金曜10時と14時、土・日曜の11時に、約90分のツアーが行われます。
※試合が行われる日だけでなく、試合の前後日、ニュージーランド祝祭日の行事が行われる日などは、バックステージツアーは催行されないません。
お申込みの際にご確認ください。
いかがでしょう。
イーデンパークのバックステージツアーに参加して、ラグビーの熱気を感じ、ラグビーの聖地を存分にお楽しみください。
JTBではオークランド発着のオプショナルツアーを多数取り揃えています。イーデンパークのバックステージツアー観光などなど。参考まで、ぜひご覧ください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

高木 信勝

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ