地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

オークランドへ帰ってきた。花とガーデニングの祭典「2017年 NZフラワー&ガーデンショー」

JTBニュージーランド
高木 信勝

緑と水の調和に癒されるウインターガーデン

ニュージーランドは、ガーデニングが盛んです。春の気配を感じると、多くの人々は庭先のガーデニングを始め、週末になると、ホームセンターのガーデニングコーナーは大変な混雑ぶり。街角や公園など町中では花々が溢れ、散歩やウォーキング、ランニングをしながら、花に彩られた町並みを楽しめます。そんなニュージーランドっ子が愛して止まない花とガーデニングの祭典「NZフラワー&ガーデンショー」をJTB現地スタッフがご紹介します。

オークランドに帰ってきた南半球最大級の花の祭典

2017年のニュージーランド・フラワー&ガーデンショー(NZ Flower & Garden Show)は11月29日~12月3日、オークランドで開催されます。フラワー&ガーデンショーはニュージーランドで年に1度、行われてきた南半球最大級の花の祭典です。もともとオークランドで開かれていましたが、2008年にその会場をクライストチャーチへと移しました。ところが、2015年、財政難もあってクライストチャーチでの花の祭典は中止に。そこで2016年にオークランドで再びショーの開催を予定されましたが、結果的に延期され2017年の開催となったのです。
同フラワー&ガーデンショーは、オークランドから車で30分ほどのワイタケレにあるトラストアリーナ(Trust Arena)で、5日間(2017年11月29日~12月3日10~18時)に渡って行われます。ニュージーランドを代表するガーデニングやランドスケープデザイナー、海外からもデザイナーが訪れ、ガーデニングの魅力を紹介。100を超える園芸や花々のアートディスプレイがさまざまなカテゴリー別に紹介され、その美しさや華麗さを競います。主催者によると、会期中、熱心なアマチュアガーデナーや海外からのガーデンデザイナー、花や植物が大好きな人も含め、6万人以上の来場者を期待しているとのこと。入場料は大人1人NZ$30~40(予約手数料がかかります)です。3コースのランチが含まれるチケットも販売しています。

ニュージーランド・フラワー&ガーデンショー(NZ Flower & Garden Show)
http://nzflowergardenshow.co.nz/

春に訪ねたい植物園

NZフラワー&ガーデンショーは5日間で終わってしまいますが、春から夏にかけて訪れたいオークランドの植物園としては、イーデン山の麓にあるイーデン・ガーデン、市街地のオークランド博物館にあるウィンターガーデン(Domain Wintergardens)、郊外のオークランド植物園など花や植物を楽しむ場所はいくつもあり、年間を通して四季折々の植物が楽しめます。ウインターガーデンやオークランド植物園は無料で入園できるのがうれしいところ。園内のカフェでランチをするのもおすすめです。

イーデン・ガーデン(Eden Garden):
http://www.edengarden.co.nz/index.cfm

ウィンターガーデン(Auckland Domain Wintergardens (Public)):
http://www.gardens.org.nz/auckland-gardens/auckland-domain-wintergardens/

オークランド・ボタニック・ガーデンズ(Auckland Botanic Gardens):
http://www.aucklandbotanicgardens.co.nz/visit-us/

色鮮やかなウィンターガーデン

ニュージーランドにはもうすぐ春がやってきます。フラワー&ガーデンショーに行くチャンスがなくても、花々を愛で、美しいイングリッシュガーデンを訪ねてみてはいかがでしょう。JTBでは、オークランドでは個人宅のプライベートガーデンを訪れてモーニングティを楽しみ、その後、オークランド植物園を訪れる現地発着ツアーもご用意しています。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

高木 信勝

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB