ニュージーランド旅行前に知りたい季節と気候、服装

JTBニュージーランド
メェ子

南半球に位置するニュージーランドは、ご存じのように、日本とは季節が逆となり、1月、2月は夏の盛りです。ニュージーランドは全体として温暖な気候。ニュージーランド旅行の基本情報のひとつでもある、季節と気候、服装についてJTB現地スタッフがご紹介します。ニュージーランド旅行の参考にしてください。

ニュージーランドにも四季があります。

季節と気温



南半球と北半球の違いはありますが、ニュージーランドは四季があるという点で日本と似ています。春は9~11月、夏は12月から2月、そして秋(3~5月)、冬(6~8月)を迎えます。全体的に温暖な気候で、ニュージーランド北部地域は亜熱帯に、南部は温帯に属しています。もっとも、日本と比べて、季節による温度変化はそれほど大きくありません。ただ、ニュージーランドも細長い島国。北部と南部の地域ではその気温差があるため、北島と南島の両地域を旅する場合には留意したいところ。北島の北部では凍えるほどの寒さにはならず、南島へと南下するほどに気温が低くなります。

例えば、夏真っ盛りの1月の平均最高気温/最低気温を見ると、北島のオークランドは23度/15度程度、南島のクライストチャーチは23度/12度程度、クイーンズタウンは22/10度程度。一方、7月の平均最高気温/最低気温は、順に15度/7度程度、11度/2度程度、8度/-2度程度です。ただし、南部の高山地帯は冬に-10度ぐらいまで気温が下がることもあります。また、1日の気温差が激しいというのもニュージーランドの気候の特徴。「1日のなかに四季がある」とも言われ、朝晩は冷えますので、羽織るものをもって、重ね着することをおすすめします。

日照時間と紫外線



旅行者としてはとりわけ日照時間が長いのはうれしいもの。ニュージーランドの多くの地域では日照時間が年間2000時間を超えます。サマータイム制度(日本との時差は通常+3時間、夏は+4時間)を導入しているため、夏の太陽が沈むのは21時頃を過ぎてから。屋外で過ごす時間が増える半面、暗くなるとすぐに夜中近くになっているなんてこともあります。

日照時間が長いということは太陽の光を浴びる時間が長いということ。加えて他国よりも大気汚染度が低く、澄んだ空気は紫外線量を多く含んでいます。春から夏はもちろん、冬も季節に関係なく紫外線には注意が必要。帽子やサングラス、日焼け止めクリームは必携です。一方で年間を通して降水量は多め。全体としてニュージーランド北部から中央部にかけては冬に降水量が多く、南部では冬の降水量がもっとも少ないとされます。7月の平均降水量をみると、オークランドは145mm、クライストチャーチは68mm、クイーンズタウンは50mm程度です。

重ね着で温度差に備えよう



ニュージーランドを旅行する際、服装は重ね着が基本。総じて温暖な気候ではあるものの、1日のなかで大きな温度差があります。対策として重ね着できる服装と、ストールやマフラーなどを用意しておくと安心。とりわけ春と秋は朝晩冷え込みますので、夜出かける際は十分に注意が必要です。長袖シャツやTシャツに、薄手のダウンやジャケットなどを重ね着して温度調整したいところ。また春は天気が急に変わって冷たい雨が降ることもあり、雨具の準備も忘れずに。

夏は雨が少なく、お天気の良い日が続きます。日差しは強いものの湿度が低いため木陰などに入れば涼しく、過ごしやすいと思います。Tシャツ、女性ならカーディガンや夏用のショールを用意しておくと安心です。冬は雨がちです。南島の山間部や南部地域を除く都市や地域では凍えるほど寒いということはありませんが、寒さ対策は必要です。下着の重ね着、ダウンジャケットやコート、マフラーや手袋などの準備を。南島平野部では雪はそれほど降りませんが、山間部はよく雪が降ります。

ここで紹介している気温や降水量などは目安ですので、ご旅行前に天気予報サイトなどを確認されることをおすすめします。

JTBでは、ニュージーランドの主要都市発着のオプショナルツアーなど各種プランをご用意しています。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

メェ子

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ