お世話になった上司への退職祝いに | 商品券・旅行券ならJTBギフトシリーズ

お世話になった上司への退職祝いならJTBギフト。大切な人にかけがえのない思い出と幸せを。
JTBギフトのギフト券であなたの気持ちをお届けくださいませ。

お世話になった上司の退職祝いに

うちの名物部長も今年で65歳
有志を募って退職祝いにプレゼントを!
と思ったらチーム全員の参加になりました。
その分、いいところで美味しいもの食べて、
奥さまとゆっくり過ごせると思います。笑

ちょっとは
奥さま孝行してくださいね。
お疲れさまでした!

たまには会社に顔を出してくださいよ!
みんな待ってます!

贈り方いろいろ!想いを届ける+アイデア

JTBナイスギフトに

ボックスタイプ ラッピングで
キモチをプラス!

見本

ボックスタイプラッピング(有料:110円 税込)をプラスして特別感を。

ラッピングについて詳しくはこちら。

ラッピング
包装・熨斗紙・掛け紙

見本

熨斗紙をかけて。

お世話になった上司には、
より丁寧に感謝の気持ちを伝えたいから
熨斗紙をかけて名入れを。

熨斗紙について詳しくはこちら。

ラッピング
包装・熨斗紙・掛け紙

見本

「喜ばれる」ものと「選んではいけない」もの

お世話になった上司・先輩などが退職されるとき、感謝の言葉とともに気持ちを込めた贈り物があると、とても喜んでいただけます。これまでは花束やプリザーブドフラワー、食器、時計などが好まれていましたが、最近では最終出社日にもお渡しできるように「かさばらず」「重たくない」旅行券や商品券も選ばれているようです。目上の方に贈る場合は熨斗をかけ、表書きは「御退職祝」「御礼」とするのが良いでしょう。一方、下着や靴下といった「下に着ける」ものや、「踏みつける」を想起させる履物やマットなどは避けなくてはなりません。

退職祝いの相場

「退職祝いはどのくらいの金額のものを贈ればいいの?」 そう悩まれる方も多いかもしれません。一般的には退職祝いは贈られる方との関係や役職を考慮する必要があり、特に長年勤めて定年退職をされるような方にとっては一生に一度の贈り物となります。そのため、個人で贈る場合は3,000〜5,000円、同僚と一緒に贈る場合は10,000円〜30,000円が相場となっているようです。なお、退職される方が同僚の場合は3,000円〜5,000円、ご両親の場合は10,000〜30,000円ともいわれてますが、あくまで目安であり、金額に関係なく贈られる方に喜んでいただけることが大切です。

今回贈ったのはこのギフト!

商品券、ギフトカードのナイスギフト