地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

3分で攻略!マリーナベイエリア初心者ガイド2016年版


JTBシンガポール支店

シンガポールに来たら絶対に訪れるマリーナベイエリアには、マーライオン像からマリーナベイサンズ、ガーデンズバイザベイなどなど、シンガポールのハイライトとも言える観光地がたくさん!よくよく散策してみると、これ以外にも見所がたくさんあるのがマリーナベイエリア!せっかく訪れたのに、見逃ししてしまった!ということがないように、このガイドでしっかりマスターしておきましょう!

まずは王道のマーライオンに行ってみよう

最初はもちろんシンガポールのシンボル、マーライオン。マリーナベイエリアの陸側に位置しています。時間帯によっては、ツアー観光客で周辺がいっぱいになることもありますが、それがまた人気No.1の観光地であることを物語っています。マーライオンは湾側を正面にしていますので、近くのデッキを使って正面に回り込みましょう!きっと素敵な写真が撮れますよ♪様々な写真の撮り方が紹介されていますので、それらを参考に、事前にポーズを考えておくといいですね!

ちなみに、時期によってはマーライオンがライトアップされたり、過去には周りに足場を組んで、ホテルになったこともあるんですよ♪そんなマーライオン、実は年に3回程度、清掃のために周りを柵で覆われ、見ることができない時期があります。訪問の際は最新の情報にご注意下さい。

アクセス:
MRT EW線またはNS線Raffles Place駅から徒歩5~10分、マーライオン公園内
オフィス街は道が分かりにくくなっていますので、地図はお忘れなく。

金融街を背に、悠々と水を吐き出すマーライオン(大)

影の主役?ミニマーライオン

大きなメインのマーライオンと写真を撮ったら、お次はそのすぐ裏、ミニマーライオンへ。忘れてはいけません、こちらも大人気で、大小2つで1つと言ってもいい素敵な組み合わせ♪メインのマーライオンよりも近くで写真を撮ることができるのが、ミニマーライオンの特徴。なぜだか顔が可愛く見えるのは私だけでしょうか。ほぼ真後ろにありますので、アングルによってはメインのマーライオンと一緒に撮影することも可能です♪

アクセス:
MRT EW線またはNS線Raffles Place駅から徒歩5~10分、マーライオン公園内。
メインのマーライオンのすぐ後ろです。

どこから見ても美しい、マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)

マーライオンを見ていると視界に入ってくるのは巨大な建築物。そう、これがマリーナベイサンズです。今から5年以上前にとある有名CMでこのプールの映像が流れ、シンガポールに行ってみたい!と思った方も多いのではないでしょうか?このマリーナベイサンズは、2,500室以上ある超大型ホテル。その見た目もさることながら、周辺施設も楽しいものばかり。ショッピングにレストラン、そしてカジノまで。朝から夜中まで遊べるエリアです。

アクセス:
MRT CE線またはDT線Bay Front駅直結。
ちなみにCE線にはMarina Bay駅がありますが、少し離れた駅になっていますのでご注意を。

晴れた日のマリーナベイサンズ

夜景もやっぱりマリーナベイサンズ、ワンダーフルを楽しもう

光と水のショー、ワンダーフルを楽しもう

シンガポールの観光とは切っても切れない関係にある夜景観賞。あちこちでライトショーを実施していますが、やっぱりメインはここマリーナベイサンズ。ワンンダーフル(WONDER FULL -光と水のショー)では、毎日光と水(噴水)を使ったショーを実施しています。もちろん無料ですよ!この広大なマリーナベイアリアのどこからでも見ることができますが、大きく分けて2つの楽しみ方があります。

1、プロムナードのイベントプラザ(マリーナベイサンズ側)から見る、光と水のショー
噴水から放たれた大量の水に光で映像を投影していきます。音楽に合わせた13分間のショーです。

2、金融街側(マーライン側)から見る、光のレーザーショー
対して金融街側(マーライン側)からは、マリーナベイサンズの最上階付近から放たれるレーザーを中心とした、光のショーをお楽しみいただけます。広大なマリーナベイエリアを使用したショーは圧巻です。(写真上)

ともに見える景色は異なりますので、都合に合わせて参加してみましょう。なお、天候やイベント開催により中止になる場合もございますのでご了承ください。

場所:プロムナードのイベントプラザ(1番のショー)またはマリーナベイエリア周辺(2番のショー)
入場料:無料
開始時間:日曜~木曜=20:00、21:30の2回、金、土曜=20:00、21:30、23:00の3回
時間:約13分

マリーナベイサンズ展望台(スカイパーク)でシンガポールを見渡そう

マリーナベイサンズと言えば何を想像しますか?やっぱりあの有名なプールを思い浮かべるのでは?残念ながら、プール(インフィニティプール)は宿泊者のみ限定ですが、近くまで行くことはできます!その方法がマリーナベイサンズ展望台(スカイパーク)です。マリーナベイサンズの57階から見るシンガポールの街並みはまさに絶景そのもの!インフィニティプールも端のほうから覗けますよ♪

アクセス:
MRT CE線またはDT線Bay Front駅直結。
マリーナベイサンズ、タワー3の横にある専用エレベーターより上がります。
営業時間:月曜日~木曜日: 午前9時30分~午後10時、金曜日~日曜日: 午前9時30分~午後11時
料金:
大人23シンガポールドル
子供17シンガポールドル(2歳~12歳)
シニア20シンガポールドル(65歳以上)
2歳未満のお子様は入場無料です。
※2016年3月9日現在。最新の情報にご注意下さい。

 

マリーナベイサンズ空中庭園から見るシンガポールフライヤー

巨大な人工建造物ガーデンズバイザベイ(Gardens By The Bay)

ガーデンズバイザベイ、その規模は圧巻です。

マリーナベイサンズを堪能した後は、そのすぐ裏(ベイエリアと逆)にあるガーデンズバイザベイに行ってみましょう!日本では考えられない、巨大な人工建造物スカイツリーと植物のコラボレーションをお楽しみいただけます。中にはOCBCスカイウェイという空中回廊があるほか(有料)、夜にはライトアップショーも!

アクセス:
MRT CE線またはDT線Bay Front駅から徒歩5分。

マリーナベイサンズとヘリックスブリッジ

最後はちょっとレアな場所をご紹介!ツアーではなかなか組み込まれない場所ですが、このへリックスブリッジからのマリーナベイサンズの眺めは一味違います。マリーナベイサンズの横から見た姿もまた素敵ですよ!

アクセス:
MRT CE線またはDT線Bay Front駅から徒歩5分。またはマーライオン公園から、マリーナベイサンズを正面に左回り徒歩10分

  • オプショナルツアー(現地発着)
    SGD66.5~ ※目安=約5,682円~
    2015年7月に世界文化遺産に登録された国立蘭園、サンテック富の噴水、マーライオンパークなどを回るほか、世界最大級の観覧車シンガポールフライヤーへも乗車いたします!昼食は飲茶。シンガポールの見所を網羅したおすすめの市内観光。
  • オプショナルツアー(現地発着)
    SGD63~ ※目安=約5,383円~
    世にも珍しい動物園ナイトサファリ。 世界初、夜にだけオープンするというこの動物園の広大な敷地には約130種類2300頭もの動物が飼育されています。アフリカやアジアの地域から来た動物たちは、それぞれの動物たちが元々暮らしていた地域に近い環境で飼育されています。闇に潜む動物達との出会いは、普通の動物園と一味違います!

マリーナベイサンズは正面以外のアングルも美しいのです

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

JTBシンガポール支店

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB