地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シンガポールの観光情報

シンガポールの特集

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールでは年間の祝日が何日あると思いますか?10日間です。日本の祝日は現在、年間16日間ですので、少ない印象があるかもしれません。シンガポールの祝日は、この国が多民族、多宗教の国であることを思い出させてくれ、町が華やかな雰囲気に包まれます。シンガポールの祝日と、もうすぐやってくる春節(旧正月)について、JTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    旅行前に気になるのはお金のこと。シンガポールの通貨をはじめ、両替やチップ、現地の物価まで、気になるシンガポールの「お金」事情をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    今やマリーナベイ地区は、シンガポール滞在中に必ず1度は訪れたいスポットです。イベントが開催されていたり、新しい発見があったりと、いつも何か楽しみがあります。今回は、世界最大級、アジア最大の観覧車「シンガポール・フライヤー」をJTB現地スタッフがご紹介します。2008年に一般公開されて以来、シンガポールでもトップ10の人気を誇るアトラクションです。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    常夏の国シンガポール。年間を通して高温多湿、雨季と乾季があり、雨季にはスコールと呼ばれる短時間の激しい雨に見舞われます。スコール、気温、屋内の冷房、高級レストランやカジノ、宗教施設など、シンガポールの知っておきたい天気と服装、ドレスコードについてJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールは多民族、多文化国家です。中華、マレーシア、インド、アラブ、そして英国と、様々な文化が入り混じっています。当然、食文化もしかり。美食の国シンガポールを訪れたら、絶対食べたい、食べないと後悔するシンガポールの名物料理が数々ありますが、その中から5品を現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    今やシンガポールでぜひとも訪れたいスポットとなった一大エンターテイメント観光施設マリーナベイ・サンズ。「屋上展望デッキの絶景プールからシンガポールの摩天楼を見下ろしたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。カジノ、劇場、ミュージアム、地上200mの絶景プールまで、マリーナベイ・サンズの設備を紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    旅先でのお土産選びは、時に大変と思えることもありますが、やはり楽しいものです。家族へ、同僚へ、友人へ、そして自分へのお土産も!数あるお土産グッズや食品の中から、「これなら間違いない!」と思えるシンガポール土産TOP5を現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    星の数ほどホテルが点在するシンガポール。世界的に展開するホテルチェーンから、リーズナブルなホテル、ブティックホテル、歴史的な建造物を改装したホテルも。これらの中から5選を紹介するのは、ある意味至難の業ですが、泊まってみたいシンガポールの人気ホテル5軒を選び、特におすすめのポイントを紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの一の繁華街がオーチャード・ロード周辺に広がっているのですが、一歩裏手に入れば、閑静な住宅街になっています。表の通りとは打って変わって、そこには、周辺住民の憩いの場になっている公園やおしゃれなカフェ、ローカルフードの美味しい店があります。今回は、地元住民ならではのお散歩コースをご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    オーチャード地区より車で10分ほどの郊外にあるシンガポールのオシャレタウン「デンプシー・ヒル(Dempsey Hill)」。可愛い雑貨店やカフェ、バー等が立ち並ぶ街並みの中に「ピーエスカフェ(PS.Cafe)」という有名なカフェがあります。今回はそんなピーエスカフェの魅力を皆様にお伝えいたします!


  • JTBシンガポール支店

    物価が高いシンガポールは、観光も一苦労?!ちょっと待ってください。お金をかけずに楽しむことができる観光地シンガポールにはありますよ!


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの国民的なフルーツドリアンの魅力&食べ合わせなどなどについてご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール内のゆっくりお散歩してみたくなるような場所をご紹介します。観光やショッピングだけではないシンガポールの魅力をお届します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールに来たけれど、セントーサ島も、マリーナベイサンズも、三大動物園も、リトルインディアも、チャイナタウンも、アラブストリートも既に訪問済! 何かほかに訪問箇所は?!という方は、シンガポールからアイランドホッピングしてみませんか?!一味変わったコニー島&ウビン島をここでご紹介したいと思います。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールに来る目的は、市内観光や豊富な種類の食事、ホテルステイなど様々ですが、週末ステイや1週間程度の長期ステイをする方に人気なのがゴルフです。日本から6時間、ちょっと離れた常夏の国で優雅にゴルフなんて夢のようですよね。今回は、そんな皆さんの夢を至福の時で迎えるゴルフ情報をお伝えします♪


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールに来たけれど、セントーサ島も、マリーナベイサンズも、三大動物園も、リトルインディアも、チャイナタウンも、アラブストリートも既に訪問済! 何かほかに訪問箇所は?!という方は、シンガポールからアイランドホッピングしてみませんか?!本島南方に浮かぶ島々のサザンアイランド(Southern Islands)から行きやすい島を数島ご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    アジアのコスモポリタン・シンガポールでは、東南アジア各地の料理をはじめとするローカルフードはもちろんですが、世界の有名シェフによってプロデュースされたレストランも多数!シンガポール定番の観光スポット内にありながらも、観光も一流シェフの食事もダブルで楽しめるミシュラン星付きレストランをご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    世界中どこにでもあるコンビニ。しかし、売られているものは、国によって全然違います。限られたシンガポール滞在時間、軽食やお土産購入に、コンビニを有効活用してみてはいかがでしょうか。


  • JTBシンガポール支店

    プラナカン文化をご存知ですか?シンガポール・ペナン・マラッカの文化が融合し、マレー半島で栄えた文化です。プラナカン文化で使われていた美しい食器類は、カラフルな色合いで日本人女性に大人気です。


  • JTBシンガポール支店

    MRTのBras Basah駅周辺は、教会や美術館がたくさんあり、一度にシンガポールの歴史を学べるスポットになっています。今回は、Bras Basah駅周辺を散歩しながら、シンガポールの歴史や文化に触れてみました。


  • JTBシンガポール支店

    世界中に衝撃を走らせた、57階建の高層ホテルの上に船が乗ったマリーナベイサンズホテルに始まり、ユニークな近代建築物が溢れるシンガポールの街。台風、地震、津波の心配がない地理的に非常に恵まれた位置にあることから、日本よりもはるかに建築規制の自由度は高いです。目を奪うような奇抜で面白い建物を、ぜひ見て、入って、そして撮って楽しんでみてください!


  • JTBシンガポール支店

    自然が少ないと言われるシンガポール。確かに、道路も街路樹も全てが整理され、近代的なビルが立ち並び、国全体が統一されていいます。マウントフェーバー(Mount Faber)は、そんな統治されたシンガポールならではの、近代と自然が融合したハイキングコースです。少し早起きして、健康的なシンガポールの午前中を満喫してみませんか?


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール内のゆっくりお散歩してみたくなるような場所をご紹介します。観光やショッピングだけではないシンガポールの魅力をお届します。


  • JTBシンガポール支店

    ランニングが毎日の日課というあなた!でも旅行中はしょうがないか...とあきらめていませんか?ホテルのジムにこもらずとも、安全なシンガポールの街は時間帯さえ選べば、快適に、そして異国ならではの雰囲気を味わいながらランニングをより一層楽しむことができます。観光客でも迷子になることのない厳選5コースをご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    チリクラブ、チキンライス、サテ、ホッケンミー・・・シンガポール旅行で外すことのできないローカルフードを食べ尽くすなら、「マカンスートラ・グラットンズ・ベイ」がおすすめ!ローカルグルメ紙がプロデュースした屋台村には普段行列が並ぶような人気店が集約されており、B級グルメを堪能するには間違いのないスポットです。


  • JTBシンガポール支店

    マリーナベイサンズの展望スカイデッキで、ヨガのレッスンが体験できるのをご存知ですか?シンガポールの日の出を鑑賞しながらの朝活は 心も体もリフレッシュできます。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールに来たら絶対に訪れるマリーナベイエリアには、マーライオン像からマリーナベイサンズ、ガーデンズバイザベイなどなど、シンガポールのハイライトとも言える観光地がたくさん!よくよく散策してみると、これ以外にも見所がたくさんあるのがマリーナベイエリア!せっかく訪れたのに、見逃ししてしまった!ということがないように、このガイドでしっかりマスターしておきましょう!


  • JTBシンガポール支店

    日本には少ないテラス席が多いシンガポール。せっかく年中あたたかい国へ訪れるので、気持ちのいい場所でカフェを楽しみたいですよね。そんな方に、テラス席があるカフェ・バーが多いエリアをご紹介いたします。


  • JTBシンガポール支店

    JTBオリジナル、限定販売品のマーライオン&ハローキティーのりチップスや、ご当地キューピーの決定版、マーライオンキューピーなどオリジナリティーあふれる商品は絶対おすすめ。 また、かさばるお酒類や植物検疫などの関係で持込ができないトロピカルフルーツもJTBの宅配サービスなら心配ご無用!!日本のご自宅や、その他指定の場所にお届けいたします。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    2015年11月末にオープンしたナショナル・ギャラリー・シンガポールへ行ってきました。MRTシティホール駅からも至近で、アクセスも抜群。東南アジア最大の現代アートの美術館で、シンガポールと東南アジアの現代アートにフォーカスしています。歴史的建造物と現代建築が融合したシンガポールらしさを感じるギャラリーの外観もステキ。JTB現地スタッフがご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    その快適な空間に、自分が熱帯雨林気候帯にいることを忘れてしまうシンガポール。折角赤道近くまで来ているなら、日本とは異なる本来の南国らしい雰囲気を味わいたいもの。ただそうは言っても、時間や手間をかけられない...。そんな時は、シンガポール本島から離れて、フェリーで向かうウビン島へ半日プチトリップがおススメです!


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール初のユネスコ世界遺産として登録を受けたシンガポール植物園(Singapore Botanic Gardens)。52ヘクタールの広大な園内の見どころは、蘭園だけではありません!早朝の「太極拳」や夕暮れの「野外コンサート」など、ローカルシンガポーリアン風のちょっぴりコアなボタニックガーデンの休日の過ごし方を紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    高層ビルが並び、洗練された都市国家のイメージの強いシンガポール。そのイメージを覆すディープなB級スポットがあることはご存知でしょうか。その名は「ハウパーヴィラ」。一度訪れたら、その異様な光景がきっと脳裏に焼きつくことでしょう...。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールでアジアン雑貨ショッピングを楽しめるところといえば、ホランドビレッジです。雑貨類のショップが充実していて、居心地のよいカフェやレストランも集まっています。シンガポールに暮らす人々、とりわけ在住欧米人や日本人にも人気のホランドビレッジをJTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールを訪れたら、ぜひ一度は行ってほしいのがホーカーです!早朝から夜遅くまで、年中無休で営業するホーカーは、シンガポール人の胃袋を満たしてくれる強い味方。安くて美味しくて、味のバリエーションも豊富なホーカーとその定番メニューからおすすめの品5選をJTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    交通網が発達して旅行者も移動しやすいシンガポールですが、もっと便利だったら...と思うことはありませんか?例えばタクシースタンドに並んで順番が来るのをずっと待っている時や、路線バスでもっとお得に旅したいのにいまイチ利用法がわからない時...。そんな時のお役立ちアプリがいろいろとできています。中でも簡単で旅行者にも使いやすいおすすめのアプリを、JTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールが世界に誇るチャンギ国際空港は、その使い勝手の良さとともに、空港のターミナルに滞在することが楽しくなるような設備が揃っています。突然の飛行機の遅延などで空港ターミナル内で待たなければならない時にも退屈することなく、楽しく便利に過ごすことができるはず。チャンギ国際空港の"お得"と"便利"をJTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールに待望の世界遺産が誕生しました。シンガポール初となる世界遺産は、市街地中心部にある都会のオアシス、シンガポール植物園(Singapore Botanic Gardens)です。JTB現地スタッフが世界文化遺産「シンガポール・ボタニックガーデン(シンガポール植物園)」を紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールから日帰りで行けるインドネシア領ビンタン島が、これまで以上に気軽に出かけられるビーチリゾートになりました。日本国籍のパスポート所持者は、観光目的でビンタン島を訪れる場合、到着ビザとビザ取得料(Visa Fee)が不要となりました。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの代表的な観光地といえばここセントーサ島!その中でもリゾート・ワールド™・セントーサはユニバーサル・スタジオ・シンガポール、シーアクアリウム、アドベンチャーコーブウォーターパークといったアトラクションから、ホテル、カジノ、レストランといった施設までが集まる巨大統合型リゾート!1箇所で何でもそろっちゃうリゾート・ワールド™・セントーサをご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    きらめく夜景はシンガポールの代名詞。今回は、JTB現地スタッフが厳選した「夜景を楽しむシンガポールの高い所ベスト5」をご紹介します。市街地を一望にし、光り輝く夜景を見に高い所へ行こう!

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    赤道直下の国シンガポールはフルーツ天国。生活の身近なところにたくさんのフルーツがあって、おやつにスナックのようにして食べられます。日本で買うととても高価な果物であっても、シンガポールではとてもお安い!今回は、JTB現地スタッフが、シンガポールに来たら絶対食べたいフルーツ5選を紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    中秋節といえば、欠かせないのが月餅。中秋節の1カ月ほど前から町中至る所で月餅を目にします。焼きタイプと生タイプのほか、スターバックスやハーゲンダッツ、洋菓子店やカフェなどによるアレンジの利いた楽しい、ユニークな月餅も登場。JTB現地スタッフがシンガポールの月餅をご紹介。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールと言えば、マーライオン。シンガポールとマーライオンは切ってもきれない関係にあります。旅行中、マーライオンを見かけるチャンスはたくさん。シンガポールにはいったい何頭のマーライオン像が存在するのだろう? JTB現地スタッフがマーライオンを探しに町へ繰り出しました!

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    2015年、シンガポールは建国50周年(SG50)を迎え、お祝いムードに包まれています。マリーナベイ地区の宇宙船のようなホテルや、最新の未来的な植物園など、何をするにもその徹底ぶり(!?)が何かと話題のシンガポール。「SG50」関連の主なイベントや祭り、お得情報をJTB現地スタッフがご紹介!

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールはスイーツ天国。暑い国ですので、やはり気軽に食べられる冷たいスイーツは定番です。せっかくシンガポールに来たのだから、この国ならではのスイーツはぜひとも食べてみたいもの。独断と偏見で、絶対食べたいシンガポールスイーツを紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールの世界最大級の水族館、シー・アクアリウム内の癒やしスポットをJTB現地スタッフがご紹介!セントーサ島の人気スポット「マリンライフパーク」内にあり、癒やしを求める大人向けの水族館をご案内します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールの多くの建築物やビル建設では、風水がとても重要な役割を果たしています。風水によって建物の位置や角度、形などを決めて、強いプラスの運気をたっぷりと吸収しているのです。ここではサンテックシティ富の泉・シンガポールフライヤー・新加坡佛牙寺龍牙院など、シンガポールのパワースポットを、JTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールでも一番人気のナイトサファリの魅力は、一般的な動物園のように柵やオリがなく、2500以上もの動物を野生に近い状態で展示していること。夜行性動物の生態を間近に見ることができます。昼間の動物園とはまったく異なるナイトサファリは、大人が存分に楽しめる動物園。ここではその楽しみ方をJTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    マリーナベイ地区の煌めく夜景は、シンガポールの大きな魅力です。滞在中、1度はうっとりするほどの夜景を楽しみながら、食事をしたり、カクテルやワインを楽しみませんか。食べて飲んで夜景が楽しめるルーフトップバーを中心に、大人向けのおすすめ夜のスポットをJTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールには、日本ではその対象にはならない行為が罰金の対象になることがあります。シンガポールを訪れる前に、ぜひ知っておきたい6つのルールをJTB現地スタッフが紹介します。これでシンガポール旅行中も安心です。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    多民族国家シンガポールの公用語は英語、マンダリン(北京語)、マレー語、タミル語の4言語です。ショップやレストラン、ホテルなどでは一般的に英語がよく使われますが、シンガポールの英語は、「シングリッシュ」と呼ばれるほど、独特の言い回しやアクセント、発音を含みます。ここではJTB現地スタッフが代表的なシングリッシュをご紹介しましょう。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    中華系の人々が全人口の7割以上を占めるシンガポールでは、春節(旧正月)はとても盛大な祝祭となります。この時期開かれるイベントをJTB現地スタッフが紹介。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールには、通りを一本入ると雰囲気ががらりと異なる、民族色豊かな街角がたくさんあります。今回は、アラブストリート(カンポン・グラム地区)とブギス地区界隈の見逃せない観光スポットをJTB現地スタッフがご紹介します。水タバコの煙と香水が漂うなかで、異国情緒を楽しみつつ雑貨ショッピングするのが、アラブストリートの魅力。最寄り駅ブギス駅周辺は地元の若者に人気のショッピングエリアでもあります。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールには、通りを一つ隔てると雰囲気ががらりと異なる、民族色豊かな街角が数多くあります。今回は、リトルインディア(インド人街)の見逃せない観光スポットをご紹介します。週末、民族衣装であるサリーを身にまとった女性がショッピングをしたり、家族連れで食事をする姿をよく見かけます。細い路地に入れば、スパイスやジャスミンの花の豊かな香りが漂います。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールには、海洋水族園マリンライフ・パーク、ナイトサファリなど、いくつかテーマパークがありますが、セントーサ島にあるハリウッド映画のテーマパーク「ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)」にも出かけてみませんか。ユニバーサルスタジオの行き方や日本のUSJにはないアトラクション、おすすめのお土産情報をJTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    チャンギ空港はシンガポール島の東に位置する24時間眠らない空港。今回はチャンギ空港からシンガポール市内ホテルへのアクセス方法をご紹介。シンガポールは交通機関がとても発達していて、市内へはMRT(電車)やタクシー、空港シャトルバスなど使って移動できます。それぞれの移動方法をみていきましょう。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    赤道直下のシンガポールにある海洋水族園マリンライフ・パーク。総水量世界一級を誇る水族館「シー・アクアリウム™」と、水のアドベンチャーパーク「アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク™」からなる一大海洋水族園です。シュノーケリングで魚たちを間近にみたり、全長620mの流れるプールがあったりと、驚きと楽しさ、そして涼しさいっぱいの水族館です。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールは観光スポットも豊富で買い物天国ではあるものの、残念ながら「世界遺産」は今のところありません。しかしお隣のマレーシアまで少し足を伸ばすだけで、2008年にUNESCO世界文化遺産に登録されたマラッカへ日帰りで行くことができるのです!ヨーロッパとアジアを結ぶ貿易の中継点として繁栄し独自の文化を創り出したマラッカ、実際にマイバスで行って来ました!


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの隣国マレーシアのジョホールバルに行ってみました。きっかけは「物価が高いシンガポールを離れて、ランチでも食べに行こう!」と軽い気持ちから。ところが予想外の大混雑で...

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポール名物で、日本人にもローカルにも大人気なのがチリクラブ。1匹丸ごと茹でたカニに、スパイシーなチリソースをたっぷりかけた逸品です。シンガポールの伝統の味をお楽しみください。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    おひとり様の旅先にシンガポールはいかがでしょう。町歩きで異文化体験しつつ、スパやショッピング、カジノを存分に楽しむ。アッと驚く建物群や遊び場、観光地や観光テーマがたくさんのシンガポールは、気軽に楽しむ一人旅にぴったり。多民族多文化国家の魅力と町の安全性、充実の公共交通機関は、一人旅を後押ししてくれます。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポール随一のナイトスポット、クラークキー。食事の後、ボートに乗ってシンガポールリバーからマリーナベイへ。高層ビル群やマーライオン、マリーナベイ・サンズといったシンガポールを代表する建物群の煌めく夜景が存分に楽しめます。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    自転車の横にサイドカーが取り付けられた乗り物、トライショーをご存じですか?シンガポール名物トライショーに乗って、リトルインディアなどディープな街角を巡ってみましょう!

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポール旅行者の目的で案外多いのは食!中国系、マレー系、インド系など様々な民族が入り混じっている国家だからこそ、多種多様な料理を楽しむことができます。それぞれ違ったよさがあるのでおすすめを聞かれてもいつも迷ってしまうのですが、今回は日本人なら1度は食べたい、ペーパーチキン超有名人気店「ヒルマン・レストラン/嘉臨門大飯店」をご紹介します!

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    英国生まれの最高級スパESPAは、オープン以来、業界でも高く評価され、セレブにも支持されています。シンガポール最大のスパ施設は贅沢な大人の癒やし空間。最高のスパトリートメントで至福の時を過ごしましょう。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールから簡単にアクセスできるマレーシア・ジョホールバル。シンガポールとは異なる雰囲気の町並みも魅力ですが、最新スポットは、子どもも大人も大好きなレゴのテーマパーク「レゴランド・マレーシア」と、「ジョホール・プレミアム・アウトレット」。シンガポールにはないアトラクションが魅力です。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    「車&日本語ガイドお貸出し」サービスのご紹介です。道路事情をよく知るドライバーと専属の日本語ガイドが案内するシンガポール観光。誰に気兼ねすることなく自分のペースで観光やショッピングが楽しめます。行きたいところ、したいことをガイドに伝えてください。効率よく行程を作ってご提案します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    かつてイギリスの植民地だったシンガポール。イギリスの伝統のアフタヌーンティやハイティーは、シンガポールでは独自に進化したかたちで楽しめるようになっています。たとえばビュフェスタイルになって点心やエスニックなど多国籍料理から豪華スイーツまで楽しめる内容だったり。そんなシンガポールのハイティー事情をご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    岡崎考治

    シンガポール発祥のセントグレゴリー・スパ。中国伝統療法を取り入れたマッサージがメインの施術は、根強い人気を誇ります。高級スパでの極上リラックスタイム。シンガポールに来たら、スパトリートメントは外せません。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    旅行口コミサイトの大手トリップアドバイザーで、シンガポールの観光名所1位は、シンガポール国立蘭園です。国花でもあるラン植物が約6万本も咲く蘭園は、観光客だけでなく地元の人々にも癒しの空間として人気です。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    しばし都会の喧騒を離れて、手付かずの自然が残るインドネシア領ビンタン島へと出かけませんか? 高級ホテルが点在し、マリンスポーツが存分に楽しめるビンタン島はシンガポールから日帰りで楽しめるビーチリゾートです。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポール生まれのカクテル「シンガポール・スリング」は、沈む夕日をイメージし、甘く濃いピンク色をした口当たりのいいカクテルです。この「シンガポール・スリング」を片手に、世界最大の展望観覧車シンガポールフライヤーに乗ることもできるのです。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    2012年のオープン以来大人気の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。高さ20~50mの人工の木「スーパーツリー」と2つの巨大ドーム、テーマ庭園など、押さえておきたいスポットの1つです。スーパーツリーを見上げながらゆっくりと散策しつつ、癒やしのひとときを楽しむには涼しい朝のうちに訪れるのもおすすめです。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    街角で垣間見る多様な文化はシンガポールらしさのひとつ。チャイナタウンやリトルインディア、アラブストリート、プラナカン文化が残されたカトン地区など、街角ごとに雰囲気はガラリと変わり、多民族国家シンガポールらしいチャンプル感に溢れています。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    マレー系の人々も多く暮らすシンガポールでは、豚肉とアルコールを忌避するイスラム教徒が安心して食べられるハラールフードが充実しています。日本ではあまりお目にかかれないハラール料理。シンガポールに来たら異文化食体験でハラール料理に挑戦してみませんか?

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    世界の富豪が注目するシンガポール。近年、不動産価格は高騰を続け、20~30億円の超高級邸宅も珍しくありません。駐在員らに人気のブキティマ地区やオーチャードロード近くのナッシムロード、外国人でも不動産購入できる唯一の地区セントーサコーブといったシンガポールの高級住宅街を紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    岡崎考治

    シンガポールにはテーマが異なる動物公園がいくつもあります。隣接する人気の高いリバーサファリ、ナイトサファリ、シンガポール動物園それぞれの楽しみ方をご紹介します。どこに行くか迷っている読者必読です。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    夜景を楽しめるディナーと言っても高層ビルのレストランではありません。なんと観覧車やケーブルカーに乗って光り輝く街並みを見下ろしながら食事できるのです。こんなことシンガポール以外では体験できません!名付けて「スカイダイニング」、それぞれの魅力に迫ります。

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB