地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シンガポールの観光情報

シンガポールで見る

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールでは年間の祝日が何日あると思いますか?10日間です。日本の祝日は現在、年間16日間ですので、少ない印象があるかもしれません。シンガポールの祝日は、この国が多民族、多宗教の国であることを思い出させてくれ、町が華やかな雰囲気に包まれます。シンガポールの祝日と、もうすぐやってくる春節(旧正月)について、JTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    今やマリーナベイ地区は、シンガポール滞在中に必ず1度は訪れたいスポットです。イベントが開催されていたり、新しい発見があったりと、いつも何か楽しみがあります。今回は、世界最大級、アジア最大の観覧車「シンガポール・フライヤー」をJTB現地スタッフがご紹介します。2008年に一般公開されて以来、シンガポールでもトップ10の人気を誇るアトラクションです。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    常夏の国シンガポール。年間を通して高温多湿、雨季と乾季があり、雨季にはスコールと呼ばれる短時間の激しい雨に見舞われます。スコール、気温、屋内の冷房、高級レストランやカジノ、宗教施設など、シンガポールの知っておきたい天気と服装、ドレスコードについてJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    今やシンガポールでぜひとも訪れたいスポットとなった一大エンターテイメント観光施設マリーナベイ・サンズ。「屋上展望デッキの絶景プールからシンガポールの摩天楼を見下ろしたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。カジノ、劇場、ミュージアム、地上200mの絶景プールまで、マリーナベイ・サンズの設備を紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの一の繁華街がオーチャード・ロード周辺に広がっているのですが、一歩裏手に入れば、閑静な住宅街になっています。表の通りとは打って変わって、そこには、周辺住民の憩いの場になっている公園やおしゃれなカフェ、ローカルフードの美味しい店があります。今回は、地元住民ならではのお散歩コースをご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    物価が高いシンガポールは、観光も一苦労?!ちょっと待ってください。お金をかけずに楽しむことができる観光地シンガポールにはありますよ!


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの国民的なフルーツドリアンの魅力&食べ合わせなどなどについてご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール内のゆっくりお散歩してみたくなるような場所をご紹介します。観光やショッピングだけではないシンガポールの魅力をお届します。


  • JTBシンガポール支店

    MRTのBras Basah駅周辺は、教会や美術館がたくさんあり、一度にシンガポールの歴史を学べるスポットになっています。今回は、Bras Basah駅周辺を散歩しながら、シンガポールの歴史や文化に触れてみました。


  • JTBシンガポール支店

    世界中に衝撃を走らせた、57階建の高層ホテルの上に船が乗ったマリーナベイサンズホテルに始まり、ユニークな近代建築物が溢れるシンガポールの街。台風、地震、津波の心配がない地理的に非常に恵まれた位置にあることから、日本よりもはるかに建築規制の自由度は高いです。目を奪うような奇抜で面白い建物を、ぜひ見て、入って、そして撮って楽しんでみてください!


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール内のゆっくりお散歩してみたくなるような場所をご紹介します。観光やショッピングだけではないシンガポールの魅力をお届します。


  • JTBシンガポール支店

    ランニングが毎日の日課というあなた!でも旅行中はしょうがないか...とあきらめていませんか?ホテルのジムにこもらずとも、安全なシンガポールの街は時間帯さえ選べば、快適に、そして異国ならではの雰囲気を味わいながらランニングをより一層楽しむことができます。観光客でも迷子になることのない厳選5コースをご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    日本とシンガポールは2016年、外交関係樹立50周年(SJ50)を迎えました。年間を通してさまざまな記念イベントや事業、キャンペーンなどの実施が期待されます。すでにSJ50記念として、シンガポールでは割引きや無料サービスなどがスタート。今後、映画祭やフードフェスティバルなども予定されています。


  • JTBシンガポール支店

    日本には少ないテラス席が多いシンガポール。せっかく年中あたたかい国へ訪れるので、気持ちのいい場所でカフェを楽しみたいですよね。そんな方に、テラス席があるカフェ・バーが多いエリアをご紹介いたします。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    2015年11月末にオープンしたナショナル・ギャラリー・シンガポールへ行ってきました。MRTシティホール駅からも至近で、アクセスも抜群。東南アジア最大の現代アートの美術館で、シンガポールと東南アジアの現代アートにフォーカスしています。歴史的建造物と現代建築が融合したシンガポールらしさを感じるギャラリーの外観もステキ。JTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    MRTダウンタウン線(DT Line)の延伸区間、ブギス駅~ブギバンジャン駅まで(12駅)が2015年12月27日、開業しました。これにより、延伸区間上にある、リトルインディア駅ではMRT北東線に、ニュートン駅ではMRT南北線に、ボタニックガーデンズ駅ではMRTサークル線にそれぞれ接続でき、中心部での移動がよりスムーズになりました。JTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールが世界に誇るチャンギ国際空港は、その使い勝手の良さとともに、空港のターミナルに滞在することが楽しくなるような設備が揃っています。突然の飛行機の遅延などで空港ターミナル内で待たなければならない時にも退屈することなく、楽しく便利に過ごすことができるはず。チャンギ国際空港の"お得"と"便利"をJTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールに待望の世界遺産が誕生しました。シンガポール初となる世界遺産は、市街地中心部にある都会のオアシス、シンガポール植物園(Singapore Botanic Gardens)です。JTB現地スタッフが世界文化遺産「シンガポール・ボタニックガーデン(シンガポール植物園)」を紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    きらめく夜景はシンガポールの代名詞。今回は、JTB現地スタッフが厳選した「夜景を楽しむシンガポールの高い所ベスト5」をご紹介します。市街地を一望にし、光り輝く夜景を見に高い所へ行こう!

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールと言えば、マーライオン。シンガポールとマーライオンは切ってもきれない関係にあります。旅行中、マーライオンを見かけるチャンスはたくさん。シンガポールにはいったい何頭のマーライオン像が存在するのだろう? JTB現地スタッフがマーライオンを探しに町へ繰り出しました!

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールでも一番人気のナイトサファリの魅力は、一般的な動物園のように柵やオリがなく、2500以上もの動物を野生に近い状態で展示していること。夜行性動物の生態を間近に見ることができます。昼間の動物園とはまったく異なるナイトサファリは、大人が存分に楽しめる動物園。ここではその楽しみ方をJTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    中華系の人々が全人口の7割以上を占めるシンガポールでは、春節(旧正月)はとても盛大な祝祭となります。この時期開かれるイベントをJTB現地スタッフが紹介。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    何度訪れても、毎回新たな楽しみや発見のあるシンガポール。想像力とスケールの大きさで他国を圧倒するシンガポールですが、ここではセントーサ島の楽しみ方をテーマ別にご紹介。セレブ感を味わう、スリルを味わう、癒されるなどテーマ別に見逃せないスポットをJTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールには、通りを一本入ると雰囲気ががらりと異なる、民族色豊かな街角がたくさんあります。今回は、アラブストリート(カンポン・グラム地区)とブギス地区界隈の見逃せない観光スポットをJTB現地スタッフがご紹介します。水タバコの煙と香水が漂うなかで、異国情緒を楽しみつつ雑貨ショッピングするのが、アラブストリートの魅力。最寄り駅ブギス駅周辺は地元の若者に人気のショッピングエリアでもあります。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールの大晦日は、マリーナベイ地区やセントーサ島シロソビーチなど各地でカウントダウン・イベントが盛大に行われます。シンガポールは2015年、建国50周年を迎えます。新年の幕開けを祝うカウントダウン・イベントは、建国50周年を祝うキックオフイベントでもあり、マリーナベイ地区では過去最大のカウントダウン・イベントになる予定です。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    クリスマスというと、ヨーロッパを思い浮かべる人も多いと思います。キリスト教徒が多く暮らす常夏のシンガポールでは、豪華なクリスマス・イルミネーションが楽しめます。シンガポールの目抜き通り、約2kmに及ぶオーチャードロードでの恒例のクリスマス・ライトアップは2014年は11月15日~2015年1月1日の間、行われることになりました。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポールには、通りを一つ隔てると雰囲気ががらりと異なる、民族色豊かな街角が数多くあります。今回は、リトルインディア(インド人街)の見逃せない観光スポットをご紹介します。週末、民族衣装であるサリーを身にまとった女性がショッピングをしたり、家族連れで食事をする姿をよく見かけます。細い路地に入れば、スパイスやジャスミンの花の豊かな香りが漂います。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールは観光スポットも豊富で買い物天国ではあるものの、残念ながら「世界遺産」は今のところありません。しかしお隣のマレーシアまで少し足を伸ばすだけで、2008年にUNESCO世界文化遺産に登録されたマラッカへ日帰りで行くことができるのです!ヨーロッパとアジアを結ぶ貿易の中継点として繁栄し独自の文化を創り出したマラッカ、実際にマイバスで行って来ました!

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    シンガポール随一のナイトスポット、クラークキー。食事の後、ボートに乗ってシンガポールリバーからマリーナベイへ。高層ビル群やマーライオン、マリーナベイ・サンズといったシンガポールを代表する建物群の煌めく夜景が存分に楽しめます。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    旅行口コミサイトの大手トリップアドバイザーで、シンガポールの観光名所1位は、シンガポール国立蘭園です。国花でもあるラン植物が約6万本も咲く蘭園は、観光客だけでなく地元の人々にも癒しの空間として人気です。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    2012年のオープン以来大人気の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。高さ20~50mの人工の木「スーパーツリー」と2つの巨大ドーム、テーマ庭園など、押さえておきたいスポットの1つです。スーパーツリーを見上げながらゆっくりと散策しつつ、癒やしのひとときを楽しむには涼しい朝のうちに訪れるのもおすすめです。

  • JTBシンガポール支店
    鈴木紀和

    毎年恒例のマーライオンの清掃作業。今年も3月中旬から回りをぐるりとフェンスで覆われ、清掃・修復されていましたが、3週間の作業を終え、4月8日から再びマーライオンパークにお目見えしました。一段と白さを増して、今日もシンガポールの青い空に輝いています!

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB