世界遺産と古城街道とビールの街バンベルク!

マイバス ドイツ
フランクくん

バンベルク

バンベルクの街の旧市街は世界遺産に登録されていますが、実は古城街道沿いにあり、風情のある落ち着いた街並みが今も美しく残っています。古城街道はドイツのマンハイムからチェコのプラハまで全長約1190㎞に渡り、街道沿いには約90の古城や居館が点在しています。

バンベルクの街

小さなベニス

街の中心をレグニッツ河が流れており、川沿いには小さなベニスと呼ばれている地区があります。かってはまずしかった漁師の家だったようですが、今もそのままの姿で残っており、可愛らしい家が建ち並んでいます。

小さなベニス

旧市庁舎

また、このレグニッツ河の中洲には旧市庁舎が建っていますが、バンベルク市の象徴的建造物となっています。

旧市庁舎

大聖堂

旧市街の中心には4つの尖塔を持つ大聖堂が建っています。もともとは11世紀建造ですが、火災のため現在の姿に再建されたのは13世紀。ドイツ中世彫刻の傑作や1500年頃にティルマン・リーメンシュナイダーの制作したハインリヒ2世とその妃クニグンデの墓石等を見ることができます。

大聖堂内部

居酒屋「シュレンケルラ」

バンベルクは燻製ビールで有名です。旧市街の中心にある居酒屋「シュレンケルラ」は歴史的な燻製ビールの醸造所でもあります。昔からのビールの製法が今でも守られています。

居酒屋「シュレンケルラ」

新宮殿

新宮殿(ノイエ レジデンツ)はかつてのバンベルク司教の宮殿兼仕事場で、庭園はバラ園となっています。現在はバンベルク州立図書館が入っています。

新宮殿

10月29日のオンラインツアーでは、美しい旧き街並みが今も残る世界遺産バンベルクの旧市街を、ヘルビックさんの楽しくわかりやすい歴史と共にお楽しみください!

この記事を書いたレポーター

フランクくん

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ