国内ウエディング Q&A

HOW_TO

誰もが初めてのことだから、挙式までのスケジュールに合わせてよくある疑問や質問を
まとめました。もっと詳しい質問はお気軽にJTBウエディングプラザ・デスクまで。

  • 挙式1年前〜
  • 挙式6カ月前〜
  • 挙式3カ月前〜
  • 挙式1カ月前〜

【挙式1年前〜】国内ウエディングQ&A

Q1.国内リゾートウエディングのいいところって?

A.挙式をかねて、海外のような非日常的な旅行を楽しみながらも、日本ならではのきめ細やかなサービスが受けられます。パスポート要らずで言葉の心配もなく、万が一の病気の際も病院で健康保険が使える等、小さなお子様やおじい様、おばあ様も安心して参加いただけます。忙しいお友達も短い日程で参列しやすいのも魅力です。

Q2.いつから準備をすれば大丈夫?

A.1年くらい前からスタートして、半年前には具体的に申込みをするのが一般的。但し人気のチャペルの人気の時間やベストシーズンを確実に押さえるなら、1年前に予約するのがオススメです。逆に1ヶ月前でも、挙式場さえ空いていれば短い打合せ時間でも希望が叶えられるので、諦めずにまずはJTBウエディングプラザ・デスクまでご相談ください。

Q3.どんな地域で挙式が出来るの?

A.JTBでは多数のウエディング会社と提携しています。旅行会社だからこそ、旅のプロとして沖縄や北海道の多くの挙式場の他、京都和婚もご案内ができます。

Q4.リゾートウエディングは普通の結婚式より高い?

A.交通費や宿泊費で費用がかさむと思われがちですが、地元での結婚式よりもゲストの人数が少なくなりますので、その分パーティーにかかる費用もおさえられます。また、ご祝儀をいただく親族については、ゲストの旅費をどこまで負担するかは様々ですが、ご友人は各自負担が一般的です。ハネムーンも兼ねたウエディングであれば、トータル費用はさらに抑えられます。

Q5.挙式場を選ぶポイントは?

A.青い海と緑のガーデンのあるチャペル、空港から近いチャペル、移動が少ないホテル隣接のチャペル、プライベート感たっぷりの独立型のチャペル等、またゲストが多くなる場合はアクセスの良さや、ホテルやパーティー会場併設かどうかもポイントとなります。具体的に決まっていなくても、イメージ作りからお手伝いしますのでお気軽にご相談ください。JTBなら1社に拘らず、多数の挙式場から比較検討しておふたりにぴったりの挙式場がご案内できます。

Q6.おおよその総額はいくらぐらい?

A.エースJTBの「旅と挙式」なら、旅行・挙式場・基本の衣装・ブーケ&ブートニア・新婦ヘア&メイク・アルバムがセットになった旅行代金なので、計画が立て易くなっています。もちろん希望に合わせてグレードアップや追加のオプショナルプランのアレンジもできます。更に詳しいことはJTBウエディングプラザ・デスクにご来店・ご相談いただければ、お見積りを作成いたします。

Q7.挙式日選びのポイントは?

A.ブライダルシーズンの4〜6・10・11月の週末は混み合います。チャペルでの挙式なのでお日柄はあまり気にされない方も多くなっていますが、大安・友引は混み合います。全体の費用を抑えるには、旅行シーズンのゴールデンウィーク・夏休み・シルバーウィーク・お正月・春休み等をはずすと全体の費用がおさえられます。また何を優先したいかの希望を伝えましょう。JTBウエディングプラザ・デスクでは、旅行とトータルでアドバイスいたします。

Q8.挙式時間はどうやって決めればいい?

A.準備や移動にかかる時間も考慮して計画しましょう。また、挙式後のパーティーをちょうどランチや早めのディナーの時間になるように挙式時間を決めるのも方法です。

Q9.挙式前日にしか現地に行けないので、当日の流れを知りたい。

A.滞在中の過ごし方からウエディングの詳細等、出発までしっかりサポートいたします。現地到着後の挙式前日には、最終の確認や衣装チェックを行います。挙式当日は開始の約2時間前に会場にお越しいただき、新郎新婦のお支度とリハーサルを行い、本番を迎えます。 当日は会場のスタッフがエスコートいたしますのでご安心ください。

Q10.両親揃っての顔合わせも初めてだけど大丈夫?

A.現地に到着後、挙式前日に両家揃っての食事会がおすすめです。両家の距離もぐっと縮まり、挙式当日は和やかな雰囲気となり、現地滞在中に予想以上に両家が仲良くなったという例も多くあります。エースJTBでは前日の顔合わせに最適なディナーオプションをご予算に合わせて多数ご用意しています。出発前に計画しておくと、スムーズで楽しみも倍増です。沖縄の場合、6名様3室以上・2連泊以上で宿泊すると、前日の顔合わせに最適なディナー1回付(8名様まで宿泊人数分代金不要)です。その他アフターウエディングのオプションも多数ご用意しています。

Q11.挙式場はいつから予約できる?

A.挙式場にもよりますが、概ね1年前から予約可能です。長い間迷って、いざ申し込みをしようとしたら既に満員ということもよくありますので、いいなと思ったらまずはJTBウエディングプラザ・デスクにご来店しご相談ください。予約の際は必ずキャンセル規定も合わせてご確認ください。

Q12.一旦申し込んだ後、やむをえずキャンセルをする場合は?

A.契約後のキャンセルについては、「挙式日の何日前から何パーセント」というような取消料規定に基づいて、キャンセル料が発生します。取消料規定は挙式場、旅行、オプションなどそれぞれ異なりますので、必ず申込み時にご確認ください。

Q13.ウエディングフェア・ブライダルフェアって何をするの?

A.JTBウエディングコンサルタントとウエディング会社専任スタッフによる個別相談会などフェアによって内容は様々。旅行と一緒に挙式を相談できるので、全体像がイメージ出来ます。フェア当日に成約すると特典やプレゼントがあることが多いのも魅力のひとつです。具体的にイメージができ、ちょっとした質問も気軽にできます。JTBウエディングプラザ・デスクのフェア・イベント開催日はJTBウエディングのホームページでチェックをしてみてください。

【挙式6カ月前〜】国内ウエディングQ&A

Q1.家族や友人とは同じホテルにするべき?

A.ご家族と同じホテルなら連絡がとりやすく移動もスムーズなので、挙式の前日と当日は同じホテルにされる方も多いです。挙式会場から近いホテルが、移動が少なく便利です。挙式後は各々のスケジュールや希望に合わせて、思い思いの旅行もお楽しみください。

Q2.どうしても着たいドレスがある場合、持ち込みは可能?

A.沖縄・北海道ウエディングでは、挙式場により詳細は異なりますが、持ち込み料を支払うことでドレスの持ち込みも可能です。エースJTBの「選んでつくるウエディング」なら、ドレス代が含まれないプランもございます。ただし、シワになった場合のプレスサービスなどは素材によって現地では対応できいない場合もありますので、持ち運びには注意が必要です。

Q3.挙式後のパーティーは、どんなところでできるの?

A.沖縄・北海道では挙式後にそのまま、チャペル併設のパーティー会場やリゾート気分を満喫しながら宿泊のホテルにて。また京都和婚なら料亭にて、ゲストの人数が多ければ、ホテルにて着席でのコース料理や気軽な立食ブッフェスタイルもおすすめです。人数やご希望によりお選びいただけます。

Q4.現地でのパーティーはご祝儀、それとも会費制?

A.旅費はゲストに負担をお願いすることが多いので、パーティー費用は感謝の気持ちとして、おふたりが負担することも多いです。

Q5.パーティー会場を選ぶポイントは?

A.パーティー会場が併設しているチャペルは人気です。ゲストが多い場合は特に、挙式後、スムーズに移動でき便利です。その土地らしい旬の食材を使ったお料理や演出はゲストにも喜んでもらえます。

Q6.パーティーの時間はどれくらい?

A.挙式場の利用時間によって異なりますのでご確認ください。また、お色直しをする場合はスタート時間も異なります。挙式場からパーティー会場までの移動時間も計算しておくことも必要です。

Q7.パーティーでも引き出物を用意するべき?

A.せっかく遠方まで来ていただくので、感謝の気持ちとしてちょっとした贈り物をする方が多いです。ただし、一般的な地元での披露宴のように大きな引き出物は荷物になってしまうので、その地域らしいプチギフトのようなものがおすすめです。

Q8.リゾートウエディングに参加してほしい、ゲストへの伝え方は?

A.招待状を出す前に電話やメールなどで日程を伝えておけば、前広に検討してもらえます。交通費などを各自で負担してもらう場合も、あわせて伝えておくのがマナーです。出欠は招待状で返事をもうらうようにすれば、ゲストにも気を遣わせずにすみます。

Q9.ゲストは何人くらい招待したらいい?

A.各地からの直行便も多いので、ゲストをたくさんお呼びできることや、挙式翌日から思い思いのハネムーンを楽しめるのも国内ウエディングの魅力です。例えば、沖縄の場合、平均17.6名、新郎新婦を合わせると19.6名です(平成29年沖縄コンベンションビューロー調べ)。北海道の場合、平均12名、新郎新婦を合わせると14名です。

Q10.家族や友人の旅行手配はどうするの?

A.各自で手配される方もいらっしゃいますが、おふたりの担当をしているウエディングコンサルタントがまとめて承ります。挙式も旅行も窓口がひとつだと、急な日程変更やスケジュール調整もスムーズに対応ができるので安心です。親戚や友人に店舗のウエディングコンサルタントをご紹介いただければ、あとはウエディングコンサルタントがご本人と直接相談を承るのでスムーズです。

Q11.ゲストは全国各地から。出発地がそれぞれ違うゲストの旅行手配は?

A.旅行の手配もJTBにお任せください。全国各地の空港からのお得なパッケージをご用意しています。エースJTB「旅と挙式・同行者プラン」なら、異なる空港の利用でも、ご家族で同じお部屋に宿泊することも可能です。

Q12.年配のゲストを招待しても大丈夫?

A.沖縄の平均気温は22.7度と1年を通じて温暖な気候です。お料理は、沖縄の食材を使った健康長寿の秘訣がぎゅっと詰まったウエディングメニューです。また、北海道ではウエディングシーズンである6月は梅雨がなく、ベストシーズンの夏は札幌の平均気温7月 20.5度、8月 22.3度、9月 18.1度と過ごしやすい気候です。お料理は、北海道の旬の食材を使ったメニューが中心となりますが、事前に要望など承ることも可能です。言葉の心配もなく、体調が心配でも、健康保険証が使えるので安心です。

【挙式3カ月前〜】国内ウエディングQ&A

Q1.ウエディングオプショナルプランはどんなものがあるの?

A.フラワーアイテム・アルバム・フォトツアーなど、ご選択いただいたプランに含まれているアイテムのグレードアップから、含まれていないDVD(ムービー)やパーティプランなどの追加オプションまであります。まずご選択いただいたプランに含まれている内容を確認して、おふたりの希望にぴったりのものに仕上げていきます。

Q2.リハーサルメイクはやっておいた方が良い?

A.ヘアメイクさんとじっくり相談しながら納得のいくヘアメイクにすることができ、当日を安心して迎えられるのでおすすめです。髪質や長さによって希望のスタイルが難しい場合にも、代替案を考える余裕もあります。
エースJTB京都和婚なら、平日リハーサルメイク付きの嬉しいおもてなしもあります。

Q3.撮影したアルバムはいつ手元に届く?

A.現地滞在中にアルバムにまで仕上がり、現地で受け取れる場合もあれば、帰宅後数週間〜数ヶ月でお届けという場合もありますので、ご確認ください。ただし現地で受け取れるとしても帰りの荷物になってしまうため、発送を依頼したほうがラクです。

Q4.沖縄でのフリータイムはどんな過ごし方がおすすめ?

A.人気の水族館や世界遺産の首里城観光を楽しんだり、郷土料理・スイーツ・アメリカンなグルメを味わったり、優雅なホテルでリゾート気分を満喫したりと、アフターウエディングも充実です。滞在日数に余裕があれば、宮古島や石垣島の島めぐりもおすすめです。エースJTBでは、新郎新婦やゲストの滞在を満喫できたり、両家の絆が深まる多数のオプショナルプランをご用意しています。

Q5.北海道でのフリータイムはどんな過ごし方がおすすめ?

A.春〜秋ならレンタカーでのドライブがおすすめです。田園風景が広がる富良野・美瑛、日程に余裕があれば世界遺産の知床にも。またレンタカーを利用しない場合の観光は、札幌・小樽・函館がおすすめです。冬ならイルミネーションや食べ歩き、またスキーやスノーボードも楽しめます。

Q6.京都でのフリータイムはどんな過ごし方がおすすめ?

A.親族と一緒の観光が希望でしたら、京都オーダーメイド観光タクシープランがおすすめです。季節にあった京都の見どころをご希望に合わせてご案内します。8名まで乗車できるワゴンタイプに皆様で一緒に乗車すればぐ〜んとお得に、ゆったりと観光ができます。おふたりだけでハネムーンを楽しむなら、雰囲気の異なる大阪、ロマンチックな神戸の街もおすすめです。

Q7.妊娠しても、挙式はできる?

A.もちろん大丈夫です。国内リゾートウエディングはおめでた婚のカップルが多いのも特徴です。マタニティ用のウエディングドレスもご用意しています。京都和婚の着物は、美容師がお腹の負担にならないように上手に着付けをするのでご安心ください。帯は簡単なものを利用することがありますが、綺麗に着付けできます。体調には個人差がありますので、必ずお医者さんに相談をしてください。

【挙式1カ月前〜】国内ウエディングQ&A

Q1.両家の衣装はどうしたらいい?

A.沖縄ウエディングなら、沖縄の正装である「かりゆしウエア」がおすすめです。「かりゆし」とは沖縄の方言で「めでたいこと」「縁起の良いこと」を意味します。最近ではデザインや色も多く揃っていますので、お好みのものをお選びいただけます。一方がフォーマル、一方がリゾートというよりは、両家でイメージを揃えた方が集合写真も統一感が出て一段と華やかになります。集合写真をイメージしていただいて、どんな雰囲気にしたいか事前におふたりを通じて相談しておきましょう。
京都和婚は、お父様はモーニング、お母様は留袖をお召しになられる方が多いです。お父様はご列席様用の紋付をお召しになられる方もいらっしゃいます。ご列席者様に着物の方が多いと、集合写真も一層華やかになるのでおすすめです。もちろんレンタルをご用意できるのでご相談下さい。

Q2.料金の支払いのタイミングと方法は?

A.挙式場をお申込みの際にお申込みの店舗に、申込み金をお支払いいただき、残金は出発の1ヶ月頃前にお支払いただきます。(※一部のものは例外もあります。)方法は、来店にてお支払いいただく事も、お振込みでも可能です。

Q3.当日忘れてはいけない持ち物はある?

A.忘れ物をしても現地調達やレンタルなどで代用できるものも多くありますが、指輪だけは忘れないでくださいね。

Q4.雨や台風の場合はどうなるの?

A.経験豊富なウエディングコンサルタントが、できる限りの対応をいたします。万が一、台風が接近しても、現地で日時をずらして挙式やビーチ撮影をするなど、おふたりのご希望を伺いながら対応いたします。

Q5.打合せやリハーサルはどんなことをするの?

A.一般的には挙式前日に、当日のお仕度から挙式やパーティーまでの流れを確認したり、最終の衣装合わせを行います。

Q6.当日は誰かがずっと付いていてくれるの?

A.新婦につきっきりという訳ではありませんが、ヘアメイク、挙式のスタッフ、カメラマンと、それぞれのプロがおふたりのお手伝いをします。花嫁の身の回りのお世話や荷物などは、お友達や姉妹に手伝いをお願いしておくと安心です。