サン・テミリオン地域 (Jurisdiction of Saint-Emilion)

サン・テミリオンはボルドー市の東北東約35kmに位置し、ボルドーと並ぶワインの銘醸地である。ドルドーニュ川右岸の高台の土地は水はけがよく、温暖で湿潤な気候と相まってブドウ栽培に適している。そのため、古くからワイン製造が行われており、その始まりは、古代ローマ帝国の属領であった紀元前1~2世紀にかけてといわれる。現在もシャトー(ワイナリー)が点在するこのエリアは「1000のシャトーが立つ丘」と称される。ワインだけでなく中世の面影を残す街としても知られ、サン・テミリオンには7世紀以降にキリスト教徒によって建設された多くの建造物が残っている。中心部には、街の名前の由来となった聖エミリオンが隠遁生活を送った洞窟や、巨大な一枚岩をくり抜いて造ったとされるモノリス教会もある。1999年世界文化遺産に登録。

都市 サンテミリオン
カテゴリー 観光地 > 繁華街・町並み・散歩道・観光道路

基本情報

住所 Clocher de l'eglise Monolithe Place du Marché, 33330 SaintÉmilion
TEL/FAX (05)57552828 / (05)57552829
公式サイト http://www.saint-emilion-tourisme.com
最終更新日時 2018年09月13日

商品を探す

  • 出発地必須
  • 行き先必須
  • 出発日任意
  • 日数任意
    から
  • 金額任意
    から
  • キーワード任意

到着地を選択してください。

  • 人数必須
    大人
  • 出発地必須
  • 到着地必須
  • 日本出発日必須
  • 復路出発日必須
  • 座席クラス必須
  • 経由任意
  • 宿泊地必須
  • チェックイン必須
    チェックアウト必須
  • 部屋数必須
    1室目 大人 子供
    2室目 大人 子供
    3室目 大人 子供
    4室目 大人 子供
    子供[0-11歳以下]大人[12歳以上]
  • ツアー
    発着地
    必須 任意 任意

過去に見た施設