地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

グランド・キャニオンの本当の魅力を楽しむ渓谷内ハイキング


JTBラスベガス支店

帰りは登りになるのでハードさも倍増。体力の配分に気を付けて。

世界遺産グランド・キャニオンはコロラド川が侵食してできた高さ1,800mにもおよぶ峡谷です。コロラド川を挟んでサウス・リムとノース・リムに分かれています。中でもサウス・リムには複数のビューポイントがあり、無料シャトルバスも運行されるなどアクセスが便利なことから世界中から多くの観光客が大勢訪れています。サウス・リムのハイキングトレイルには複数のルートがありますが、その中で初心者でも楽しめると人気のブライト・エンジェル・トレイルの魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

ブライト・エンジェル・トレイルの装備は万全に!水も必需品

グランド・キャニオンをよく知るには、上から見下ろしているだけでは勿体ない!渓谷内のトレイルをアクティブにハイキングすることで本当の楽しさを発見できます。ブライト・エンジェル・トレイルのルートは、もともとはハバスパイ族が交易ルートとして開拓したルートです。下りるに従って岩壁の色が変化し足元の土の色が変わっていくのを見ているだけでも面白く、大自然の中にいるという実感と相まって心からリフレッシュした気持ちになれますよ。

グランド・キャニオンのトレイルは通常のハイキングとは逆で、スタート地点であるグランド・キャニオンの頂上からコロラド川へ下っていき、帰りは登りとなるのが最大の特徴。帰りの方がハードなので行きでは体力を温存しておくのがポイントです。

ブライト・エンジェル・トレイルの起点は、ブライト・エンジェル・ロッジの西側です。初心者でも歩きやすいコースですが、渓谷の大自然の中のトレッキングなので装備は万全にしていくことをおすすめします。靴は歩きやすい登山用のもの、服装は暑いときはTシャツ、日差し除けのための上着、サングラスや帽子も忘れずに持って行ってくださいね。水分補給のための水も必需品です。

グランド・キャニオンのトレイルポイントをいくつかご紹介します。トレイルの準備をする際に参考にしてみてくださいね。

1.5マイル(2.4km)レストハウス

片道約1~2時間、標高差342m、トイレと飲み水あり(夏期)

3マイル(4.8km)レストハウス

片道約2~3時間、標高差644m、飲み水あり(夏期) ※トイレはないので注意

インディアン・ガーデン(7.4km)

片道約3~4時間半、標高差933m、トイレと飲み水あり(通年)

プラトゥー・ポイント(9.8km)

片道約4~5時間半、標高差939m

体力や経験に合わせて目標を決めましょう

足の裏でアメリカの大地の雄大さを体感!

グランド・キャニオンのトレイルをスタートすると、スイッチバックの道が続きます。しばらく歩くとまもなく2つの砂のトンネルに遭遇。これを超えると勾配が急になります。それでも目に飛び込んでくるのはただただ絶景。いくつもの崖が遠くの方まで連なりとても幻想的で、地球のど真ん中にいるかのような気分になります。ぜひ景観も楽しみながら歩いてみてくださいね。

9.8kmのプラトゥー・ポイントまで行けばコロラド川を見渡すことができます。登りは下りの倍時間がかかるとも言われいるので、プラトゥー・ポイントまでを日帰りで往復することは禁じられています。必ずロッジで1泊して戻ってくるようにしましょう。3マイル(4.8km)地点までであれば行けますが、日が昇ると想像以上に体力を奪われるため、早朝に出発し昼までに戻ってくるのがおすすめです。

こんな風に書いてしまうと初心者の方が尻込みしてしまいそうですが、レベルにあったハイキングができますので心配ご無用です。最初の1.5マイルのレストハウスまでの往復を歩くだけでも十分グランド・キャニオンハイキングを堪能できますので、砂漠の植物や下るとともに色が変化していく崖の様子を間近に見ながら、足の裏でもアメリカの大地の雄大さを感じてくださいね!

ガイド同行のハイキングツアーなら初心者も安心!

ブライト・エンジェル・トレイルは世界中の自然ファンに人気があり、ラスベガスを起点にした1泊2日のツアーも多く用意されています。ツアーならグランド・キャニオン国立公園の公式ガイドが同行するので初心者でも安心して楽しむことができますよ。グランド・キャニオンの歴史や自然についても詳しくガイドしてくれるので、グランド・キャニオンについての知識を深めることもできます。

グランド・キャニオン国立公園内のロッジに宿泊してサンセットとサンライズ両方を見るのはここでしかできない体験。グランド・キャニオンに沈み、そして翌日再び昇ってくる太陽・・・日本では見られない雄大な光景は涙が出るほどの感動で、心が震えます。自然の美しさが日々の忙しさを消し去り、最高のリフレッシュをもたらしてくれるでしょう。

数百万年かけて作られたグランド・キャニオンの雄大な自然をハイキングなどで目いっぱいアクティブに体感し、日頃抱えているストレスを吹き飛ばしてしっかりとリフレッシュしてくださいね!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

JTBラスベガス支店

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB