平井理央のスポーツ大陸探検記

新たにスタートする、平井理央さんによるコラム「スポーツ大陸探検記」。
これまで、テレビキャスターとしてスポーツ番組やスポーツ中継等を務めた平井さんによる独自な視点で、スポーツの楽しさを伝えていきます。
  • Vol.5

    パラスポーツイベントレポート

    リンク

    2019.04.09

  • 「あすチャレ!運動会 日本一決定戦!」
    スポーツ好きな方でも、パラスポーツというと見たことがなかったり、少し距離を感じたりする方が多いのかなと思う。かくいう私もそうでした。でも初めてパラリンピアンにインタビューしてから、パラリンピックに興味を持ち、リオ2016大会は現地で観戦したり、仕事としてイベントに携わったり、趣味として観戦しているうちに、今ではその魅力を伝えたいと思うようになりました。

    >>>つづきはこちら
  • Vol.4

    「AKATSUKI FIVE」 インタビュー

    リンク

    2019.03.01

  • B.LEAGUE(以下、Bリーグ)が発足して3年が経ち、アリーナスポーツの成功例としても語られ、認知度が高まるとともに人気が上昇しつつあるバスケットボール。バスケ界のトップアスリートたちは、この現状を、どう感じているのか。FIBAバスケットボールワールドカップ2019出場を懸けた、アジア地区2次予選Window6を直前に控えたなか、FIBAバスケットボールワールドカップ2019(以下、ワールドカップ2019)、そして東京2020オリンピックへの思いを日本代表の篠山竜青選手(川崎ブレイブサンダース)、比江島慎選手(栃木ブレックス)、田中大貴選手(アルバルク東京)にうかがいました。

    >>>つづきはこちら
  • Vol.3

    銭谷欽治専務理事へインタビュー

    リンク

    2018.12.28

  • 日本バドミントン協会
    銭谷欽治専務理事へインタビュー

    2018年の世界選手権大会で桃田賢斗選手が金メダルを獲得し、女子ダブルスでは永原和可那、松本麻佑ペアが女王に輝くなど日本代表選手の活躍が目覚ましいバドミントン日本代表。この大躍進を導いた強化策と2020年東京オリンピック、そして先日招致に成功したばかりの2022年世界選手権東京開催についての思いを平井理央さんから公益財団法人日本バドミントン協会の専務理事である銭谷欽治さんへ伺いました。

    >>>つづきはこちら
  • Vol.2

    大畑大介氏に聞く!~後編~

    リンク

    2018.12.18

  • ラグビーワールドカップ 2019™
    ラグビーの魅力や観戦ポイント

    前編に引き続き、元ラグビー日本代表で、ラグビーワールドカップ 2019? 日本大会アンバサダーを務める大畑大介さんに、ラグビー競技の魅力や W 杯の観戦ポイントなどをうかがいました。

    >>>つづきはこちら
  • Vol.2

    大畑大介氏に聞く!~前編~

    リンク

    2018.11.30

  • ラグビーワールドカップ 2019™
    日本で開催されるということ

    10月からスタートした平井理央さんによるコラム「スポーツ大陸探検記」。
    今回は、元ラグビー日本代表で、ラグビーワールドカップ 2019™ 日本大会アンバサダーを務める大畑大介さんに、日本代表チームの現状やW杯日本大会の意味、観戦のポイントなどをうかがいました。

    >>>つづきはこちら
  • Vol.1

    私のスポーツ履歴書

    リンク

    2018.10.31

  • 思えば、マイナスからのスタートだったのかもしれない。
    フジテレビに入社して1年、私が配属されたのは、夜のスポーツ番組のMCだった。当時の私は知らないことだらけで、野球やサッカーのルールは辛うじて分かるけど、知識はゼロに等しかった。そこからコツコツと、例えば野球のスコアをつけたり、柔道の技の名前を一つずつ覚えたり、手探りで進んでいった。体力的にも精神的にも、苦しい期間でもあった。

    >>>つづきはこちら
平井理央

Profile

平井理央

1982年11月15日、東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、2005年フジテレビ入社。「すぽると!」のキャスターを務め、北京、バンクーバー、ロンドン五輪などの国際大会の現地中継等、スポーツ報道に携わる。2013年より、フリーで活動中。趣味はカメラとランニング。著書に「楽しく、走る。」(新潮社)がある。