海外旅行ご案内とご注意(抜粋)  ●お申し込みいただく前に必ずお読みください。
 ご契約の際は、「ご旅行参加申込書」、「請求書」と一緒にお送りする「パンフレット」 及び「ご契約のしおり」を必ずお読みください。

インターネットでのお申込からご出発までの流れについて
  • お手続きの流れやお支払い方法など「お申込からご出発まで」について、詳しくはこちらをご覧ください。

お申込みの際のご注意
  • 未成年の方
    20才未満の方(出発日基準)は、場合により親権者の「同意書」を提出していただくことがあります。15才未満の方(出発日基準)は、保護者の同行を条件とさせていただきます。添乗員同行コースは、親子参加型等の特別コースを除き、6才未満のお子様のご参加はご遠慮いただいております。
  • こども代金・幼児代金について
    こども代金は旅行開始当日を基準に満2歳以上〜12歳未満の方に適用します。2歳未満の方の幼児代金はお問い合せください。幼児代金でご参加のお子様は、ご本人専用のものは一切ご用意できません。(航空座席、ベッド、食事など)
  • ノーベッドこども代金について(一部コースのみ)
    2歳以上12歳未満(旅行開始日基準)までのお子様で、ノーベッド(添い寝)をご希望の場合に対象となります。対象のお子様には食事、寝具(ベッド)、アメニティはつきません。航空座席のみとなります。おとな2名以上と同室でお申込みください。おとな1名につき、ノーベッド(添い寝)1名まで受付可能です。各部屋の最大定員には添い寝・幼児を含みます。
  • 疾患・障がいをお持ちの方、車椅子のご利用などで特別な配慮を必要とする方
    お申込み時に必ずお申し出ください。必要な措置を具体的にお伺いし、コースの内容と照らし合わせた上、可能な範囲内でお受けします。その際医師の診断書や航空会社指定の英文診断書(いずれもお客様ご負担)の提出をお願いすることがあります。また、現地事情や関係諸機関(交通機関、宿泊機関など)等の状況により、旅行の安全かつ円滑な実施のために介助者の同行を条件とさせていただいたり、ご参加を断らせていただく場合があります。なお、ご参加にあたりまして、添乗員は専任的な介助を行うことができません。
  • 妊娠中の方
    お申込み時に必ずお申し出ください。訪問国(地域)や航空会社により乗降許可が必要な場合や医師の英文診断書、ビザ等(いずれもお客様ご負担)が入国の際必要となる場合があります。
  • その他事項
    ●ホテルのグレードは特に明示してある場合を除き、当社基準となります。
    ●現地挙式、ガイド、車、レストラン、コンサート、スポーツ観戦など各種チケット等の追加手配は、お受けしておりません。
    現地のみのご参加については一切お受けできません。
    お客様のご希望による旅行日数の短縮・延長や途中離団、別行動などはお受けできません。

集合時間について
  • 集合時間は、出発時間の2時間前を予定しています。

航空機について
  • 航空座席は特に明示した場合を除き、エコノミークラス席(呼称は航空会社により異なります。)をご利用いただきます。窓側、通路側など座席のご希望はお受けできません。グループ、カップルの方でも隣り合わせの座席にならない場合があります。
  • 出発・帰国及び各都市間の移動では、必ずしも最適な時間帯を選べない場合があります。
  • 旅行開始日と旅行終了日の時間(時間帯)の表記につきましては、2015年11月現在の情報で記載しております。航空会社のスケジュール変更等により、現地での移動も含め、出発や到着の時間帯が変更となる場合があります。
    最終的なご利用便名、発着時間は、ご出発前にお送りする最終日程表にてご確認ください。
  • 指定の航空会社の区間は原則として日本発着区間の往復のみとなり、現地での航空便は指定の航空会社にならない場合があります。
  • コースにより、ご自身で乗り継ぎの手続きをしていただく場合もあります(最終旅行日程表にて明示します)。
  • マイレージに関しては、頻繁に規則が変わります。詳しくは、各航空会社へ直接お問い合わせください。取り次ぎ、ご質問の受付は行っておりません。
  • ヨーロッパ系航空会社とは、次の航空会社をいいます。(50音順)
    アエロフロート・ロシア航空、アリタリア-イタリア航空、エールフランス航空、オーストリア航空、
    KLMオランダ航空、スイスインターナショナルエアラインズ 、スカンジナビア航空、
    フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザドイツ航空、LOTポーランド航空
  • 航空会社によっては、一部運航区間におきまして機内食・軽食・飲み物サービスが有料となっておりますので、予めご了承ください。

日本国内線について
  • 日本国内線ご利用の場合は、お客様ご自身で航空機の予約・チケットの購入をお願いします。当社は予約手配等は一切承っておりません。

ファーストクラス・ビジネスクラス・上級エコノミークラスコースにご参加のお客様へ
  • コースによりご希望を承ってからの手配となり回答までにお時間をいただく場合があります。また、満席によりご利用いただけない場合や、設定がない場合もあります。また、手配完了後はエコノミークラス席コースへのご変更は、お受けできない場合があります。予めご了承ください(エコノミークラス利用便が決定後、お手配します)。

宿泊について
  • お部屋タイプについて
    2人用のお部屋には、ツインルーム(ベッドが2台)とダブルルーム(キングサイズまたはクイーンサイズの大型ベッドが1台)の2種類があります。ツインルームには2つのベッドマットが1つの枠の中に入っていたり、クイーンサイズのベッド1台とソファーベッドの組み合わせなど、ベッドの大きさが違うタイプのお部屋もあります。なお、禁煙、喫煙、山側、海側、高層階など、お部屋のタイプのご希望は承れません。
  • 2名様で1部屋ご利用の場合
    原則として2名1室のツインルームのお部屋を2名様でご利用いただきます。ハネムーナーやご夫婦等カップルでご参加の場合はダブルルームとなる場合があります。同性同士のお客様もホテルや現地事情によりダブルルームになることがありますが、その場合は、2台目のベッドとして簡易ベッド(エキストラベッドやソファーベッドなど)をご用意させていただきます。
  • 3名様で1部屋ご利用の場合
    ツインルームまたはダブルルームに簡易ベッドを入れてご利用いただきますので大変手狭となります。一般的に簡易ベッドの搬入時刻は夜遅くなります。一部ホテルでは現地事情により3名様1部屋のお手配ができない場合があります。3名様1部屋のお手配ができない場合は、ツインルームとシングルルームのご利用となり、その泊数分のお1人部屋使用追加代金が必要となります(相部屋はお受けできません)。また、部屋タイプが和室の場合はお部屋に3枚布団を敷いてのご利用となります。
  • 1名様で1部屋ご利用の場合
    奇数人数でのご参加でお1人部屋利用をご希望の場合や、お1人様でご参加の場合は、お1人部屋使用追加代金が必要となります。他のお客様との相部屋はお取扱いしておりません。
  • 複数のお部屋をご利用いただく場合
    グループ、ご家族参加で2部屋以上をご利用いただく場合、ホテル事情により、お隣りまたはお近くのお部屋をご用意できず、混雑時にはご利用階数も異なる場合があります。なお、コネクティングルームのご希望は承れませんので予めご了承ください。
    ※特に明示してあるコースを除き、お部屋タイプのご希望はお受けできません(禁煙・喫煙部屋、山側、海側、高層階など)。
  • バスルームについて
    契約条件として「シャワーのみのお部屋となります」という表示をする地区・ホテルがありますが、その場合でも当社は可能な限りバスタブつきのお部屋となるよう手配努力します。結果としてシャワーのみのお部屋となった場合は、旅程保証による変更補償金のお支払いはいたしません。
  • ホテルグレード表記について
    2013年4月出発以降よりホテルグレード表記が下記に変更となります。
    SD(スーパーデラックス)→DX(デラックス)→SP(スーペリア)→FR(ファースト)→ST(スタンダード)→EC(エコノミー)(一部コースは3月出発以前からの設定となります。)
    (ホテルの名称はホテル側の都合により変更となる場合があります。)

募集人員について
  • 「○○名様限定」等の表示がない限り、各出発日バス1台につき最大41名様(アジア・中国は45名様)までとさせていただきます。「○○名様限定」等の表示があるコースは、各出発日バス1台につきご参加人数を数字の人数までに限定させていただきます。いずれの場合もバスの台数に制限はありません。同一出発日で2台以上のバスを使用する場合、バス1台毎に、添乗員同行コースは添乗員が、添乗員の同行しないコースは現地係員が同行いたします。また、バス毎の班分けについては、当社にご一任いただきます。

最少催行人員について
  • 最少催行人員とは、コースを催行するために必要な人数のことです。この人数に満たないためにお申し込みのコースのご旅行が催行されない場合があります。この場合は4/27〜5/6、7/20〜8/31、12/20〜1/7に旅行開始するときは、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって33日目にあたる日より前に、また、同期間以外に旅行開始するときは、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって23日目にあたる日より前に旅行中止のご通知をします。

食事について
  • 日程表に記載した食事には料金・税・サービス料が含まれています。ただし個人的に注文された飲み物や追加料理の料金及びその税金、チップはお客様払いとなります。なお、日程表に記載の食事回数には、機内食は含まれません。
  • 朝食はビュッフェ、アメリカン・ブレックファースト、イングリッシュ・ブレックファースト等の記載があってもホテル側や行程上の事情により、お弁当となる場合があります。
  • 食事の変更について:日程に記載の食事メニューは他の日に変更となる場合があります。また、ホテルでの食事がレストランに変更となったり、レストランでの食事がホテルに変更となる場合があります。お客さまのご希望によるメニュー内容の変更はお受けできません。


空港税等について
  • 渡航先の国々(または地域)によっては、その国の法律などにより出入国及び乗り継ぎに関し、渡航者個人に対して空港税等(出入国税、空港施設使用料、税関審査料等)の支払いが義務付けられています。旅行代金に含まれておりませんので別途お支払いいただきます。空港諸税は予告なく新設されたり、税額や徴収方法が変更となる場合があります。複数の国や都市を訪問する旅程では、空港税等はその都度必要となります。同じ旅程であっても、出発日、使用する航空便の経由する空港、国や都市の巡り方によってその合計額が異なることがあります。
  • 航空券発券時に徴収される日本の空港施設使用料
    ご出発前にご旅行代金とともにご請求させていただきます。
    成田空港国際線出発<第1・2ターミナル>:おとな2,090円 こども1,050円
    成田空港国際線出発<第3ターミナル>:おとな1,020円 こども510円
    羽田空港国際線出発:おとな2,570円 こども1,280円
    関西国際空港国際線出発:おとな2,730円 こども1,370円
  • 旅客保安サービス料
    ご出発前にご旅行代金とともにご請求させていただきます。
    成田空港国際線出発:おとな・こども同額520円
    羽田空港国際線出発:おとな・こども同額100円※一部航空会社は異なります。)
  • 航空券発券時に徴収される現地空港諸税<お支払い方法>
    ご旅行代金に含まれておりません。ご出発前にご旅行代金とともにお支払いいただきます。ご請求方法につきましては、ご旅行方面によって異なりますので、ご予約後にお送りする「ご契約のしおり」にてご確認ください。
  • 現地にてお支払いいただく空港諸税
    現地にて現地通貨(外貨)でお支払いいただきます。
  • 旅行中、ストライキ等で経路が変更となり、その空港を利用しなかった場合でも、パッケージツアー適用の特別運賃では空港税の払い戻しはできません。

燃油サーチャージ(付加運賃・料金)について
  • 燃油サーチャージ(付加運賃・料金)は燃油原価水準の異常な高騰に伴い、当該燃油費の一部を燃油価格が一定水準に戻るまで一定の期間を定めて、各航空会社が国土交通省に申請し認可されたものです。あらゆる旅行者に一定に課せられます。
    〔燃油サーチャージ別と明示してあるコース〕
    ご旅行代金に含まれておりません。
    出発日やご利用航空会社、経由地等によりお支払い金額が異なります。なお、航空会社の定める付加運賃・料金が変更された場合は、増額になったときは不足分を追加徴収し、減額になったときにはその分を返金します。燃油サーチャージの確定金額は原則として、残金請求書にてお知らせし、ご旅行代金とともにご出発前にお支払いいただきます。
    〔燃油サーチャージ込みと明示してあるコース〕
    旅行代金に含まれております。
    今後、燃油サーチャージが増減または廃止された場合でも旅行代金に変更はございません。

渡航手続きについて
  • 渡航先国によって、査証(ビザ)を必要とする国やパスポートに所定の残存期間を必要とする国がありますので、ご確認ください。
    参考:ビザを必要とする国(2015年12月現在)
    〈ヨーロッパ〉ロシア、アゼルバイジャン
    〈中近東・アフリカ〉エジプト、シリア、ヨルダン、ジンバブエ、ケニア、ザンビア
    〈オセアニア〉オーストラリア 
    〈南米〉ブラジル、キューバ(ツーリストカード)
    〈アジア〉 東ティモール、カンボジア、ネパール、インド、スリランカ、チベット自治区(中国)、ミャンマー、ブータン、マダガスカル、ウズベキスタン、ベトナム
  • JTBでの渡航手続き代行料金
    おひとり/1ヶ国につき:6,480円
    オーストラリアETAS(イータス) おひとり/1回につき:3,240円
    中国チベット自治区団体ビザ おひとり/1回につき:4,320円
    スリランカETA(イーティーエー) おひとり/1回につき:4,320円
    アメリカのESTA(エスタ) おひとり/1回につき:4,320円
  • ※上記代行料金の他に、各国の料金実費を別途申し受けます。
    ※渡航手続代行は、査証等の取得および出入国を保証するものではありません。
    ※上記は「旅物語」に参加される場合のもので、それ以外ではビザが必要になることもあります。エジプト、ヨルダン、ザンビア、ジンバブエのビザは現地にて一括取得します。 ロシア、エジプト、シリア、ヨルダン、ザンビア、ジンバブエ、ブータン、チベット自治区(中国)、ウズベキスタン、アルメニア、アゼルバイジャンのビザは手続きの都合上JTBにて一括取得とさせていただきますので、取得費用としてビザ料金実費と申請代行料金が必要となります。
    出入国(E/D)カード、税関申告書等が必要な国は、到着空港又は航空機内にて入手の上、ご自身でご記入ください。出入国記録書類作成代行を弊社にご依頼の場合、お1人様3,240円(消費税込)を申し受けます。添乗員は、出入国記録カード(E/D)の記入方のお手伝いはいたしません。
    【外国籍の方へ】上記は2015年12月現在の日本国籍の方を対象としたご案内です。旅物語では外国籍の方のビザ取得代行はお取り扱いしておりません。お客様ご自身で在日の各大使館またはビザ申請・発給箇所にお問い合わせの上、ご旅行に必要な残存日数のあるパスポート・ビザ・再入国許可の取得等の渡航手続きをお済ませください。また、パスポートのコピーを必ず弊社宛てにお送りください。
    <ご注意>お客様事由によりビザの取得ができず、取消料対象期間にご旅行のお申込みをお取消しされた場合は、所定の取消料をお支払いいただきます。トランジット(乗り継ぎ)の場合でもビザが必要な国もあります。ビザ発給に伴う手数料等の費用は、ビザ発給を確約するものではありません。
  • 米国に入国される場合、一定の条件を満たしていれば査証(ビザ)は免除されますが、免除の条件を1つでも満たさない場合には必ずご本人でビザ取得手続をお済ませください。なお、無査証で入国(乗り継ぎを含む)する場合、アメリカのESTA(電子渡航認証システム)による渡航認証の取得を行う必要があります。
    インターネット(URLは https://esta.cbp.dhs.gov/)を通しての取得となり、お1人14USドルの登録料がかかります。JTBに申請代行を依頼される場合には取得代行手数料としてお1人/1回につき4,320円(消費税込)及び認証・取引料金実費分(14USドル相当額の日本円)を申し受けます。但し、ESTAの取得を拒否された場合は、規定に基づきESTA登録料実費14USドルのうち10USドルをご返金いたします。登録料実費に関しましては、為替変動による追加請求または返金はございませんので予めご了承ください。また、入国(乗り継ぎを含む)の際には、記載情報が機械によって判読可能なパスポートの提示が求められます。機械読み取り機能がついたパスポートをお持ちでない方(パスポートを日本国外・海外の日本大使館で取得された方)につきましては、パスポートの再取得またはビザ取得が必要となります。
  • 米国セキュアフライトプログラムのご案内
    2009年より米国ではさらなる保安強化を目的とした「セキュアフライトプログラム」が導入され、お客様の旅券記載のローマ字氏名、生年月日及び性別を、ご出発の72時間前までに航空会社へ連絡することが義務付けられました。つきましては、米国本土及びハワイ・グアム・サイパン離発着の航空機を利用されるお客様は、「海外旅行参加申込書」に旅券記載のローマ字氏名、生年月日及び性別を正確にご記入ください。正確にご記入されていない場合、航空機への搭乗を拒否される可能性がありますが、当社では責任を負いかねます。また、レドレスナンバー(過去に警戒リストの人物と誤って識別された経験のある方へ米国国土安全保障省が発行する番号)をお持ちのお客様は、必ず弊社までご連絡をお願い致します。なお、「セキュアフライトプログラム」の詳細は米国運輸保安局のホームページ(http://www.tsa.gov/(英語のみ))にてご確認いただけます。
  • アメリカ(ハワイ含む)、グアム、サイパンに入国される際、18歳未満の方が父親または母親のみと入国の場合、旅行に参加されない父親または母親の「未成年者の渡航同意書(英語)」が必要となります。(18歳未満の方のみでアメリカ(ハワイ含む)、グアム、サイパンに入国する場合は両親の同意書が必要です。)詳しくはお問い合わせください。
  • ヨーロッパ方面では、国により未成年者の渡航に際して、親権者による英文での参加同意書が必要となる場合があります。必要書類など詳しくはご自身で当該各国の大使館(領事館)へお問合せください。旅行会社経由での問合せについては受付をしていただけない状況です。何卒ご了承ください。
  • カナダに入国・および乗継される際、18才未満の方が父親または母親のみと入国の場合、旅行に参加されない父親または母親の「未成年者の渡航同意書(英語)」が必要となります(18才未満の方のみでカナダに入国する場合には両親の渡航同意書の提示が必要です)。2016年3月15日よりElectronic Travel Authorization (eTA)の取得が義務付けられます(有料/7カナダドル)。詳しくはお問い合わせください。
  • キューバに入国される際、在日キューバ大使館発行のツーリストカードが必要となります。JTBに申請代行を依頼される場合には申請・代行手数料としてお1人/1回につき6,480円(消費税込)を申し受けます。また、キューバ政府は、2010年5月1日以降キューバに入国する全ての外国人に対し、滞在中の医療費をカバーする保険への加入を義務付けることを決定いたしました。詳しくは、ご予約後にお送りする「ツーリストカードについてのご案内」をご覧ください。
  • アラブ首長国連邦、オマーンなどの中近東方面及びチュニジア、モロッコなどのアフリカ方面に入国される際、パスポート上にイスラエルの渡航歴がある場合は入国拒否や入国に時間がかかる可能性がございます。詳しくはお客さまご自身で在日の各大使館(領事館)へお問い合せください。

「携帯品・別送品 申告書」の提出について
  • 2007年4月1日より、海外からの帰国時に、適正かつ迅速な通関を図るため、免税範囲内であっても、税関検査時に全員が「携帯品・別送品 申告書」の提出をすることとされました。航空機内、各地空港などに備え付けられていますので、必要事項をご記入のうえ、税関にご提出ください。(財務省関税局発令)

時間帯の目安
  • 日程表内の時間表示の目安は下記の通りです。
    時間帯の目安
    *上記の時間表示は、航空機・バス等の移動の発着時刻を基にした目安です。実際の発着時刻、集合時刻とは異なる場合がありますので予めご了承ください。

添乗員の休憩時間取得に関するお客様へのご案内
  • 添乗員は旅程管理に万全を尽くすため、お客様と同行させていただきます。なお、労働基準局の指導により、勤務中に一定の休憩時間を適宜取らせていただきます。お客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

ホームページに掲載の写真について
  • 写真はその場所のイメージを掴んでいただくために掲載しています。必ずしも同じ角度、同じ高度、同じ天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。また、絵画や美術品につきましては展示会への貸し出し等の理由によりご覧いただけない場合があります。