グアムで自然体験!熱帯の生き物と現地の伝統文化に触れるリバークルーズ


JTBグアム支店

空港からわずか数時間で常夏のビーチに到着できるグアムは、ファミリーにもグループにもうれしいリゾートアイランド!ビーチやマリンアクティビィはもちろんですが、ひととおり遊び尽くした後は熱帯の森を流れる川でリバークルーズを楽しみませんか?グアムに残る手つかずの自然と触れ合うことで、日頃のストレスが些細なことに感じることも。ファミリーもカップルもみんなで楽しめるリバークルーズの魅力を、JTB現地スタッフがたっぷりご紹介します!

風が気持ちいいクルーザーで、心も体もリフレッシュ!

緑溢れるジャングルをゆったりと進むリバークルーズ



南国のリゾート・グアムは東京23区よりも小さな島ですが、その自然や魅力はとても多彩です。

観光の中心となるのは島の中央部、タモンビーチなどのあるタモン地区。北部には自然豊かで静かなココパーム・ガーデンビーチがあります。一方、南部にはグアム一の高さを誇るラムラム山(標高約400m)を始め、いくつかの山が連なっていて、それらを囲むようにジャングルが広がり、何本もの川がその間を流れています。グアムって意外とビーチだけではないんですよ!

山麓に広がるジャングルの中を船で探検するリバークルーズ、これを体験できるのは南部を流れるタロフォフォ川です。

ヤシやマングローブなどが続く中をゆったりと進む川旅は、探検家さながら。周囲の木に目を凝らすと、大きなナマズやイグアナ、カニなどさまざまな生き物を発見することができますよ。大人でも子供の頃に戻ったように目を凝らし、熱帯の生き物を探すのについつい夢中になってしまいます!
のんびりとタロフォフォ川を進むクルーザーの上では、熱帯らしい明るい日差しの下で川を吹き抜ける風が心地よく、忙しい日々をふと忘れ、思いっきりリフレッシュできること間違いなし。気分の赴くまま、興味にまかせて自由に過ごしてみてください。

ジャングルと聞くとワニやピラニアがいるのでは…と不安になるかもしれませんが、グアムの熱帯の森には猛獣はいないので安心してリバークルーズを楽しんでくださいね。

古代チャモロの火起こし体験、ヤシの葉細工に思わず歓声!

数十分のクルーズの後、船は古代チャモロ村遺跡に到着。ここでは約2,000年前に造られたと言われている「ラッテストーン」を見ることができます。

ラッテストーンとは、サンゴ石でできた高さ1.5~2mの石柱で、キノコのような形が特徴です。古代チャモロ人が遺したもので、1956年に発見されました。高床式の家屋を支える柱だった…という説が有力ですが、その目的は実はいまだ解明されておらず、実際に見てみるととても神秘的です。

この集落ではラッテストーンの見学だけでなく、今に伝わるさまざまなチャモロ伝統文化を体験できます。体験する際、地元ガイドのデモンストレーションは必見!ガイドの伝統的な火起こしの技や、地元の女性のヤシの葉細工の製作などの伝統文化のデモンストレーションは、意外な驚きと発見で思わず歓声を上げてしまいます。ガイドのエキサイティングなパフォーマンスで大いに盛り上がり、時には爆笑しながら伝統技術の奥深さに触れてみてくださいね。ここでは恥じらいや遠慮は禁物、アクティブに思いっきり楽しんだもの勝ちです!

知っていて損なし!リバークルーズや遺跡散策に持って行くべき物や服装は?

川の流れはゆるやかで船が揺れることも少なく、リバークルーズはとても安全なので、どんな世代の方でも安心して乗船できます。

安心に快適にリバークルーズやグアムの人気スポットを満喫するために、日焼け止めや虫除けや虫刺され用アイテム、そしてペットボトルなどの飲み物を持って行くのがベストです。心配な方は薄手の長そでシャツや長ズボンの着用、ストールの持参もおすすめですよ。

熱帯の森の中を進むリバークルーズ、現地の古代チャモロ文化に触れる体験はグアムでしかできない貴重な体験。マリンアクティビティとは全く違った自然に還る体験で、グアム旅を思いっきり楽しんで下さいね。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

JTBグアム支店

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ