フランシスコ会修道院(Franjevacki Samostan)の観光情報

ピレ門から旧市街に入ってすぐ左手にある大きな修道院。13世紀に建てらえた最初の修道院は城壁の外にあったが、14世紀に城壁内に移された。オリジナルの建物は1667年の大地震で崩落しており、現在の建物のほとんどは震災後に再建されたもの。1991~92年の内戦で甚大な被害を受け、10年の歳月をかけて修復された。ロマネスク様式の美しい回廊や博物館、教会、2つの中庭から成り、回廊に面してある薬局はクロアチア最古、世界でも3番目に古い薬局として知られ、現在も営業している。中世から受け継がれるレシピに基づき、薬草をふんだんに使ったコスメやハーブティも購入できる。回廊奥の博物館は中世の頃に使われていた薬壺や器具のほか、修道院にまつわる聖遺物や宝飾品の数々が展示されている。また1200点もの写本や初期の印刷本など貴重な蔵書をもつ図書室もある。

都市 ドブロブニク
カテゴリー 観光地 > 歴史的建造物

基本情報

住所 Placa ulica 2, Dubrovnik
TEL/FAX (020)321410 /
アクセス ピレ門から徒歩 1分。
駐車場 なし
営業時間 夏期9~18時(冬期~14時)
夏期は3月最終日曜~10月最終日曜まで
年齢制限 なし
最終更新日時 2019年11月05日

観光情報

所要時間目安 30分未満
入場料 有料
大人:30クーナ、 子供:15クーナ、 団体:大人25クーナ、子ども12.5

過去に見た施設