JTBの課題解決ソリューション

で地域を元気にするプロジェクト

  • プロジェクト概要
  • ひとづくり 人財育成ソリューション
  • もの・ことづくり 商品・コンテンツ開発コーディネート
  • 場づくり 販路開拓支援・体験メニュー
  1. 1プロジェクト概要

    食と農で地域を元気にするプロジェクトとは

    日本の「食」「農」と「観光」そして「文化」を結びつけ、国内外“本物の日本の魅力”を伝えることにより、交流人口の拡大と豊かで活力のある地域づくりを目指すプロジェクト。「人づくり」「もの・ことづくり」「場づくり」を有機的に結び付けた「食農観光プラットフォーム」を構築し豊かな地域づくりをサポートします。

    地域と消費者をつなぐ食農観光プラットフォームとは
    • 地域と消費者をつなぐ食農観光プラットフォームとは
    • 地域と消費者をつなぐ食農観光プラットフォームとは
  2. 2人財育成 ソリューション

    農業を基点としたまち・ひと・しごとの創生と循環づくり

    農業×観光で地域を変える「食農観光塾」
    • 農業に観光の視点を取り入れた”地域リーダーの発掘、育成”と、地域資源を活用した”持続可能な事業の創出”を目的とした実践型プログラムを提供します。

      食農観光塾における“地域リーダー”とは?
      食・農に観光の視点を取り入れ、地域の人と人をつなげ、異業種を巻き込み、地域の新しい魅力・価値を創出する人財(地域の農業・地域活性をつくる人)
    • 食農観光塾
    • 従来の地域活性化へ向けた取組(セミナー、ワークショップ、講演会など)
    • 食農観光塾

    食農観光塾カリキュラム全体の流れ

    意識の高い地域の農業・食・観光事業者が、地域の将来を考え、互いに連携。
    魅力ある地域づくりにつながる事業づくりを推進する

    • 食農観光塾カリキュラム全体の流れ
    • 食農観光塾カリキュラム全体の流れ
    • 食農観光塾カリキュラム全体の流れ

    実施体制図

  3. フードツーリズムマイスター養成講座

    フードツーリズムとは

    「地域ならではの食・食文化をその地域(土地)で楽しむことを目的とした旅」のことであり、欧米では広く普及しています。あくまでも、「地域ならではの食・食文化を楽しむ」っということが旅の中心の目的であり、地域ならではの場所や人が関わる様々な体験によって、目的である食・食文化の価値が高まる旅。

    フードツーリズムマイスターとは

    食をテーマに地域と旅行者をつなぐことができるプロデューサー。
    自ら、地域ならではの食・食文化を楽しむことができる旅の達人でもある。

    フードツーリズムマイスターとは

    コースのご案内

    フードツーリズムマイスター養成講座は、2つのコースから構成されています。

    • フードツーリズムマイスター<ベーシックコース> ゴール フードツーリズムをプロデュースするための基礎知識とプランニングのスキルを身につける
    • フードツーリズムマイスター<マイスターコース> ゴール 自らプランニングしたフードツーリズムを商品化し、運営、集客までのスキルを身につける

    フードツーリズムマイスター<ベーシックコース>

    ゴール
    フードツーリズムをプロデュースするための基礎知識プランニングのスキルを身につける
    カリキュラム
    90分×4コマ
    1 ツーリズム概論とフードツーリズム
    (90分)
    • ・ マイスターの定義と役割
    • ・ ツーリズムとは
    • ・ フードツーリズムとは
    2 食の魅力
    (90分)
    • ・ 食の魅力について
    • ・ 食の魅力の5大要素
    • ・ 地理や風土
    • ・ 地域の魅力ある食の整理
    3 食を引き立てる体験
    (90分)
    • ・ 旅行者は何を求めているか
    • ・ 体験の種類
    • ・ 体験の整理
    • ・ 体験の効果
    4 プランニング
    (90分)
    • ・ サービスデザインとプランニング
    • ・ プランニングの流れ
    • ・ まとめ
  4. 3商品・コンテンツ開発コーディネート

    日本の食産品の海外販路拡大、
    訪日外国人の産地誘致に向けた、J’s Agri事業

    • J’s Agri
    • J’s Agriとは
      生まれた産地を付加価値に 〜産地から、そして産地へ〜

      JTBプロデュースの産品を「J’s Agri」ブランドとして、生産者とタッグを組んで、海外販路の拡大などの事業展開を図ります。
      また外国人の訪問先として魅力のあるデスティネーションとして、食農観光商品の開発をし、地域の交流人口の拡大への貢献を目指します。

    4販路開拓支援・体験メニュー

    地域産品の販売拡大をワンストップでプロデュース!

    地域産品の販売拡大をワンストップでプロデュース!

    1. 1海外販路開拓における知見蓄積を活かしたプロデュース力
      海外販路開拓における知見蓄積を活かした「商品の開発」
      アジアの嗜好にあった産品開発・発掘!
      地域産品の輸出促進事業で培った「海外バイヤーのネットワーク」「海外に通用する産品の目利き」により、市場にマッチする産品開発、発掘を実施しています!

      海外販路開拓における知見蓄積を活かした「商品の開発」アジアの嗜好にあった産品開発・発掘!

    2. 2数々の商談会プロデュース実績による商談成約率を高めるマッチング力・フォローアップ・販路開拓支援
      「販路創出」Japanese Foods Premium Trede Fair主催商談会の開催
      豊富な事業実績に裏打ちされた「海外販路創出・拡大のノウハウ」を最大限活用し、商談成約率の高い商談会をプロデュースしています!

      「販路創出」Japanese Foods Premium Trede Fair主催商談会の開催

    3. 3バイヤーとのリレーションによる現地でのプロモーション
      「現地での販売」認知度向上・普及のためのPR・販売
      現地の媒体・SNSを活用した広報や、レストラン、スーパーなどの常設店舗での実販売など、「海外バイヤーのネットワーク」を活用して、消費者に密接なプロモーションを図っています!

      「現地での販売」認知度向上・普及のためのPR・販売J’s Agri Fair 「WAttention Plaza」(実演販売)

    4. 4旅行会社ならではのツアー商品開発力・商品販売ネットワーク
      「訪日観光」本物を知る体験型農園観光
      JAPANiCAN.comや地域DMOと連携したインターネットでの産地ツアーの販売を実施。長年の経験を培われた旅行業のノウハウ・知見・販売ネットワークをもとに、農園を舞台とした交流の場づくりを行っています!

      「訪日観光」本物を知る体験型農園観光

    5. 5Eコマースサイトなど多彩な現地販売ネットワーク
      「ブランド化」現地輸入・消費拡大・お取り寄せ重要創出
      現地に対する優位性を持つパートナーとの連携や、JTBネットワーク・インフラを最大限活用し、現地での継続的な販売ネットワークを構築しています!

      J’s Agri サイト http://js-agri.jp/J’s Agri サイト http://js-agri.jp/

    体験メニュー開発

    「地域ならではの食・食文化を、その地域(土地)で楽しむ」こうしたフードツーリズム体験を実現させるストーリー性あるプログラムづくりをサポート致します。

    • ・フードツーリズムコンテンツ開発
    • ・フードツーリズム体験メニュー販売(asoview!)
    • ・フードツーリズム体感イベント
    など多数ご用意しています。

    体験メニュー開発

PAGE TOP