地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

偉人の言葉を心のお土産に

岐阜県・恵那市岩村町

佐藤一斎顕彰会 会長鈴木 隆一さん

  1. 1興味深い話を聞きながら、江戸時代の風情がある城下町でのまち歩きは楽しい。
  2. 2岩村の城下町は国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれている。

「春風を以って人に接し、秋霜を以って自ら粛しむ」。
時代を越えて、今もなお輝きを放つ佐藤一斎の言葉。
恵那市の教育委員長も務めた鈴木隆一さんは、
ガイドを通して岩村が生んだ偉人の言葉の素晴らしさを発信している。

多くの指導者を今も導く佐藤一斎

軒先に掛けられた一斎の言葉にしばし立ち止まってしまう。

 岩村藩出身の儒学者、教育者である「佐藤一斎」の名を知る人は少ない。しかし、あの小泉純一郎元総理は岩村を訪れるほど彼を敬愛し、また一斎の著書「言志四録」は幕末の西郷隆盛、勝海舟、坂本竜馬などに大きな影響を与えた。今もなお、彼の残した言葉に導かれる経営者や指導者は多い。恵那市岩村町の岩村城下町を歩けば、軒先に掛けられた木札や各所に建てられた碑文など、至る所で一斎の言葉に触れることができる。

「励まされたり、悩みが吹っ切れたり、大切なことに気付かされたり…。その時の自分の立場や気持ちにフィットした言葉がきっと見つかるはず」と佐藤一斎顕彰会会長の鈴木さんは嬉しそうに語る。鈴木さんは岩村で生まれ学生時代を過ごした後、岐阜県各地で高校教員、校長などを務めた。定年後、岩村に戻り佐藤一斎をライフワークとして、ボランティアガイドなどもしながら訪れる人々に一斎の魅力を発信している。

戦国時代から江戸時代の面影が色濃く残る

岩村城の麓にある城址公園に建つ佐藤一斎の座像

「観光と言えば、グルメありイベントありといったイメージが強いですが、精神文化を高める旅というのがあってもいいと思います。岩村を訪れた方々には、一斎の言葉を心のお土産として持ち帰ってほしい」と目を輝かせる鈴木さん。

 岩村町は、女城主の里としても知られる。女城主が生きた戦国時代が終わり江戸時代に移ると、二万石ほどの小さな岩村藩はいち早く藩校を作るなど教育を重視した。この背景があったからこそ、偉大な教育者・佐藤一斎や実践女子大学の創設者・下田歌子が生まれたのだ。そういった歴史のつながりを感じながら岩村の城下町を歩けば、さらに趣深い旅になる。

感動魅力人トップへ戻る

この魅力人との感動体験商品

歴史的街並み保存地区 恵那市岩村
佐藤一斎の名言を巡る
街中には、佐藤一斎の名言が書かれた200枚もの木板が各家庭の軒下に掲げてあります。そんな街並みを、感動魅力人が解説しながらの町歩き。日本に伝来したカステラの原型として紹介されたこともある松浦軒本店での試食や岩村酒造での試飲も楽しみのひとつです。
■設定日:2013年5月4日(土)、7月13日(土)、9月14日(土)、9月21日(土)
■集合:岩村振興事務所玄関前 14時/所要約90分
■定員:15名
■行程:岩村振興事務所→岩村神社→高札場→勝川家→土佐屋→木村邸(講話)→松浦軒本店・岩村酒造(カステラ試食・試飲)現地解散。
■料金:おとな・こども1,000円
※料金には、入場料金(土佐屋200円、木村邸200円)を含みます。
■お申込:エースJTB取扱店舗
(商品番号1MGL612-B)
■交通:JR恵那駅から明智鉄道で約30分、岩村駅より徒歩約10分
恵那ICより車で約20分、昼神温泉より車で約50分(高速利用)
岩村振興事務所
〒509-7403
岐阜県恵那市岩村町545番地1
map
▲ ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB