地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

たゆたう湯気に舞う正調・山中節

石川県・加賀市

山中温泉 芸妓小乃葉さん

  1. 1松尾芭蕉も詠んだ四季を通じて美しい鶴仙渓。個性的な3つの橋が架かる遊歩道を散策するも良し
  2. 2湯元・菊の湯に隣接する山中座(右側)。山中漆器の技を究めた格調高い造りのホールで山中温泉に伝わる伝統芸能が堪能できる

加賀温泉郷のひとつ、山中温泉は1300年の歴史を持つ。
かつて湯座屋と呼ばれる共同浴場から生まれた
日本三大民謡に挙げられる正調・山中節の調べに合わせ
今日も山中座で舞う芸妓・小乃葉さんの姿がある。

「山中芸妓・小乃葉」として山中で生きる

山中座は小乃葉さんにとってのホームグラウンド

 「ハァー 忘れしゃんすな 山中道を 東ゃ松山 西ゃ薬師」で唄い始まる正調・山中節。お湯の中から生まれたこの温泉民謡は、日本の座敷唄の名曲のひとつに数えられている。哀愁を帯びたゆっくりとしたテンポの曲は、温泉で癒された体に心地よく響いてくる。

 女湯・菊の湯に隣接する山中座では、この山中節を踊る若き芸妓達が山中温泉に艶やかな風をなびかせている。

 小さい頃から踊りが好きで、高校卒業後すぐに芸妓の世界へ飛び込んだ小乃葉さん。「子どもの頃から民舞を習っていました。故郷に伝わる山中節を舞う喜びは今も変わりません」と。小乃葉さんは、山中芸妓として「山中座」のほか山中温泉の旅館などで唄と踊りを披露している。

 お稽古場は山中座にあり、舞台のない日も山中芸妓たちは山中座に通う。

 お師匠さんを心から慕う小乃葉さん。「この山中節と山中温泉を愛する気持ちを胸に、いつの日かお師匠さんや先輩の芸妓さんのように優雅に舞えれば」と。

着物姿の凛とした小乃葉さんと一緒に

山中座ロビー格天井

小乃葉さんの手ほどきで山中節「こいこい音頭」に挑戦

『高乃倉』の「番傘」

 女性的で曲線美が麗しい建物を入ると、山中漆器の粋を集め、うるしで磨き上げたケヤキ柱や、格天井の見事な蒔絵が広がるロビーに圧倒される山中座。また、定員180名収容の山中座ホールは、伝統芸能にふさわしい檜舞台と松羽目を備え、山中漆器の技を極めた格調高い造りとなっている。

 この舞台で舞う小乃葉さんが山中座を案内する。山中漆器の技が極められた館内の見どころをなども聞けて興味深い。館内見学の後は、普段はいることができない舞台裏も見学できる。舞台裏では、小乃葉さんの手ほどきで山中節「こいこい音頭」を小乃葉さんと一緒に踊り楽しい時間を過ごして。舞台公演時の芸妓さんの様子や裏話などを聞けることもあるかも。そして、小乃葉さんと山中温泉街へ。着物姿の芸妓さんと風情ある温泉街のまち歩きは楽しい。あまり知られていない隠れた山中温泉街の見どころも教えてくれる小乃葉さん。御菓子処『高乃倉』の「番傘」は小乃葉さんのおすすめ。

感動魅力人トップへ戻る

この魅力人との感動体験商品

新花芸妓がご案内
山中座舞台裏見学と
ちょっぴり山中節体験
 芸妓・小乃葉さんの案内で楽しく過ごせる山中座&温泉街ツアー。ため息がこぼれる山中漆器の技が極められた館内の見どころと、温泉街の隠れ観光ポイントの説明を受けながら回ります。山中座の舞台裏で手ほどきを受ける「こいこい音頭」をマスターすれば、あなたも山中通。舞台公演前の芸妓さんの様子や裏話なども聞けるかも。小乃葉さんおすすめスィーツ高乃倉の「番傘」付き。
■設定日:2014年10月11日(土)〜2015年3月28日(土)の土曜日
※除外日:2014年10月18日(土)、11月1日(土)・8日(土)、12月27日(土)、2015年1月3日(土)・31日(土)、2月14日(土)、3月7日(土)
■集合場所:山中座(山中温泉総湯菊の湯隣)
■集合時間:16:30
■所要時間:約30分
■定員:15名
■最少催行人員:2名
■旅行代金:参加費無料・要予約
■お申込:エースJTB取扱店舗
(商品番号1MGN611-B)
※このプランは、エースJTBでご宿泊のお客様専用オプショナルプランとなります。
山中座
〒922-0123
石川県加賀市山中温泉薬師町ム-1
URL:http://www.kagashi-ss.co.jp/yamanakaza/
map
▲ ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB