地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム



TOP | Vol.1 | Vol.2

皆さんこんにちは。

「JTB鉄旅ガールズ村井美樹が行く!」第2回は、豪華寝台列車の旅!
2015年3月に定期運行が終了した「トワイライトエクスプレス」をご紹介します。

豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス」…。
想像するだけでワクワク胸が躍るような、多くの鉄道ファンにとって憧れの存在でしたよね。でも、終了直前は大人気過ぎて、なかなかチケットが取れないことでもよく話題になっていました。

何とか乗ってみたいと切望しつつ、さすがにもう無理だろうなぁと諦めかけていたところ、たまたま仕事で知り合った旅行会社の方で、マルス(発券のためのコンピューターシステム)打ちの達人がいらっしゃり、かなり頑張っていただいた結果…

なんと!奇跡的にチケットを取ってもらうことができたのです!!\(゜□゜)/

札幌駅発・大阪駅着の「トワイライトエクスプレス」。しかも出発日の2月6日は、ちょうど「さっぽろ雪まつり」が開催中!ス、スペシャルすぎる…!

2015年の運をすべて使い果たしたのではないかというほどのプラチナチケット。
このスペシャルなツアーに、仲良しの歴史アイドル小日向えりちゃん(※非テツ)を巻き込み、さぁ、夢のような豪華寝台列車の旅へ、いざ出発進行〜!
2月6日、午前11時過ぎ。

まずは、やってきました、北の大地!北海道はでっかいどー!

初めての「さっぽろ雪まつり」。
間近で見る大雪像はダイナミックなのに細かなところまで手が込んでいて、二人で大興奮! 「スター・ウォーズ」や「サザエさん」「春日大社」などの雪像を急ぎ足で巡りました。 この日は快晴で、雪像もよく映えて綺麗だったなぁ。

「せっかく北海道に来たんだから、美味しいものも食べたいよね!」
貪欲な私たちがダッシュで向かった先は日本生命札幌ビルの中にある「函館うに・むらかみ」。

うに、いくら、タラバガニが乗った三色丼を注文します。
名物のうにがびっくりするほど甘くてとろける〜!


わずか3時間弱の滞在でしたが、めいっぱい札幌を楽しみ、
ギリギリセーフで札幌駅に戻ってきました。

13時50分ごろ、ピンクのヘッドマークをつけた「トワイライトエクスプレス」が入線してきます。

トワイライトエクスプレス…。これこそ今回の旅の目玉!

実は以前、仕事の取材で初めて乗ったとき、その体験があまりにも素晴らしくて、すっかりこの列車の虜に。
ぜひともプライベートで廃止前にもう一度乗りたい!と今回の旅を思い立ったのです。


深緑色の客車の側面には、トワイライトエクスプレスを象徴する、天使が向かい合ったエンブレム。 洗練されていて、大好きなデザインです。

14時05分、いよいよトワイライトエクスプレスが出発!

走行距離は1500km以上、約22時間50分の長い時間をかけて、大阪駅に向かいます。

私たちが泊まる部屋は、「2人用個室のツイン」。茶系ベースの上品な内装で落ち着きます。
下は、テーブルを折りたたみ、向かい合ったソファを倒すと、ベッドに。 上のベッドはボタンで上下に動かすことができ、スペースをうまく使えるようによく工夫されています。

トワイライトとは、日の出前や日没後の薄明かりのこと。

その名のとおり、運がよければ、内浦湾沿いを走っている間に夕陽を楽しむことができます。

今回は曇っていて残念ながら見られなかったので、前回乗った時の写真を。
この時、雪がちらついていたのに海の向こうでは茜色の美しい夕陽が…!
その不思議な光景に思わず魅入ってしまいました。

18時45分ごろ、五稜郭駅にて、機関車付け替えのため、運転停車。
五稜郭と聞いて、テンション上がってホームに降り立つ歴女のえりちゃんと私。
なぜなら、愛する土方歳三さんにまつわる場所だから…!(*´∀`*)
ちなみにこのえりちゃんとのツーショットは…


ジャーン!
自撮り棒で撮っています!
札幌のヤマダ電機でゲットしてきました(笑)

ちなみにこの旅のために、スマホもiphone6に替えました! 完全におのぼりさんですね。

さぁ、待ちに待ったディナータイム。

3号車には食堂車の「ダイナープレヤデス」があります。
おうし座の“プレヤデス星団”から名づけられたそう。

この食堂車は、トワイライトエクスプレスの中でも特にお気に入りの場所。
ステンドグラスの窓に、金色のランプや網棚など、まるでヨーロッパの列車のような内装で、ロマンチックな気分に浸れます。

そしてなんと言っても、ディナーが豪華でとっても美味しい…!



どれも沿線の旬の食材がたっぷり使われていて、趣向が凝らされています。 一皿一皿が宝石みたいに美しく、列車内で出される料理とはとても思えないクオリティ…!

食堂車のマネージャー・今村さんが、自らパルメザンチーズを削ってくださるお料理も。 スタッフさんのホスピタリティ溢れるおもてなしにも感動しました。


列車内で、ゴージャスで優雅な「限定ディナー」。
至福の味を堪能できて、2人で大満足のひとときでした…!
食堂車「ダイナープレヤデス」で好評だった食事もさらにグレードアップ!
一流銘柄のワインやお酒などメニュー記載のものはフリードリンク!

TOP | Vol.1 | Vol.2

PAGE TOP


国内旅行・海外旅行の予約はJTB