地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

タイバンコクでパワースポット巡り

JTBタイ支店
Ms. KAN Anna

ワットカクナムジョーロー

敬虔な仏教徒の国タイでは、至るところで金ピカな寺院や神様が祀られた祠に出会いますが、そこは実は、願い事をかなえてくれる、強力なパワースポットでもあります。仕事運健康運はもちろん、恋愛運から勉学成就まで、タイの人々は一生懸命お祈りし、神様を美しい花やお供え物で飾ってとても大事にしています。

バンコクでも特にパワースポットとして市民に愛されている寺院や祠を、一挙紹介します!

願い事がかなうと評判のワット・ラカン

ワット・ラカン(ワット・ラカン・コシターラーム)

チャオプラヤー川を挟んで王宮の対岸にあるのが、「願い事がかなう」「万病に効く」とバンコク市民から絶大な信頼を集めるお寺「ワット・ラカン(正式名ワット・ラカン・コシターラーム」。寺院の敷地から鐘が出土されたことから「ワット・ラカン(鐘の寺)」と呼ばれるようになりました。境内にはいくつもの鐘がぶら下がっていて、その鐘を鳴らして進んでいくと煩悩が払われると言われています。

対岸にあるワット・プラケオやワット・ポーは超有名寺院で、いつ行っても世界中の観光客でごったがえしていますが、ここはバンコク市民のお寺という風情。お参りに来た人が鳴らす鐘の音と漂ってくる線香の煙で、別世界にいるような穏やかな空気に包まれています。

ワット・ラカン(ワット・ラカン・コシターラーム)
拝観時間:8:00am~5:00pm
住所:250 Arun Amarin Road, Kwang Sirirach, Khet Bangkok Noi, Bangkok
電話:66-02-411-2255
アクセス:BTS「ウォンウェンヤイWongwian Yai」駅からタクシーで約30分

巨大ブランコと仕事運で知られるワット・スタット

「サオチンチャー」と呼ばれる巨大な赤い鳥居で知られるワット・スタット(正式名ワット・スタット・テープワララーム)は、1807年に首都をバンコクに遷都したラマ一世が、スコータイから高さ8mの大仏を移すために建造を命じた寺院です。

実際に完成されたのはそれから約40年後の1847年でした。赤い鳥居は実は巨大なブランコで、昔は年に1度、お寺の司祭がこれを高くまでこぐという儀式が行われていましたが、あまりに高い所までこいで司祭が転落する事故が相次いだため、1930年代に儀式はとりやめになり、今では鳥居だけが残っています。

ワット・スタットでは、寺院に葺く瓦を寄進することができます。お賽銭はお好きなだけ。瓦に願い事を書いて寄進すると、瓦を葺き替えする時にその瓦が使用されるそうです。ワット・スタットは仕事運のパワースポットとしても知られています。お参りして運気も味方にしてしまいましょう!

ワット・スタット(ワット・スタット・ テープワララーム)
拝観時間:8:30am~9:00pm
住所:146 Bamrungmuang Rd, Phra Nakorn, Bangkok
電話:66-0-2222-6935
アクセス:地下鉄「フアランポーン  Hua Lamphong 」駅近辺からタクシーで約10分(車の混雑具合によります)

バンコク人気No.1パワスポ!エラワンの祠

バンコクで人気no.1のパワースポットが「エラワンの祠」

ヒンドゥー教の三大神の一つである「ブラフマー」がまつられている祠です。

ブラフマーはヒンドゥーの神様の中でも最も人気のある「創造の神」で、東西南北4つの顔を持つ四面神です。あらゆる願い事を叶えてくれると評判の人気NO.1スポットで、朝から晩まで、願いを胸に参拝に捧げ物をする人、願いがかなってお礼参りに来た人などがひっきりなしに訪れます。

参拝客は、境内の中の売店で花や線香、ロウソクなどを買って、それぞれの方向に供え、願い事を唱えます。チットロム地区のエラワンバンコク前にあってお参りしやすさも人気の理由の一つです。

エラワン・サンプラプロム(Erawan Sunplaplom)
住所:494 Phloen Chit Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok, 10330
アクセス:BTS「チットロム Chitlom」駅そば

恋愛成就祈願ならトリムルティ、勉学や芸術のことならガネーシャ神へ

エラワンと同じくチットロム駅そばの日系百貨店・伊勢丹のそばにあるトリムルティの祠。こちらはバンコク最強の(!?)恋愛成就の神様として、バンコクの恋する女子や男子から絶大な支持を集めています。三位一体神が祀られていて1日中参拝する人が絶えませんが、特に木曜日の夜9時半に、赤いバラ9本と線香9本をお供えすると効果絶大…というジンクスがあるそうで、この時間には大変な賑わいとなります。

トリムルティの祠の隣りには、ゾウの頭のガネーシャ神が祀られた祠も並びます。ガネーシャもヒンドゥー教の神様で、特に勉学(特に語学)と芸術の神として崇められています。大学受験のシーズンには特に参拝する人が増えるとか。

トリムルティの祠/ガネーシャの祠(Trimurti Shrine/Ganesha Shrine)
住所:CentralWorld 4, Rachadamri Road, Pathum Wan, Bangkok
アクセス:BTS「チットロム Chitlom」駅そば

恋愛成就ならトリムルティ。

こちらは勉学成就の神様ガネーシャ。お供えの花の間にはゾウの置物もいっぱい供えられています。

バンコク郊外では、巨大ガネーシャに会える! ワット・サマンラタナラム

巨大な寝ガネーシャで知られるワット・サマンラタナラム。願い事をするなら、周囲を守るネズミの像の耳にささやきかけるといい、とか。

バンコクから車で約1~2時間、バンコクの東約80kmにあるのが、高さ22mという巨大なガネーシャが横たわる寝ガネーシャ(!?)で有名な、ワット・サマンラタナラム。

チャチュンサオ県にあり、巨大なピンクのガネーシャを参拝しに、大勢の人が訪れます。そもそもガネーシャとはゾウの頭と4本の手を持つ神様で、牙の1本は折れているのが特徴で、障害を取り除く知恵と学問の神様、としてタイで愛されています。ガネーシャの回りにいるネズミは、家来でありガネーシャの乗り物でもあります。

ガネーシャに願い事をする場合はそのネズミの耳にささやきます。その時には願い事が逃げていかないよう、もう片方の耳をふさぐのが作法だとか。

参拝しているタイの人々の、とても真剣で丁寧に供え物を捧げる姿に、彼らの信心深さを感じることができます。

ワット・サマンラタナラム
住所:T.Bangkaew, A.Muang, Chachoengsao
アクセス:バンコクから車で1~2時間(混雑の程度によります)

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Ms. KAN Anna

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB