地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム


JTB交流文化賞 Multicultural Communication
JTB地域交流トップページ
JTB交流文化賞
交流文化が広げる未来
第6回 JTB交流文化賞 受賞作品紹介
交流文化体験賞
優秀賞
スープのレシピ
保坂 美季
  1 | 2

  “Break a leg!”(がんばれ!)
舞台袖で、俳優さん五人が私の手を握り、背中をぽんっと叩いて、笑顔で声をかけてくれた。不思議と体中の緊張が抜け、私も笑顔で舞台に上った。満席のホールには、日系人のみならず、多くのアメリカ人の姿がある。劇は、スポットライトの中、着物姿の私が桃太郎の紙芝居を読むところから始まった。
“Once upon a time…”(昔々あるところに・・・)

  三月、思いがけないことが起こった。「高校生による国際理解のための企画コンクール」で、山梨と日本の文化を紹介する私のオリジナル劇「桃太郎・山梨編」の企画が最優秀賞に選ばれたのだ。ロサンゼルスで劇を上演することが本決まりになり、それからの四ヶ月間、私は公演に向けて、高三の上半期を脚本の制作や劇の準備で勉強もそっちのけ。日々は疾風怒濤のごとく過ぎていった。出発当日も集合時間ぎりぎりまで小道具の製作や、材料の購入に飛び回り、気付いたら、私はもう飛行機に乗り、空の上にいた。機内アナウンスが着陸まであとわずかであることを告げている。受験生である自分への言い訳のように持ち込んだ勉強道具は、結局、鞄の中に入れたままだ。
  カリフォルニアの青い空と照りつける太陽、そして一六時間の時差にめまいを覚えた。二〇一〇年七月十五日、私は「桃太郎・山梨編」公演のため、エンターテイメントの都、ロサンゼルスに到着した。
  「桃太郎・山梨編」では、昔話「桃太郎」を山梨県民が敬愛する戦国武将、武田信玄に見立て、富士山や昇仙峡をはじめとする山梨の名所や、葡萄、桃、ワインなどの特産品、郷土料理の「ほうとう」などが登場する。お供は武田信玄の出陣旗の中の「風林火山」から、風、林、火、山とし、鬼ヶ島は富士山である。音響には箏曲「春の海」や和太鼓の曲、衣装は浴衣や甚平、小道具の葡萄、兜、ワイングラスは和紙で作り、日本のイメージが伝わるよう自分なりに工夫した。演じるのは、現地で活躍中のプロの俳優さん五人。皆、アメリカ人だ。
  渡航前から、協力して頂いたロサンゼルス山梨県人会や、監督さんとは何度も電話やメールで打ち合わせを重ねていたが、それでも私は不安でいっぱいだった。初めて書いた自作の台本は、俳優さんに理解してもらえただろうか。日本から持ち込んだ衣装は合うだろうか。小道具の製作は間に合うだろうか。劇がイメージ通りにできあがっているのかも心配だ。
  公演本番は到着の三日後―七月一八日、とにかく残された時間はわずかなのだ。
  到着の翌日、監督さんとの初めてのミーティングがあった。電話で話したことはあっても、顔を見て、互いの意見や想いをぶつけ合うのは初めてのことだった。もう既に劇全体の演出を終え、
「きっと気に入ってもらえると思う」
と、満足げに微笑むのは監督の齋藤千絵さん。監督を志し、日本からロサンゼルスにやって来て七年、バレエで鍛え上げたきりりとした姿勢と、長い黒髪が印象的な女性だ。大学生くらいにしか見えないけれど、実は二十代も後半。体型とは違って実に太っ腹でとても頼りになるお姉様だ。私が英語で作った至らない台本に、彼女は真剣に向き合ってくれていた。演劇の経験の全くない私に、音響や台詞などについて、的確なアドバイスをしてくれた。彼女が集めてくれた俳優さん五人は皆、彼女の親しい友人だ。笑いの絶えない彼らも、舞台上でリハーサルが始まると、一瞬にしてプロの顔になる。「えいえい、おう」や「乾杯」などの、感動詞的な日本語を取り入れた台詞や、私が英語に訳した桃太郎の歌をリハーサルの前後や休憩の間にも、何度も繰り返し練習してくれていた。

“The treasures, Momotaro, the peaceful life without Oni, all the good things had returned to the village. They all lived happily ever after…”
(こうして桃太郎は村に平和を取り戻し、皆で末永く幸せに暮らしましたとさ。)

  紙芝居の最後の一枚が終わる。いよいよ、「山梨編」の桃太郎の始まりだ。
  舞台は山梨のとある村、村人たちがつくった大切な甲州ワインを、鬼が富士山の頂上へ持ち去ってしまうのだ。
  葡萄畑や富士山、甲府盆地の景色を映したスクリーンを背景に、浴衣や甚平を着た俳優たちが登場すると、会場は歓声でいっぱいになった。ダンスを取り入れたワイン作りのシーンや、ハリウッド映画をまねた、桃太郎と鬼の決闘シーンでは、会場中が笑いにつつまれていた。
「僕が行く!僕が鬼をやっつけて、村のみんなの大事なワインを取り返してくるよ!」
時代劇をイメージさせるドラマチックな音楽とともに、スポットライトに照らされた桃太郎が、戦隊物のアニメさながらに、ポーズをくるくると変えながら戦国武将への変身の準備をしている。舞台の両袖からは、おじいさんとおばあさんがしずしずと鎧や兜を運んでくる。鎧は山梨県の大イベント、「信玄公祭り」で使われるものをお借りした。勇ましい顔で前を見据える桃太郎に、おじいさんとおばあさんが厳かに鎧を着けていく。まるで日本のアニメを見ているかのような演出に、観客は大喜びだった。
「気をつけて行ってくるんだよ」
そう言って、おばあさんが手渡すのは「信玄餅」。山梨では定番の土産品だ。心配そうに桃太郎を見送るおじいさんとおばあさんの方を振り返り、武田信玄の軍配を高く掲げ、桃太郎は富士山に鬼退治へと向かっていく。客席からは自然と拍手がわいていた。
  劇は、鬼退治を終えた桃太郎と、おじいさん、おばあさん、そして村人たちが「ほうとう」の鍋を囲み乾杯する、あたたかく和やかなシーンで無事に幕を閉じた。


>> 次のページへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB