押さえておきたい!京都の買い物スポット5選

北野・龍安

押さえておきたい!京都の買い物スポット5選

京都観光をしていると、和雑貨・京コスメ・和菓子屋など、様々なお店を目にします。せっかく京都を訪れたのなら、「京都ならでは」の買い物を楽しみたいもの。

ここでは、京都らしさを感じさせる、5つの買い物スポット「四条通」「祇園商店街」「嵐山商店街」「錦市場」「京都ハンディクラフトセンター」についてご紹介します。京都でしか買えない自分だけの京土産を見つけてみてください。

京都のメインストリート「四条通」

四条通

京都市内の中央を東西に結ぶ「四条通」は、まさに京都のメインストリート。八坂神社から松尾大社までを通り、祇園祭の最大の見所のひとつである、山鉾(やまぼこ)の巡行路となります。昔も今も京都の主要な道として、多くの観光客が京都観光の拠点にしています。

四条通のうち、四条烏丸から河原町までの全長約850mの区間には、「大丸」「高島屋」「藤井大丸」といった老舗の百貨店や、土産物屋や飲食店が特に集中しているエリアで、一日中ウィンドウショッピングを楽しむことができます。四条通の河原町近くにある「四条繁栄会商店街」は、アーケードがあるので雨の日でもショッピングが楽しめます。

<四条通エリアの宿泊施設>

京都の名所でお買い物「祇園商店街」

祇園商店街

「祇園商店街」は、四条通の東の起点となる八坂神社から、鴨川手前の京阪本線「祇園四条駅」まで続く商店街です。古くから八坂神社の門前通りとして栄えてきました。近隣には祇園などの花街があるため、あぶらとり紙で有名なお店「よーじや」をはじめ、京コスメや京小物を扱うお店が揃っています。

祇園商店街には、八ツ橋など京都定番のお菓子も並んでいるだけではなく、カラフルな金平糖を販売している「祇園まるん」などがあります。商店街自体は全長500mほどですが、両脇にはお店がびっしりと並び、甘味処が点在していて食べ歩きも楽しめます。

京土産が揃う「嵐山商店街」

嵐山

京都市街の西側に位置し、桜や紅葉の名所として有名な「嵐山」。風光明媚な渡月橋や、渓谷美を楽しめるトロッコ列車といった観光名所があります。嵐山駅前には「嵐山商店街」があり、ショッピングを楽しむことも可能です。

「嵐山かづら野」では、京都のお菓子や民芸品、和装小物が豊富に揃っています。1,000種類以上の扇子が揃う「伊藤常」では扇子の絵付け体験ができます。また、おしゃれな老舗店が集まった「昇龍苑」もあり、ここでは工芸品店だけではなく、職人の手仕事を体験できるプログラムも用意されています。

<嵐山エリアの宿泊施設>

京都の台所「錦市場」

錦市場

江戸時代に魚市場として栄え、その後、別の場所に中央卸売市場ができたことから、「錦市場」は一般客向けに発展してきました。観光客だけでなく地元の人も訪れる「京都の台所」として親しまれています。

錦市場では、京野菜はもちろん、京漬物や干物、乾物、お菓子、お茶、豆腐などが売られ、店先で試食を楽しんだり、買った物をお店で食べたりすることもできます。「三木鶏卵」のだし巻き卵は、お土産だけではなく、食べ歩きでも人気です。

また、店舗の奥や2階がレストランやカフェになっている店も多く、丹波の黒豆といった高級豆などを扱う「北尾」もそのひとつです。ゆっくり北尾の店内を見て回って、甘味を味わうのもいいでしょう。 錦市場には小物のお土産もあり、「蒟蒻しゃぼん 京都錦店」では、ぷるぷるとした質感の石鹸を購入することができます。

伝統工芸品を探す!「京都ハンディクラフトセンター」

京都ハンディクラフトセンター

100年以上もの歴史を持つ老舗が点在する京都では、伝統的な技術も息づいています。平安神宮や岡崎公園などがある岡崎エリアにある「京都ハンディクラフトセンター」は、漆で焼き上げた京都の伝統工芸品である京象嵌(きょうぞうがん)や手作りの京人形、清水焼、漆器、着物など、質の高い工芸品を販売しています。折り紙や和雑貨といった京都らしい小物のほか、コスメなども揃っていて、ちょっとしたお土産を買うのにも重宝します。

京都ハンディクラフトセンターの魅力は、ショッピングだけではなく体験教室がある点です。京象嵌や京扇子の絵付け、香料を詰めた布袋の匂い袋づくりなど9種類もの体験教室があり、それぞれ1時間前後で体験できます。(2019年5月27日現在)

<京都ハンディクラフトセンターエリアの宿泊施設>

京都の魅力を感じるショッピングスポットへ

観光都市・京都には、たくさんのショッピングスポットがあります。買い物を満喫したいなら、複数のエリアを回ってみてはいかがでしょうか。

見て、食べて、体験して、京都の魅力を存分に堪能してみてください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!