• TOP
  • ガラスイグルーで神秘的な光に包まれて眠る── 冬の「フィンランド」でオーロラとサンタクロースに出会う
ラップランド最北のリゾート地・サーリセルカでは、ベッドに寝転びながらオーロラ観賞が楽しめる。ラップランド最北のリゾート地・サーリセルカでは、ベッドに寝転びながらオーロラ観賞が楽しめる。

ガラスイグルーで神秘的な光に包まれて眠る──
冬の「フィンランド」でオーロラとサンタクロースに出会う

見どころ豊富なヨーロッパに焦点を当てて、さまざまな角度から魅力を掘り下げてご紹介する企画「ヨーロッパへの誘い」。今回は、フィンランドのオーロラの魅力についてお伝えします。冬のフィンランドは、スノービレッジやサンタクロース村など、この時期ならではのお楽しみが盛りだくさんです。JTBでフィンランド旅行の企画を担当する五十嵐さんと水上さんのお二人にじっくりとお話を伺いました。

株式会社JTB エスコート商品販売事業部 海外旅行第二部 企画課
五十嵐 菜穂子(いがらし なおこ)

2006年からヨーロッパの商品企画に従事。イギリス、オランダ、ベルギー、ギリシャ、スペイン、ポルトガルなど各国を担当してきたヨーロッパのスペシャリスト。フィンランドは初担当だが、学生時代からの北欧好き。フィンランドならではの人の温かさや自然の豊かさを伝えていきたいという。

株式会社JTB エスコート商品販売事業部 海外旅行第二部 企画課 企画担当課長
水上 美穂(みずかみ みほ)

2001年入社。ルックJTBの企画に従事し、主にフランスを担当。その後、担当課長を任命され、さまざまな仕事に携わる中で、今回、フィンランドを初めて担当することに。昨年、フィンランドを初訪問。町から湖や森が近く、女性1人でも安心して旅できる環境が魅力的だったと話す。

続きを閲覧いただくには、MyJTBのログインが必要です。
MyJTBについて詳しくはこちら

MyJTBログインなしで人気記事ひとつお試し読みできます。

お試し読みはこちら

トラベルキーワード