旅物語

関西発

出発地を選ぶ

観光情報

古代から文明が発達してきたギリシャ。古代の繁栄の様子を今に伝える遺跡から、紺碧の海に映える真っ白な街並みが美しいエーゲ海の島々など、見どころが多い。神話と歴史を事前に知ることで、西洋の歴史の原点ともいえるギリシアの文化をより一層体感できるでしょう。

  • メテオラ
  • アテネ
閉じる
メテオラ巨大な奇石群に建てられた修道院の総称。そのスケールは見る者を圧倒する。メテオラとはギリシア語で「中空に浮かぶ」を意味する。ここではキリスト教の修道士たちが俗世とのかかわりを断ち、神への祈りを日々続けている。
閉じる
アテネギリシャの首都であり、政治・経済・文化の中心地。古代ギリシアの面影が色濃く残り、街中に遺跡に歴史的建造物が建っていたり、素晴らしいコレクションを誇る博物館など見どころが多い。

ノルウェーの基本情報

国名
ギリシャ共和国
首都
アテネ
言語
ギリシャ語
通貨
1ユーロ=140.58円(更新日:2022年6月15日)
時差
-7時間、サマータイム-6時間
気候
地中海性気候。冬は温暖多雨。夏は乾燥して暑い。
旅行事情
パスポートに必要な残存期間:入国時3ヶ月+滞在日数(ギリシャ含むシェンゲン協定加盟国)以上必要
ビザ:不要
E/Dカード:不要
電圧
220/230ボルト、50ヘルツでです。
Cタイプ
土産品
オリーブ製品、ピスタチオ、はちみつ

ページのTOPへ戻る

息を飲むような美しい風景たち

誰もが一度は見たことがある有名な遺跡から、目を奪われるような青と白が美しいエーゲ海の風景など、一度は訪れてみたい憧れの景色がたくさんあるギリシャ。クルーズで効率よく見どころをまわるも◎

パルテノン神殿

ギリシア古代遺跡のハイライトであるアクロポリス遺跡にある。アクロポリスとは「高い丘の上の都市」を意味するように、アテネ市内を360度のパノラマで見渡すことができる。床面の中央を隆起させ、曲線を多用することで究極の美を表現している。かつては全体が彫刻像やレリーフなどで飾られていた。

サントリーニ島

白と青のコントラストが美しいエーゲ海で絶大な人気を誇る島。夕暮れ時には感動的なサンセットを望むことができ、見る者を魅了する。中心のフィラにはショップやカフェが多数あり、散策するのが楽しい。

ミコノス島

アテネから南東約155kmに位置するエーゲ海に浮かぶ人気の島。真っ青な空と白壁の建物のコントラストと並ぶ風車の景色がとても美しい。

デルフィ

古代世界では全世界の中心「世界のへそ」と考えられていた。この地ではアポロンの神託が行われており、この神託をもとに個人はもちろん、国家の指導者もが国の大事を決定していたと言われる。

ページのTOPへ戻る

グルメとお土産

地理的にヨーロッパやトルコ、中東、アジアにも近く、周辺諸国の影響を受けたギリシャ料理。伝統的なギリシャ料理が楽しめるタベルナや、気軽に立ち寄れるファストフードまで、楽しみ方色々。

オリーブ

ギリシア人の食卓には欠かせないもののひとつ。ギリシャ料理はオリーブオイルを多く使用することはもちろん、オリーブの実をそのまま料理に使うことも多い。

ムサカ

ギリシャ、中近東、バルカン半島などで広く親しまれている料理。ひき肉、ポテト、ナスなどを炒めたものと、チーズを重ねてオーブンで焼いた伝統料理。

スブラキ

牛、豚、鶏、羊などの串焼きのこと。バーベキュー料理全般を指す言葉であり、ファストフードとしても人気。日本の焼き鳥やトルコのシシケバブなどに似ているギリシャの代表的なグルメの1つ。

ページのTOPへ戻る

  • 首都圏発
  • 関西発

【関西発】コース一覧

現在コースはございません。

最終更新日:2022年8月12日

ページのTOPへ戻る