いく旅なっ得。旅物語 JTB旅の通信販売

いく旅なっ得。旅物語 JTB旅の通信販売トップページ

お客様サポート

感動と煌めきの世界 2019 ヨーロッパクリスマス

クリスマスマーケットとは?

(イメージ) ヨーロッパでは、11月末になるとクリスマスシーズンが到来し、街中のイルミネーションやクリスマスマーケットが始まります。この期間はドイツ語で「アドヴェント(特降節)」と呼ばれるクリスマス準備期間となり、街の広場ではクリスマス用品の市場が登場。オーナメントやおもちゃ、クリスマスクッキー、焼きソーセージなどの屋台が並び、日本の縁日のような賑わいを見せます。 クリスマスマーケットといえば(イメージ)

各都市魅力のクリスマス

ニュルンベルク(ドイツ)

17世紀前半頃から開催されており、「世界一有名なクリスマスマーケット」として世界中から観光客が訪れます。フラウエン教会前の中央広場を中心に、オーナメントやお菓子を売る屋台が軒を連ね、賑わいます。

ニュルンベルクを訪れるツアーはこちら

ストラスブール(フランス)

ストラスブールはクリスマスツリー発祥の地、と言われるアルザス地方の中心都市です。町中がクリスマスムード一色となり、フランス最大のクリスマスマーケットが開催されます。オシャレでかわいいクリスマスマーケットをお楽しみください。

ストラスブールを訪れるツアーはこちら

ブリュッセル(ベルギー)

世界遺産グラン・プラスには大きなツリーが立ち、証券取引所やカトリーヌ広場周辺に約240軒の屋台が並ぶ、ベルギーで最大級といわれるクリスマスマーケットです。

ブリュッセルを訪れるツアーはこちら

ウィーン(オーストリア)

観光客だけでなく地元の方達にも人気のクリスマスマーケット。オーストリアでは、クリスマスにクッキーを焼く習慣があり、可愛くデコレーションされたクッキーを屋台で購入することも出来ます。

ウィーンを訪れるツアーはこちら

気温と服装

クリスマスマーケットに行く際の服装

クリスマスの時期は、気温感覚としては日本で言う北海道や信州の山里の様な感じです。つるつるの石畳の道が多いので、靴底のしっかりした滑りにくい靴を選びましょう。帽子、手袋、マフラーは必需品で、保温性のある下着などの重ね着がおすすめです!

イラストイメージ

気温表

コース一覧

コース一覧はこちら