旅物語

中部発

出発地を選ぶ

西国三十三所巡礼の旅

西国三十三所は、近畿地方周辺に点在する観音信仰の霊場33ヶ寺の総称です。世界遺産の那智山 青岸渡寺からはじまり、岐阜県の華厳寺にて満願となります。この西国三十三所の由来は、はるか昔718年(養老2年)に、奈良の長谷寺(西国8番札所)の徳道上人が冥途の入り口で閻魔大王に出会い、「世の中の悩み苦しんでいる人たちのために西国三十三所巡礼を広めるよう」お告げを受けたことからはじまったともいわれています。そして、約270年後、花山法皇が人々に普及させたと伝えられています。

旅物語こだわりのポイント 全ての回で、西国三十三所札所会公認先達がご同行!

ページのTOPへ戻る