• TRAIN SUITE 四季島 メインビジュアル TRAIN SUITE 四季島 メインビジュアル

「TRAIN SUITE 四季島」で 日本の魅力を見つける旅

日本には美しい四季と
その土地で育んだ素晴らしい伝統や文化があふれています。
その時どきの季節に、
それぞれの土地ならではの大自然や歴史、文化、
人々に出会う旅をする。
そんな贅沢な旅を
「TRAIN SUITE 四季島」で愉しみませんか。

JTBロイヤルロード銀座オリジナル企画

TRAIN SUITE 四季島

2021年5月23日(日)〜27日(木)4泊5日ツアー
列車乗車前日のオリジナル企画は、A・Bの2つのコースから選べます

  1. 豊かな自然が四季折々に見せる風景や、自然と共にある暮らしや文化にふれる旅へ。
  2. 乗車前日は
    Aコースは<ラグジュアリーバスで行く>美しいバラ園散策と湾岸夜景ドライブ。
    Bコースは洋館とバラの庭園が美しい旧古河庭園の散策と湾岸夜景ドライブ。
    <両コース共通>
    〜東日本大震災から10年〜『奇跡の一本松の楽器』が奏でるメロディーと東北・三陸イタリアンの夕べ。
  3. 乗車前日の宿泊は、国指定重要文化財である東京駅・丸の内駅舎の中に位置し、
    100年以上の歴史を誇る唯一無二の名門ホテル「東京ステーションホテル」。

列車のご紹介

四季島スイート(イメージ)

SHIKISHIMA SUITE

四季島スイート(7号車)

畳を敷いた和の空間が2階に広がり、
特製の檜風呂もご用意。
日本ならではのリラックスした時間を
お過ごしいただけます。

  • メゾネット

    見晴らしのいい2階和室と、落ち着いた空間が安らぎをもたらす1階ベッドルームの2フロアで構成されています。

  • 暖かみのある空間

    掘りごたつ風のテーブルがあるくつろぎの和の空間で、刻々とうつろう風景を眺める体験は、まさにここでしか味わえない非日常。

  • 特製の檜風呂

    夜は特製の檜風呂で、リラックスした時間をお過ごしください。湯船に浸かりながら車窓を流れる風景を眺める、「TRAIN SUITE 四季島」ならではの体験は、旅の疲れを癒してくれるでしょう。

デラックススイート(イメージ)

DELUXE SUITE

デラックススイート(7号車)

高い天井が特徴的なお部屋は、夜は暖炉の明かりが
幻想的に部屋の中を照らします。
空間の贅沢さと上質さをお楽しみください

  • 「走るアート」

    日本古来の柄や木を使いながら、和紙、漆、石などさまざまな素材を組み合わせ、クラシカルなだけではない、モダンで洗練された雰囲気を演出しています。さらに、室内の家具や調度品にも東日本の伝統工芸が使われ、職人の手仕事のぬくもりに心が安らぎ、ゆっくりとおくつろぎいただけます。

  • 上質で開放的な空間

    高い天井と暖炉がおりなす上質で開放的な空間。車窓の風景を心ゆくまでお楽しみいただける大きめな窓。ソファでくつろぎながら、プライベートな時間をお過ごしください。

  • 特製の檜風呂

    夜は特製の檜風呂で、リラックスした時間をお過ごしください。 檜の香りが疲れた身体を癒してくれます。

スイート(イメージ)

SUITE

スイート(2・3・4・8・9号車)

編成に15室ある「スイート」。
季節や時のうつろいを体感できる親密感に
満ちた空間で、忘れられない時間をお過ごしください。

  • こだわりぬいた造り

    お部屋の壁には今や希少な和漆、岩手の浄法寺漆を使ったパネルや仙台箪笥をイメージした設えのクローゼット等、拘りぬいた造り。和の伝統であるきめ細やかな意匠や素材感をモダンに取り入れ、新しい時代の上質感を表現しています。

  • やすらぎに満ちた空間

    シャワーとトイレが備えられ、バリアフリーの客室も。やすらぎと親密感に満ちた空間です。2つあるソファは、夜はベッドに変わります。福島の入金真綿を使用した職人手作りの掛けふとんは見た目以上に暖かさを感じさせます。

ラウンジ(イメージ)

LOUNGE

ラウンジこもれび(5号車)

穏やかな樹林を思わせる壁が印象的なラウンジは、「TRAIN SUITE 四季島」の感動体験にお客さまを導く入口。 脈々と受け継がれてきた東日本各地に息づく工芸品が、調度として取り入れられています。
乗客の方々が集う場でもあるラウンジでの、そんな日本のデザイン文化の再発見は、旅の時間をともにする人との語らいを生み出す契機ともなるでしょう。

  • 樹木をイメージしたラウンジ

    空に向かって枝を伸ばす樹木をイメージさせる、洗練されたラウンジ。窓からはその名の通り「こもれび」を思わせる光が注ぎます。メインエントランスを入るとすぐに素敵な旅を予感させてくれるでしょう。

  • 暖炉とピアノの音色に酔いしれる

    暖炉の前にゆったりと座り、ピアノの音色に酔いしれる世界。静かなくつろぎのひとときに、お客さま同士の語らいのひとときに、車窓とともに流れゆくピアノの調べがゆったりとした時間を演出します。

  • ドリンクサービス

    車外での観光時を除き、ご旅行中は24時間、バーカウンターにトレインクルーが常駐。いつでもお好みのお飲み物や軽いお食事などをお楽しみいただけます。食後のひとときにオリジナルカクテルなどいかがでしょうか。 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間、24時〜5時まではご利用いただけません。

ダイニング(イメージ)

DINING

ダイニングしきしま(6号車)

料理や食材との出逢いは、旅の感動をより深めてくれるもの。
鉄道の旅でしか着くことができない特別なテーブルへ、どうぞ足をお運びください。

  • 各地の旬の食材

    東日本沿線各地で採れる旬の食材を使った料理を、心を込めてご用意いたします。 「記憶に残る料理」をテーマに、総料理長・佐藤シェフによるフランス料理のコースをはじめ、朝昼夜、行く先々の名店のシェフや料理人が乗り込んで土地土地の風土と食材を生かした料理の腕を振るいます。「TRAIN SUITE 四季島」ならではの食の世界をお楽しみください。

  • 特徴的なシャンデリア

    有機ELを組み合わせた特徴的なシャンデリアの下で、各地の料理人たちの滋味をお楽しみいただきます。 テーブルや椅子、壁など、その一つ一つに東日本の伝統工芸が生かされたぬくもりを感じるインテリアと、間接照明を用いた落ち着きある空間が極上の時間をお届けします。

  • 車窓との心地よいコラボレーション

    線路の心地よい響き、そして朝、昼、夜とさまざまにその表情を変える車窓を流れる風景が、ひときわ優雅な食事の時間を演出します。ゆっくりとお食事を楽しみながら至福の時をお過ごしください。

展望車両(イメージ)

VIEW TERRACE

展望車両きざし・いぶき(1・10号車)

先頭車両と最後尾車両はいずれも展望車両。
ダイナミックな窓から流れる車窓をお楽しみいただけます。

  • 光のかけらのような開放的な窓

    未来へ進む意志を表現した、白い壁と光のかけらのような窓、苔を思わせる絨毯。立っていても、座っていても、窓の外をダイナミックに流れる自然の景観が楽しめるデザインです。

  • 変化に富んだ風景

    森林や田園、海辺といった変化に富んた`各地の風景`が駆け抜けていく劇的な空間。四季折々、時とともに刻々と移りゆく風景を楽しむことこそ「TRAIN SUITE 四季島」の旅の魅力です。

  • 手織りのカーペット

    車内の絨毯は全て山形の手織りのカーペット。展望車両の絨毯のモチーフは苔。ラウンジはこもれび、客室は海。その質感をお楽しみください。

お食事のご案内

料理(イメージ) 料理(イメージ) 料理(イメージ)

お食事/イメージ

旅というストーリーのなかで、
「記憶に残る料理」となることを願って

昼、夜はもちろん、朝食にも、その土地の風土を感じていただける料理をご用意していきます。
旅先の各地で、その地元と食材を愛し育んできた料理人たちが作り出す、その土地にしかない美味を、美しい車窓の風景とともに味わう。
それはまさに、「記憶に残る料理」となることでしょう。

客室の設備

●ツインベッド(デラックススイート、スイートはソファベッド)●室内エアコン
●シャワーブース付又はバスタブ付(四季島スイート・デラックススイートのみ)●アメニティ
●温水洗浄便座付トイレ

※バリアフリー対応の客室をスイートに1室ご用意しています。

旅の始まりも上質に

「PROLOGUE 四季島」

PROLOGUE 四季島(イメージ) PROLOGUE 四季島(イメージ)

旅の起点となる上野駅に、これから「TRAIN SUITE 四季島」の旅にご出発いただくお客さま専用のラウンジ「PROLOGUE(プロローグ)四季島」をご用意しております。

  • ●洗練されたインテリアと、温かみのある照明デザイン。
  • ●「TRAIN SUITE 四季島」へは目前に設けられた専用ホーム
    「新たな旅立ちの13.5番線ホーム」からご乗車いただきます。

安らぎを感じながらおくつろぎいただくために

「四季島」スタッフ

四季島スタッフ

食事、飲み物の提供をはじめ、お部屋の設え、立ち寄り先での観光アテンドまで承るのがトレインクルーです。旅の始まりから終わりまで、オーダーメイドのサービスをご提供します。高級ホテルにもひけをとらない、洗練されたホスピタリティをご堪能ください。

お知らせ

ドレスコード

列車内の共用スペース、各地でのお食事の際は下記の服装のご着用をお願いいたします。

男性:襟付きのシャツ、ポロシャツ、ジャケット、スラックスなどの長ズボン、ジーンズ(色落ちの激しいもの、穴あき、ほつれがあるものなどは除く)

女性:ブラウス、スカート、スラックスなど

※Tシャツ、半スボン、浴衣、ジャージ、サンダルなどの着用はご遠慮ください

ページトップへ