【Vol.72】青空広がる秋のイギリスを満喫

ボヴィキャッスルイメージ
ボヴィキャッスル(イメージ)

イギリスをこよなく愛する私ですが、今回の旅のテーマはカントリーサイド。ロンドンをスキップして南西部のデボンとコーンウォールへ出かけてきました。

デボンではカントリーハウス「ボヴィキャッスル」に宿泊。イギリスの老舗文具店WHスミスの創始者のために建てられた邸宅で、細い森の道をくねくね車で抜けると突如素敵お屋敷が現れます!広大な敷地の中にあるホテルで、朝と夕方周辺のフットパスをのんびりお散歩。マイナスイオンいっぱいの森を8キロほど歩いて、お花をみたり鹿に出会ったり・・・

朝は、無料でファルコニーのパフォーマンスを見学することもできました。
「カントリーサイドとはまさにこのこと・・」と、思わず浸ってしまう至福の時間でした。

コーンウォール編は次回へ続く・・・

お部屋からの眺めイメージ
お部屋からの眺め(イメージ)
ファルコニーイメージ
ファルコニー(イメージ)

ページトップへ