【Vol.68】ようやく完成?サグラダ・ファミリア

サグラダ・ファミリア外観 提供:スペイン政府観光局イメージ
サグラダ・ファミリア外観(イメージ)
提供:スペイン政府観光局

7月に添乗員として、久しぶりにバルセロナのサグラダ・ファミリアを訪れました。稀代の建築家、アントニオ・ガウディの最高傑作にしてカタロニア・モダニズム建築の極みとされるサグラダ・ファミリアの素晴らしさを、お客様とじっくり味わいました。


いまだ建築中であるサグラダ・ファミリアですが、ガウディ没後100周年にあたる2026年に完成すると発表されています。あまりの複雑さゆえに当初は完成まで300年かかるなどと言われていましたが、IT技術の進歩や観光客増加による潤沢な資金確保などのおかげで、工期を大幅に縮めることができたそうです。教会内の博物館にあった完成予定図によると、今よりもさらに塔の数が増え、かなり様変わりするようです。

サグラダ・ファミリア内部 提供:スペイン政府観光局イメージ
サグラダ・ファミリア内部(イメージ)
提供:スペイン政府観光局

日々スケールアップしていくサグラダ・ファミリアは、これからもたくさんの観光客を魅了し続けていくのだと思います。個人的には未完のままであって欲しいような気もしますが・・・。

ツアープランナーおすすめツアー

ページトップへ