地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

石川県の観光ガイド

お気に入り0

  • JTB×たびねす
  • 2018年05月17日UP

金沢のお土産は決まり!ひがし茶屋街周辺の老舗和菓子店3選

  • 石川県
  • 金沢
  • 旅のグルメ
  • 土産・駅弁
  • スイーツ
  • 和菓子・銘菓
  • 旅の風景
  • 歴史

お気に入りに登録する

お気に入りを解除しました

お気に入りに登録済み

お気に入りに登録しました

トラベルライター
学芸員資格

絶景スポット、神社仏閣やご当地グルメなど五感を刺激してくれる体験を求めて、日々情報収集に余念がありません。頭のなかをいっぱいにした後は思いっきって一歩踏み出してみましょう!感動的な出会いはいつも僕たちを待ち構えている...

全国でも屈指の和菓子どころとして知られている金沢。総務省が行っているお菓子購入額の調査でも、毎年上位にランクインしているほど、和菓子文化が定着している土地なんです。そこで今回は観光スポットとしても人気の高い金沢「ひがし茶屋街」周辺の、おススメの和菓子屋さんをご紹介。わざわざここに行ってまで買ってみたいと思う一品ばかりなので、ぜひとも旅の参考にしてみてください!

和菓子文化が定着した金沢

金沢は京都や松江と同じく古くから茶の湯文化が盛んで、和菓子の需要がたくさんありました。金沢の菓子作りの始まりは諸説あり、はっきりとしていませんが、安土桃山時代の終わりから江戸時代の初期だとされています。もともとは前田利家が千利休の弟子であったり、3代藩主の利常(としつね)が小堀遠州や裏千家の初代家元である仙叟千宗室(せんそうせんのそうしつ)に茶の湯を習っていたことが、金沢の和菓子作りに大変大きな影響を与えたと言われています。

金沢の定番観光スポットとなっている「ひがし茶屋街」。南北約130メートル、東西約180メートルの区域のなかに、趣のある建造物がズラリと立ち並んでいます。ここには金沢の有名な和菓子屋が数多く出店しているので、まとめてお土産を買うのにも便利!観光と買い物を両立できる便利なスポットとなっています。

「森八」で定番の金沢土産をチェック

ひがし茶屋街にも出店している金沢を代表する和菓子の老舗「森八(もりはち)」。なかでも「長生殿(ちょうせいでん)」は全国的に知られれており、400年近くも作られ続けている超ロングヒット商品です。この長生殿は米粉や砂糖などを混ぜ、型に入れて固めた落雁(らくがん)という種類のお菓子。新潟の越乃雪(こしのゆき)、松江の山川(やまかわ)と並んで、日本三大銘菓と呼ばれています。

長生殿は最高級砂糖として名高い徳島の和三盆と北陸産のもち米を手仕事で混ぜ合わせ、文字が裏彫りされた木型に詰めて作られます。なめらかな口触りと上品な砂糖の味が特徴的な古都金沢を代表するお菓子となっています。

また、この長生殿には生〆(なまじめ)という特別商品もあるんです。木型から取り出したばかりの長生殿を密封包装したもので、しっとりとした柔らかさが特徴。乾燥させないためみずみずしく、フワリとした口溶けが印象的です。曜日よっては取り扱っていない日や入荷していない店舗もあるので、必ず買えるというわけではありませんが、ぜひとも食べてみたい商品となっています。

<森八ひがし二番丁店の基本情報>
住所:石川県金沢市東山1-24-6
電話番号:076-251-8130
営業時間:9:30~17:30

ひがし茶屋街から歩いて5分ほどの距離にある森八の本店では、長生殿の製造でも使用される木型を集めた美術館が開設されています。特に木型が視覚的に配置された「木型のトンネル」の美しさは圧巻。江戸時代から使われてきた菓子木型など千数百点を一気に見学することができますよ。

<金沢菓子木型美術館の基本情報>
場所:森八本店2階
開館時間:9:00~17:00
入館料:大人200円、小中学生100円

和菓子好きにはたまらない!きんつばの名店「中田屋」

昭和9年に創業したお店が、こちらの中田屋。中田屋と言えばきんつばと呼ばれるほど小豆好きにはたまらない定番商品を取り扱っています。

北海道産の大納言小豆を使用した餡が魅力的な中田屋のきんつば。高級品として知られる大粒の大納言小豆は、とにかくホクホクとしていて上品。かなりのボリュームがあるのにも関わらず、甘さは控えめなため、男性でもペロリと食べられちゃいます!アクセントにさらりとした塩味が効いているので、食べ続けても飽きのこない和菓子となっていますよ。

<中田屋の基本情報>
住所:石川県金沢市東山1-5-9
電話番号:076-254-1200

ショウガを使った和菓子が人気の柴舟小出

ショウガ好きにはたまらないお菓子を提供してくれるお店が、こちらの柴舟小出(しばふねこいで)。1917年の創業以来、こだわりの和菓子を作り続けています。店の名前にもなっているショウガ蜜がきいたお煎餅の「柴舟」。さらには求肥にショウガを練り込んだ「しょうが餅」がおススメです!

「しょうが餅」は柔らかい触感と上にまぶしてある和三盆糖の上品な味わいが特徴。もち米を粉にして水や砂糖を足しながら練り上げて作った求肥は時間が経っても硬くならない特徴があるため、なめらかな口触りを楽しむことができます。

<柴舟小出の基本情報>
住所:石川県金沢市東山1-13-13
電話番号:076-252-3210
営業時間:9:00~17:30

歴史や文化のエッセンスが詰まった「ひがし茶屋街」でお土産選びを!

金沢は茶文化が盛んだったこともあり、伝統と美味しさを兼ねそろえた和菓子がたくさんあります。「ひがし茶屋街」周辺は金沢でも特に歴史を感じられる区域であり、和菓子屋さんもたくさん出店しているので、ぜひこのスポットを有効活用して、金沢を満喫してくださいね!

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

最近チェックしたリスト