地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ベトナムの伝統衣装「アオザイ」の魅力に迫ろう!

JTBホーチミン支店
Ms. Thao

ベトナムに行くと、一度は目にする民族衣装「アオザイ」。可憐で清楚な姿に、思わず足を止めてしまいます。ホーチミンなど大都市では、アオザイをオーダーメードしたり、アオザイをレンタルしての写真撮影などあって、いろいろに楽しむことができます。また女性の服というイメージですが、実は男性用のものもあって、カップルで楽しむ旅行者も意外と多いのです。アオザイの魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

時代によって変わるアオザイ

女性の美しさが際立つアオザイを着て、ベトナムふうスナップ

ひざ下まで伸びるチャイナドレスふうの上着に、白をはじめカラフルなパンツを合わせるアオザイは、いかにもベトナム的な民族衣装です。中でも腰まで入る深いスリットは、女性の美しさを引き立たせ、旅行者は思わず目を奪われてしまいます。
アオザイの「アオ」は上着、ザイは「長い」という意味です。
アオザイの歴史はとても長く、約4000年前には、その原型となる服が登場していました。その後、少しずつ形を変えながらも、エプロンのように前垂れの付いた独特のスタイルは受け継がれていきました。
とはいえ長い間アオザイは、日々の労働にも適するよう、どちらかというと身体のラインを隠す、ゆったりとした作りでしたが、現在のような身体にフィットするスタイルになったのは1930年代。フランス統治下で、ヨーロッパ風のデザインの影響を受けてのことでした。
そのスタイルが生まれた当初は批判されたのですが、現在ではすっかり定着し、多くのローカルの人に愛されています。

形がそれほど変わらないように見えるアオザイですが、時代や流行とともに、いろいろなところが変わります。例えば上着だけの長さも流行によって変化しますし、パンツの色も、かつては白は未婚女性、黒は既婚女性と決まっていましたが、現在では自由に色を楽しめるようになりました。
とはいえ、アオザイを日常的に着る人はほとんどいなくなりました。学校や航空会社、ホテルなどの制服ではよく見かけますが、ベトナムの人にとってアオザイは、特別かしこまった場で着用する礼服のような存在です。

アオザイをいろいろに楽しんでみる

家族みんなでアオザイを着て撮影するのも楽しいですよ!

ホーチミンなど大都市では、アオザイをオーダーメードで作ることができます。アオザイを欲しがる観光客はとても多いので、オーダーメードのショップも手際よく、滞在期間中に仕上げてくれます。ショップに入ると布地やデザインを選んで、体中を採寸してくれます。きちんと採寸すると、身体にぴったりな美しいラインのものができるので、採寸は大切なのです。採寸の翌日、仮縫いのためにもう一度ショップを訪れます。そして細かな補正をしたら、本縫いとなります。最短で2日程度で仕上げてくれるお店もあります。
また、わざわざオーダーするほどではないけど…という人も、手軽に楽しめるサービスもあります。アオザイを試着して、いろいろなポーズで写真撮影を楽しむサービスも登場しました。 アオザイは女性だけのものではありません。実は男性用のアオザイもあるのです。カップルやファミリーでアオザイを着て、撮影してみるのも楽しいかもしれません!

アオザイ博物館でその魅力に触れる

ホーチミン市には2014年にアオザイ博物館がオープンしました。17世紀から現在までの美しいアオザイが展示され、デザインやスタイルなどの変遷を見ることができます。美術館の中でアオザイショーが開催されるほか、ベトナムの古都をイメージした庭園やカフェ、ショップなども揃っているので、ゆったりと過ごすのにオススメです。 ホーチミン中心部から車で約1時間。

アオザイ博物館 (Bao Tang Ao Dai)

  • 住所: 206 / 19/30 Long Thuan street- Phuoc Long Ward, District 9, Ho Chi Minh City
  • 営業時間: 08:30~17:30 (テト正月は休館)

アオザイをさまざまに楽しむツアーが、現地旅行会社から販売されています。JTBでもご用意していますのでご参考までにどうぞ!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Ms. Thao

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB